『マンク』デヴィッド・フィンチャー監督が描く注目作の見どころに迫る

マンクmank海外ドラマ
出典元:https://www.netflix.com/

2020年12月4日からNetflixで独占配信をされた映画「マンクがネット上で話題を呼んでいました。
監督は、ジャック・フィンチャーの息子であるデヴィッド・フィンチャーがメガホンを取りました。

映画「マンク」のあらすじやキャスト、みどころはどのようなものなのでしょうか。
またネット上の感想についても徹底追及していきたいと思います。

『マンク』あらすじ

1941年に世界映画史上ナンバーワンとして呼び声が高い名作「市民ケーン」の制作の裏側を描いたのが、映画「マンク」なのです。

脚本家としては魅力的ですが、アルコール依存症で嫌われ者である脚本家ハーマン・J・マンキーウィッツ(通称マンク)が、当時24歳のオーソン・ウェルズから「ノンクレジットで脚本をして欲しい」と依頼されるところから物語はスタートします。
題材にするのは、新聞王と言われている有力者であり、脚本をするにあたり様々な障害があるのです。

マンクがいかにして「市民ケーン」の脚本を書いたのか、また、その裏側の人間模様なども色濃く描かれています。
映画の内容としては、1940年代に「市民ケーン」の脚本を書くシーンと10年前のマンクの様子を描いています。

『マンク』のキーポイントとなる「市民ケーン」とは?


この映画は、事前に「市民ケーン」を知るとことでより映画を楽しむことができます。

1941年に公開された映画「市民ケーン」の監督は、主演も務めたオーソン・ウェルズという人物なのです。

内容は、新聞王であったケーンが「バラのつぼみ」という謎のダイイングメッセージを残したことから物語は始まります。
その謎のメッセージの意味を調査するという内容です。

実は、主人公のケーンは当時の新聞王と言われていたウィリアム・ランドルフ・ハーストを題材としていました。
ウィリアム・ランドルフ・ハーストは、絶大な権力を持っていたため、揶揄した内容に激怒したとか。
そのため、「市民ケーン」は上映妨害運動が起こり、第14回アカデミー賞では、9部門にノミネートされたものの、脚本賞のみの受賞になったそう。

そんな、世界中で名作と呼び声が高い「市民ケーン」がいかにして制作をされたかどうかが、描かれているのですね。

映画「マンク」は、モノクロ映像や音楽の雰囲気や撮影技法なども
「市民ケーン」とリンクさせているため、
「市民ケーン」も観ることをオススメしますよ。

『マンク』の監督・キャスト

ここで映画「マンク」の監督・キャストについてみていきましょう。

監督・デヴィッド・フィンチャー

デヴィッド・フィンチャー

出典元:https://cinemontage.org/

監督を務めたのは、ジャック・フィンチャーの息子でデヴィッド・フィンチャーです。

生年月日は、1962年8月28日で年齢は(2021年現在)59歳です。
出身は、アメリカのコロラド州デンバーです。

1992年から映画監督として活動をし「エイリアン3」や「セブン Seven」などを話題作を輩出しています。
個人的には2008年に公開された映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」や2011年に公開された映画「ドラゴン・タトゥーの女」などがとても世界観が独特で好きですね。

ゲイリー・オールドマン

マンク役 ゲイリー・オールドマン

出典元:https://www.realitytvworld.com/

主人公のマンクを演じるのは、俳優のゲイリー・オールドマンです。

生年月日は、1958年3月21日で年齢は(2021年現在)63歳です。
出身は、イギリスのロンドンです。

1982年から俳優デビューを果たして以降、これまでに数多くの映画やドラマに出演をしています。
代表作としては「レオン」「ハンニバル」「ハリーポッター」シリーズなどを挙げることができます。

ゲイリー・オールドマンが主演というだけで観る価値はありますね!!

マンクは、アルコール依存症で破天荒な人という印象を受けますね。

チャールズ・ダンス

ウィリアム・ランドルフ・ハースト役 チャールズ・ダンス

出典元:https://www.bbc.co.uk/

映画「市民ケーン」のモデルになった新聞王・ウィリアム・ランドルフ・ハーストを演じたのは、俳優のチャールズ・ダンスです。

生年月日は、1946年10月10日で年齢は(2021年現在)75歳です。
出身は、イギリスのウスターシャー州レディッチです。

1981年にスクリーンデビューを果たし、2004年には映画「ラヴェンダーの咲く庭で」で監督・脚本家としても活躍をしています。

アマンダ・ミシェル・サイフリッド

ウィリアム・ランドルフ・ハーストの愛人役 アマンダ・ミシェル・サイフリッド (1) (1)

出典元:https://www.allure.com/

新聞王・ウィリアム・ランドルフ・ハーストの愛人であるマリオン・デイヴィスを演じるのは、女優のアマンダ・ミシェル・サイフリッドです。

生年月日は、1985年12月3日で年齢は(2021年現在)36歳です。
出身は、アメリカのペンシルベニア州アレンタウンです。

芸能界入りを果たしたのは、11歳の時にモデルとしてデビューをしました。
2004年に公開されたドラマ「ミーン・ガールズ」で大ブレイクをしました。
さらに、2008年に公開された映画「マンマ・ミーア」では、メリル・ストリープの娘役にも大抜擢をされましたね。

メジャースタジオMGMの創設者

アーリス・ハワード

出典元:https://www.tvfanatic.com/

1930年代の有名なスタジオであったMGMの創設者でルイス・B・メイヤーを演じるのは、俳優のアーリス・ハワードです。

生年月日は、1954年10月18日で年齢は(2021年現在)67歳です。
出身は、アメリカのミズーリ州です。

代表作品としては、「ミディアム」シリーズや「マネーボール」などを挙げることができます。

劇中では、パワハラ上司を熱演しています。

「マンク」の注目ポイント・見どころ

映画「マンク」の注目ポイント・見どころはどういったところなのでしょうか。

また、ネット上の感想についても探っていきたいと思います。

執念の作品

「マンク」の監督であるデビッド・フィンチャーは、父親であったジャック・フィンチャーの脚本を基にして、17年近くも構想を練っていたというのです。

それは、まさに執念の作品と言えますよね。

マンクが、一度はノンクレジットで脚本を引き受けますが、最終的にはクレジットをするように強く要求しているところに、マンクがこの映画「市民ケーン」に掛けた情熱が伝わってきますね。

ネット上の感想

ネット上の感想はどういったものなのでしょうか?

ネット上でもかなり高評価を得ていました。

まとめ

2020年12月4日からNetflixで独占配信をされた映画「マンク」のあらすじ、キャスト、見どころについて調査してみました。

監督は、ジャック・フィンチャーの息子であるデヴィッド・フィンチャーで、17年近く構想を練っていた執念の作品と言えます。
1941年に公開された映画「市民ケーン」の制作の裏側を描いた作品で、マンクがいかにして「市民ケーン」の脚本を書いたのか、また、その裏側の人間模様なども色濃く描かれています。

「マンク」を観る前に、予習として映画「市民ケーン」をリサーチしておくことをオススメします。
映画は、「市民ケーン」とリンクしたような内容となっているので、「市民ケーン」を知っておくことでより、「マンク」の世界観を楽しむことができますよ!