主演男優賞受賞『ミッドナイトスワン』主演草彅剛&新人ヒロイン服部樹咲が演じる愛の物語

草彅剛邦画
©︎2020Midnight Swan Film Partners

2020年9月25日に公開された映画ミッドナイトスワンが話題を呼んでいました。
主演は草彅剛、そして大物新人の服部樹咲が演じる現代社会の愛のカタチを描いた感動作品です。

映画「ミッドナイトスワン」のキャストあらすじ、見どころはどういったものなのでしょうか?
また原作も同時に話題を呼んでいましたが、原作は何なのでしょうか?

それらについて徹底追及していきたいと思います。

『ミッドナイトスワン』あらすじ

新宿のニューハーフショークラブで働く武田健二は凪沙と名乗り、トランスジェンダーとして生きていきました。
そんなある日、田舎の親戚の子供が虐待をされ育児放棄されているのでしばらくの間預かって欲しいという知らせがきます。
凪沙は、養育費を受け取るために親戚の子供・桜田一果を引き取ることにしました。

一果は、幼いころから親に虐待をされており心を閉ざしていたのです。
凪沙が作る「ハニージンジャーソテー」も最初は嫌々食べ、「いただきます」も言わないほどふさぎ込んでいました。

ある日、バレエ教室に通うようになり一果のバレエの才能が開花するのです。
同級生のりんともライバルでありながら親友として切磋琢磨をしていました。

そんな一果のバレエの才能を伸ばそうと凪沙は、一果がバレエ教室に通えるようにレッスン料を支援するため、男になって就職活動をすることを決意します。次第に一果への愛情が芽生え始めたのです。

一果のバレエコンクールの前日、自宅前に母親・桜田早織が迎えに来てしまいます。
凪沙は本当の母親になるためにタイで性転換手術を受けたのです。
迎えに行った凪沙を待っていたのは…

一人の孤独なトランスジェンダーが、愛を知らない少女と生活をすることで、愛を知る切なくも美しい愛の物語と言えます。

『ミッドナイトスワン』の原作は?

この映画の原作は、監督である内田英治が描いた「ミッドナイトスワン」が元になっています。
原作と小説とでは、また少し違った印象を受けます。


画像引用元

小説の方がトランスジェンダーにスポットライトを当てた描写が多く、より映画「ミッドナイトスワン」を楽しめますよ!

「ミッドナイトスワン」のキャスト・監督

ここで、「ミッドナイトスワン」のキャスト・監督についてみていきましょう。

トランスジェンダー・凪沙

草彅剛(凪沙)

主人公の凪沙を演じるのは、草彅剛です。

生年月日は、1974年7月9日で年齢は(2021年現在)47歳です。
出身は、愛知県です。
身長は、170㎝の血液型は、A型です。

言わずと知れた元SMAPのメンバーですよね。
俳優としても高い演技力が評価されており、これまでに数多くの主演男優賞・最優秀主演男優賞を受賞しています。

今回、草彅剛が演じた凪沙は、これまでにない役どころとして注目をされていました。
草彅剛は内田英治監督の小説を読んで「ぜひ、演じたい」と即答したそうですよ。

トランスジェンダーという難しい役どころですが、抜群の演技力で魅了されてしまいます!!

親から虐待をされ愛を知らない少女・一果

服部樹咲(一果)

母親から虐待をされ育児放棄をされた少女・一果を演じるのは、女優の服部樹咲です。

生年月日は、2006年7月4日で年齢は(2021年現在)15歳です。
出身は、愛知県で身長は168㎝です。
血液型は、A型です。

幼いころからバレエを習っており、これまでに2017年・2018年にはアメリカグランプリ日本ファイナルへ進出しました、
また、「NBAジュニアバレエコンクール東京2018」では1位に輝いた実力の持ち主です。

「ミッドナイトスワン」で書類審査1000通、面接200人の中から抜擢されたまさにシンデレラ・ヒロインと言えます!

