Netflix映画「彼女」水原希子の体当たりの演技に必見!あらすじ、キャストは?

Netflix映画「彼女」水原希子の体当たりの演技に必見!あらすじ、キャストは?邦画
出典元:Netflix

2021年4月15日からNetflix映画で独占配信された映画「彼女」が話題を呼んでいます。
何と言っても、主人公を演じた水原希子の演技力が凄いと好評です。

気になる映画のあらすじ、キャスト、ネット上の感想ついて調査してみました。

あらすじ

裕福な家庭で育った美容整形外科医の永澤レイは、バーである男に声を掛けます。
「この店で一番、寂しそうだったから」レイは男にそう言い、男もレイを気に入ります。

二人は、男のマンションへ向かい行為に及ぼうとした時、レイは男の耳元で「あなたの奥さんちょうだい」と言い、隠し持っていたナイフで男の首筋を突き刺したのです。
男はそのまま死亡。

事件前日に、レイは高校時代からの片想いだった七恵から連絡がありました。
久しぶりに会った七恵は、食事を食べた後に「旦那が死ぬかあたしが死ぬか」と言って旦那からDVを受けていることを打ち明けます。

レイは、「死ぬべきは旦那」と答え七恵から旦那を殺して欲しいという願いを聞き入れたのです。

そう、レイが殺したのは七恵の旦那・篠田孝太郎だったのです。

レイは「これでもう誰もあんたを蹴らない、殴らない」と七恵に言い二人は逃避行をすることを決意します。

行く当てもなく、帰る場所すらない二人は、短い間の逃避行を楽しむのでした。
果たして、二人を待ち受ける運命とは?

「彼女」のキャスト

映画「彼女」のキャストをみていきましょう。

永澤レイ役 水原希子

 

この投稿をInstagramで見る

 

i_am_kiko(@i_am_kiko)がシェアした投稿


主人公の永澤レイを演じるのは、モデルで女優の水原希子です。

2003年にファッション誌「seventeen」のオーディションに合格をして芸能界入りを果たします。
2009年に公開された映画「ノルウェイの森」で女優デビューをしました。
その後は、2012年に公開された映画「ヘルタースケルター」で一躍有名になります。

代表作品としては、2013年に公開された映画「進撃の巨人」や2019年に放送されたドラマ「グットワイフ」などを挙げることができます。

七恵役 さとうほなみ

七恵はレイの高校の同級生で、旦那から酷いDVを受け自殺を考えていました。
レイが旦那を殺したため一度は、自主を考えますが逃避行をすることを決断します。

七恵を演じるのは、女優でドラマー、ミュージシャンのさとうほなみです。

人気バンド「ゲスの極み乙女。」のドラマーとしても有名です。
2002年頃からはタレントとしても活動をしており、2017年に芸名を現在の「さとうほなみ」に改名をしました。
ドラマ「黒革の手帖」で女優デビューをしました。

その後は、2018年に放送されたドラマ「さくらの親子丼」や2019年に放送されたNHKドラマ「まんぷく」などに出演をしています。

大江美夏役  真木よう子

レイの恋人の大江美夏を演じるのは、女優の真木よう子です。

1999年頃から芸能界入りを果たし、ドラマや映画に出演を始めました。
2006年に公開された映画「ゆれる」で第30回山路ふみ子映画賞新人女優賞を受賞し一躍有名になります。

2013年には主演映画「さよなら渓谷」で歌手デビューもしています。
2014年に公開された映画「そして父になる」では最優秀助演女優賞をダブル受賞しましたね。

まさに日本を代表する名女優と言えます。

永澤悠役 鈴木杏


レイの義姉の永澤悠を演じるのは、女優の鈴木杏です。

1995年から子役として芸能界入りを果たします。
翌年にはドラマ「金田一少年の事件簿」で子役デビューをしています。
2003年に公開された映画「花とアリス」で一躍有名になりました。

代表作品としては、2005年に放送されたドラマ「がんばっていきまっしょい」や2015年に放送された大河ドラマ「花燃ゆ」などを挙げることができます。

鈴木杏と言えば、ポカリスエットのCMを思い出す人も少なくありませんよね。

永澤将人役 田中俊介


レイの兄の永澤将人を演じるのは、俳優でタレントの田中俊介です。

BOYS AND MENの初期メンバーとして活動をしていました。
2013年に放送されたドラマ「明日の光をつかめ -2013 夏-」で俳優デビューをします。

代表作品としては、2017年に公開された映画「ダブルミンツ」や2019年に公開された映画「デッドエンドの思い出」などを挙げることができます。

篠田孝太郎役 新納慎也

七恵の旦那の篠田孝太郎を演じるのは、俳優の新納慎也です。

1991年頃から芸能界入りを果たし、モデルとして活動を始めます。
その後は、舞台俳優として「ラ・カージュ・オ・フォール 」や「エリザベート」などに出演をしています。

代表作品としては、2016年に放送された大河ドラマ「真田丸」や2017年に放送されたドラマ「トットちゃん」などを挙げることができます。

「彼女」の注目ポイント

映画「彼女」の注目ポイントやネット上の感想についてみていきましょう。

水原希子と七恵が撮影中もラブラブだった!?

 

この投稿をInstagramで見る

 

i_am_kiko(@i_am_kiko)がシェアした投稿


同性愛を描いている本作では、水原希子と七恵の体当たりのベットシーンが話題を呼んでいます。
撮影中も、二人は手を握ったり、本番直前まで抱き合っていたとか。

そのため、本番では体も心も近くまるで本当のカップルのような雰囲気を出すことができたそうですよ。

さらに、原作は漫画家・中村珍氏の「羣青(ぐんじょう)」が基になっています。
実は水原希子は、羣青の大ファンだったそうで、主演オファーが来たときは本当にうれしかったと振り返っていました。

愛することとはどんなことか、また守るとはどういうことなのかを考えながら撮影に挑んだと言います。

これまでない水原希子の体当たりの演技に必見ですよ。

ネット上の感想

ネット上の感想についてもみていきましょう。

二人が逃避行の最後に訪れる海辺でのシーンがとてもロマンチックで美しいと話題を呼んでいました。

まとめ

2021年4月15日からNetflix映画で独占配信された映画「彼女」のあらすじ・キャストについて調査してみました。

主演は、女優でモデルの水原希子、相手役としてドラマーで女優のさとうまほみが演じています。
原作は、漫画家・中村珍氏の「羣青(ぐんじょう)」が基になっています。
愛する人のために、人を殺すという最大のタブーを犯した主人公のレイと、心を病んだ七恵との二人だけの逃避行は切なくも美しい愛のカタチを表現しています。

水原希子のこれまでない体当たりの演技に必見ですよ。