映画『ラストナイト・イン・ソーホー』エドガー・ライト監督最新作!60年代のサントラが盛りだくさん!

映画『ラストナイト・イン・ソーホー』エドガー・ライト監督最新作!60年代のサントラが盛りだくさん!洋画
https://halloweenyearround.wordpress.com/

2021年12月10日に公開の映画『ラストナイト・イン・ソーホー』についての解説です。

今作はエドガー・ライト監督がメガホンを取りました。
監督も幼い頃から60年代の曲を聴きながら育ったと明かしています。
劇中に登場するサントラや映画のあらすじ、キャスト、ネット上の感想について調査してみました。

『ラストナイト・イン・ソーホー』あらすじ

60年代に憧れるエロイーズはロンドンへ向かいます。
エロイーズの夢は、ファッションデザイナーになることです。
田舎からロンドンのデザイン学校へ進学をしました。

しかし、エロイーズは寮生活に馴染めずに一人で古屋敷の部屋を借ります。
その部屋のベッドで眠りにつくとエロイーズは憧れの60年代ロンドンのソーホーにタイムスリップをしたのです。
そして、自らは歌手を夢見るサンディという美女になっていました。

その日からエロイーズは毎晩、夢の中でサンディとして60年代にタイムスリップをします。
次第に夢と現実が混合していきます。
そんなある日、夢の中でサンディが殺される現場を目撃してしまいます。その日からエロイーズは、現実世界でも亡霊に憑りつかれてしまいます。

果たして、サンディは何者なのでしょうか?
また、サンディとエロイーズの関係は何なのでしょうか。

『ラストナイト・イン・ソーホー』のキャスト

映画『ラストナイト・イン・ソーホー』のキャストについてみていきましょう。

監督:エドガー・ライト

監督を務めるのは、エドガー・ライトです。

1994年に監督として活動をします。
ブレイクのきっかけは、2004年に公開の『ショーン・オブ・ザ・デッド』でした。

代表作としては、2007年に公開の『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』や2017年に公開の『ベイビー・ドライバー』などを挙げることができます。

エロイーズ役 トーマシン・マッケンジー

エロイーズを演じるのは、女優のトーマシン・マッケンジーです。

2012年に芸能界入りを果たします。

2014年に公開の『ホビット 決戦のゆくえ』で女優デビューをしました。
ブレイクのきっかけは、2018年に公開の『足跡はかき消して』に出演をしたことでした。
この映画で、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞でブレイクスルー演技賞を受賞しています。

代表作としては、2019年の『ジョジョ・ラビット』や2021年の『オールド』などを挙げることができます。

サンディ役 アニヤ・テイラー=ジョイ

サンディを演じるのは、女優のアニヤ・テイラー=ジョイです。

14歳の時にモデルにスカウトをされ芸能界入りをし、2014年に放送をされたドラマ「Endeavour」で女優デビューを果たしました。
2015年に公開された映画「ウィッチ」でブレイクをして、2016年の映画「スプリット」2019年の映画「ミスター・ガラス」とホラー作品の出演が多く絶叫クイーンとしても有名ですね。

2020年に公開された「ニュー・ミュータント」にも出演をしています。

ジャック役 マット・スミス

ジャックを演じるのは、俳優のマット・スミスです。

2003年に芸能界入りを果たします。

ブレイクのきっかけは、2010年に放送の『ドクター・フー』に出演をしたことでした。

代表作としては、2011年の映画『Christopher and His Kind』や2016年に放送の『ザ・クラウン』などを挙げることができます。

ミス・コリンズ役 ダイアナ・リグ

コリンズを演じるのは、女優のダイアナ・リグです。

1955年に芸能界入りを果たします。

1965年に公開の『おしゃれ㊙探偵』でスクリーンデビューをしました。
ブレイクのきっかけは、1969年に公開の『女王陛下の007』でボンドガールとして出演をしたことでした。

2020年に自宅で亡くなりました。82歳でした。
今作は、死後に公開がされています。

『ラストナイト・イン・ソーホー』の注目ポイント

映画『ラストナイト・イン・ソーホー』の注目ポイントやネット上の感想についてみていきましょう。

色んな要素があり観ていて飽きない

ミュージカル・60年代カルチャー・ファッション・タイムスリップ・青春・サイコホラーなど様々な要素が込められた作品です。

サイコホラーとありますが、ジャンプスケアーホラーとして主人公のエロイーズが幽霊が見えるという設定があり、鏡から突然誰から飛び出すという演出がされています。

ホラーの演出としてはそこまで怖くないのでホラーが苦手な人でも安心して観れます。
鏡と聞いて「ミラーズ」を連想する人もいますが、ミラーズよりもエグいシーンもありません。

ほとんどCGを使っていない

映画『ラストナイト・イン・ソーホー』の見どころとしてエロイーズの夢の中で、サンディとして自分を見るシーンがあります。
舞踏会のようにダンスを踊ったり、鏡を見るシーンでは、サンディ越しにエロイーズが映ります。
一見、CGのようですが実はすべて俳優陣が演じてるのです。
大がかりなセットを作って移動させて撮影をしています。

エロイーズがサンディとして自分を投影していることが伝わってきますね。
観ている私たちもエロイーズと一緒に今現実なのか?それとも夢なのか?と分からなくなっていきます。
この演出テクニックは、自主製作作品が多いエドガー・ライトのテクニックが光りますね。

60年代の音楽が後半ホラーに…

映画『ラストナイト・イン・ソーホー』では、60年代の音楽が多く登場します。

60年代の女性シンガーが多く起用されています。
ダスティ・スプリングフィールドやサンディ・ショウ、ペトゥラ・クラーク、シラ・ブラックなど。
60年代の曲を知らなくても自然と体が乗ってしまいます。

しかし、物語の後半でエロイーズが謎の男たちの亡霊に付きまとわれてしまうシーンでは、これまで明るく楽しげだった曲が流れているのですが、恐怖を掻き立ててくるのです。

それは、メロディアスですが少しダークな部分もあり、物語の良いスパイスとなっています。

ネット上の感想

ネット上の感想についてみていきましょう。

ネット上でも演出、俳優、ストーリーともに面白いと高評価を得ていました。

まとめ

2021年12月10日に公開の映画『ラストナイト・イン・ソーホー』のあらすじ、キャストについて調査してみました。

今作はエドガー・ライト監督がメガホンを取り、アニヤ・テイラー=ジョイやトーマシン・マッケンジーなど実力派俳優が多く出演をしています。

監督も幼い頃から60年代の曲を聴きながら育ったと明かしています。劇中に登場するサントラでは、60年代の女性シンガーが多く起用されダスティ・スプリングフィールドやサンディ・ショウ、ペトゥラ・クラーク、シラ・ブラックなど、60年代の曲を知らなくても自然と体が乗ってしまいます。

ジャンプスケアーホラーですが、そこまで怖いシーンが少ないのでホラーが苦手な人にもおすすめしたい作品ですよ!