アメリカン・ニューシネマ

1960年代後半から1970年代半ばにかけて、メジャースタジオでは扱えないテーマを描く、独立系プロダクションおよび反戦ムーブメント作品である。

日本でのみ「アメリカン・ニューシネマ」と題され、当時日本で紹介されたものである。

代表作として、アメリカ映画『俺たちに明日はない』があり、世界恐慌下の1930年代のテキサスを舞台にした、逃走劇を描く作品などが揃う。

この記事を書いた人
Ciel

静岡から東京に上京した、24歳の田舎者Webディレクター。
仕事以外は”遊びの毎日”かと思いきや、やることがなく家でひきこもり映画鑑賞をする日々...

唯一の強み「人見知りしない!」はネズミ講の餌食となり、都会の恐ろしさを知る。

にほんブログ村 映画ブログへ
\ この記事をシェアする /
Cinema Gossip