『ある告発の解剖』評価はいまいち?原作・あらすじ・キャストを解説!

『ある告発の解剖』評価はいまいち?原作・あらすじ・キャストを解説!海外ドラマ
©︎https://www.denofgeek.com/

2022年4月15日にNetflixで配信がされたドラマ『ある告発の解剖についての解説です。

エリート政治家の夫が突然、不倫相手からレイプ被害を訴えられてしまい奈落の底に突き落とされた妻を描いたドラマです。
海外の評価やあらすじ、キャストについて調査してみました。

『ある告発の解剖』あらすじ

ソフィーは政治家の妻として二人の子どもを育てながら順風満帆な生活を送っていました。
そんなある日、国民的人気の政治家のジェームズ・ホワイトハウスは、部下の女性をレイプしたとして訴えられます。

ジェームズは部下のオリヴィアとの不倫関係は認めたもののレイプに関しては真っ向から否定をします。

ジェームズの不倫にショックを受けるソフィーでしたが、裁判で徐々に明かされるジェームスの知られざる過去。
ソフィーが知る優しく誠実な夫は本当なのか、それともすべて嘘だったのか。

果たしてソフィーが知る真実とは一体何なのでしょうか。

『ある告発の解剖』のキャスト

ドラマ『ある告発の解剖』のキャストについてみていきましょう。

ソフィー・ホワイトハウス役 シエナ・ミラー

ソフィーを演じるのは、女優のシエナ・ミラーです。

モデルとして芸能界入りをします。
2001年に公開の『South Kensington』で女優デビューを果たしました。

2003年に放送の『Keen Eddie』でメインキャストとして出演をしてブレイクをしました。

その後、2007年に公開の『Interview』でインディペンデント・スピリット賞主演女優賞や英国アカデミー賞ライジング・スター賞にノミネートされ注目を集めます。

代表作としては、2009年に公開の『G.I.ジョー』や2014年に公開の『アメリカン・スナイパー』などを挙げられます。

ジェームズ・ホワイトハウス役 ルパート・フレンド

ジェームズを演じるのは、俳優のルパート・フレンドです。

2004年に公開の『リバティーン』で俳優デビューをしました。

その後、2008年に公開の『縞模様のパジャマの少年』や2009年に公開の『ヴィクトリア女王 世紀の愛』など話題作に出演をして頭角を現しました。

ブレイクのきっかけは、2012年に放送の『HOMELAND』に出演をしたことでした。

代表作としては、2015年に公開の『ヒットマン:エージェント47』や2018年に放送の『Strange Angel』などを挙げられます。

ケイト・ウッドクロフト役 ミシェル・ドッカリー

ケイトを演じるのは、女優のミシェル・ドッカリーです。

2004年に舞台女優としてデビューをしました。

翌年に放送の『荊の城』でテレビドラマデビューをします。
ブレイクのきっかけは、2010年に放送の『ダウントン・アビー』に出演をしたことでした。

代表作としては、2017年に放送の『ゴッドレス』や2019年に公開の『ダウントン・アビー』シリーズなどを挙げられます。

オリヴィア役 ナオミ・スコット

オリヴィアを演じるのは、女優のナオミ・スコットです。

2008年に放送の『Life Bites』で女優デビューを果たしました。

ブレイクのきっかけは、2011年に放送の『Terra Nova 〜未来創世記』に出演をしたことでした。
2019年に公開の『アラジン』ではジャスミンを演じて話題を呼びました。

代表作としては、2017年に公開の『パワーレンジャー』や2019年に公開の『チャーリーズ・エンジェル』などを挙げられます。

アンジェラ・レーガン役 ジョゼット・サイモン

アンジェラを演じるのは、女優のジョゼット・サイモンです。

1980年に放送の『ブレイクス7』で女優デビューを果たしました。

ブレイクのきっかけは、2012年に公開の『レッドライト』に出演をしたことでした。
代表作としては、2017年に公開の『ワンダーウーマン』や2019年に公開の『名探偵ピカチュウ』などを挙げられます。

『ある告発の解剖』の注目ポイント

ドラマ『ある告発の解剖』の注目ポイントやネット上の感想についてみていきましょう。

原作

原作は、小説家のサラ・ヴォーンの『Anatomy of a Scandal』が基になっています。
サラ・ヴォーンは小説家になる前はジャーナリストとして活動をしていました。

2014年に『The art of baking blind』で小説家デビューをしています。
特に女性問題のテーマを中心に執筆をしており心理的スリラーを得意としています。

本作は2018年に出版され、『自身の出身であるオックスフォード大学の経験を活かして権力、特権、同意をテーマにした』と語っています。

評価はいまいち?

ドラマ『ある告発の解剖』の評価はあまり良くありません。

アメリカの映画評価サイト『ロッテントマト(Rotten Tomatoes)』では59%、オーディエンス評価が44%と高くはありませんでした。

コメントでは『何がレイプであるかという問題を提起していますが、製作側が伝えたいコンセプトが複雑で被害者である妻を置き去りにしている』や『この作品はエロティック・スリラー?法廷ドラマ?社会問題?どのジャンルに属しているか分からない』など作品の設定は斬新だけど、脚本がズレていると痛烈に批判をされています。

夫の過去にフォーカス

ドラマ『ある告発の解剖』の評価が良くなかった理由として「物語の後半で夫の過去にフォーカスをしている」点が挙げられます。
政治家である夫が部下との不倫をしたことで、部下からレイプ被害を受けているのですが、途中から夫の過去とリンクしていきます。

物語はクライマックスに掛けて夫の衝撃の事実が明らかになります。
しかし、肝心の被害者である妻が置き去りにされている印象を受けてしまいます。
夫のレイプ疑惑を明らかにする裁判がいつの間にか夫の過去にフォーカスをされた裁判になってしまい、前半の緊張感が台無しでした。

一方でキャスティングは素晴らしく、政治家の夫を演じた俳優のルパート・フレンドがクズっぷりは見事で、ネット上でも高い評価を得ていました。
演じたルパート・フレンドはインタビューで『本当は演じたくなかった』と本音を漏らしており、それほどまで最低な役柄だったことが分かります。

ネット上の感想

ネット上の感想についてみていきましょう。

批判的な意見が挙がる一方で「人間の欲深さを痛烈に批判した作品だ」という意見も挙がっていました。

まとめ

2022年4月15日にNetflixで配信がされたドラマ『ある告発の解剖』のあらすじ、キャストについて調査してみました。

エリート政治家の夫が突然、不倫相手からレイプ被害を訴えられてしまい奈落の底に突き落とされた妻を描いたドラマです。
主演は、シエナ・ミラーが演じており、ルパート・フレンドやミシェル・ドッカリーが出演をしています。

原作は小説家のサラ・ヴォーンの『Anatomy of a Scandal』です。

海外の映画評価サイト『ロッテントマト(Rotten Tomatoes)』では59%、オーディエンス評価が44%と高くはありませんでした。
しかし、不倫夫を演じたルパート・フレンドの演技が素晴らしいと高評価を得ていました。

この記事を書いた人

映画・ゲーム・食べることが好き。
お風呂と小動物が癒し。

にほんブログ村 映画ブログへ
海外ドラマ
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
[ad]
Cinema Gossip