服部樹咲が見せる愛情を知らず、自分を押し殺してきた一果の繊細な感情を表現しています。

ライバルであり親友であった・りん

上野鈴華(りん)

一果が通うバレエ教室で仲良くなった桑田りんを演じるのは、上野鈴華です。

生年月日は、2000年10月5日で年齢は(2021年現在)21歳です。
出身は、東京都で身長は158㎝です。

2019年にPARCO Produce公演で舞台女優として活躍をしたり、YouTubeのショートムービーにも出演をしています。

まだまだ新人ですがこれからがとても楽しみな女優ですね!

ネグレクトの母親・桜田早織

水川あさみ(桜田早織)

一果の母親でネグレクトのために、引き離されてしまった桜田早織を演じるのは、女優の水川あさみです。

生年月日は、1983年7月24日で年齢は(2021年現在)38歳です。
出身は、大阪府で身長は163㎝です。
血液型は、AB型です。

芸能界入りのきっかけは、1996年に「ヘーベルハウス」のCMでデビューしたことでした。
2002年に映画「仄暗い水の底から」で女優デビューをしました。
以降、人気女優として映画、ドラマ、CMに引っ張りだこですね。

この映画では、ネグレクトの母親役を演じています。
それはもう、かなり酷い母親を演じており、名演技だなと実感しました。
凪沙とは従妹で、キャバ嬢として一果を女手一つで育てていましたが、日々のストレスから虐待をしてしまっています。
凪沙が「母親になりたい」と申し出た時には、逆上している姿が印象的でした。

「全裸監督」「下衆の愛」で有名な内田英治

内田英治(監督)

内田英治は、1971年生まれで出身はブラジルです。
10歳の時に帰国して大分県で育ちました。

1991年にドラマ「教習所物語」で脚本家デビューをし、2004年に公開された映画「ガチャポン!」で映画監督デビューを果たしました。
代表作品としては、山田孝之主演の「全裸監督」や2016年に公開された映画「下衆の愛」を挙げることができます。

「ミッドナイトスワン」の注目ポイント・見どころ

映画「ミッドナイトスワン」の注目ポイント・見どころはどういったところなのでしょうか。

また、ネット上での感想はどのようなものなのでしょうか。

名台詞に号泣!

一果が自分の感情を抑えるために、自分の腕を噛んでいることを知った凪沙が、抱きしめて言うセリフがとても感動的なのです。

それは、「うちらみたいなんは、ずっと1人で生きて行かなきゃいけんけぇ。強うならんといかんで」というもの。
凪沙はこれまでずっと一人でトランスジェンダーを抱えて生きていきました。
自分の母親にもカミングアウトができないことからも、凪沙の中でいろいろな葛藤があったことが分かりますね。

そんな、凪沙に対してバレエ教室の講師である片平実花から「今が踏ん張りどころです。頑張りましょうね。お母さん。」と言われて、びっくりしながらも嬉しそうな凪沙がとても印象的でした。

母親とは何か、愛情とはないか。いろいろな愛のカタチがあるのだなと感じますね。

ネット上の感想

ネット上の感想はどのようなものなのでしょうか。

愛情のカタチについて考えさせられる映画だと高評価を得ていますね!

まとめ

2020年9月25日に公開された映画「ミッドナイトスワン」のキャスト、あらすじ、みどころ、原作について調査してみました。

原作は、監督である内田英治が書いた「ミッドナイトスワン」を元に作られています。
キャストは、草彅剛や今回の映画で女優デビューを果たした大物新人・服部樹咲らが演じています。

トランスジェンダーが愛を知らない少女と生活をするうちに、「母親になりたい」と切に思う
愛のカタチを描いた感動作だと言えます。
観終わった後に、大切な人に会いたくなるそんな作品だと言えますね。

©︎2020Midnight Swan Film Partners