韓国ドラマ『不可殺(プルガサル)』子役は誰?あらすじ、キャストを調査!

韓国ドラマ『不可殺(プルガサル)』子役は誰?あらすじ、キャストを調査!韓国ドラマ
https://extrafly100.com/

2021年12月18日にtvNで放送されたドラマ『不可殺(原題:불가살)についての解説です。

日本ではNETFLIXで配信されており、放送前から話題を呼んでいました。

ドラマ『不可殺(プルガサル)』に出演する子役は誰なのでしょうか。
また、ドラマのあらすじ、キャスト、ネット上の評価について調査してみました。

『不可殺』あらすじ

殺すことも死ぬこともできない不可殺(伝説上の怪物)になった男・タン・ファルが600年間転生を繰り返していました。
600年もの間、何度も死のうと試みますが、苦痛を感じるだけで転生を繰り返してしまいます。

自分を不死殺にした女性に対する復讐心から女性を探していました。
一方、ミン・サンウンは家族を守るために身分と名前を変えて不可殺から逃げ続けています。
600年前に不可殺だったミン・サンヨンの双子の妹です。

盗まれた魂を取り戻し、600年にもわたる苦しみを終わらせるために、ファルはいばらの道を歩み始めたのでした。

『不可殺』相関図

ドラマ『不可殺(プルガサル)』の相関図がこちらです。

登場人物が転生前と現世で登場するので、相関図を把握していくと分かりやすいですよ。

『不可殺ー永遠を生きる者ー』のキャスト

ドラマ『不可殺』のキャストについてみていきましょう。

タン・ファル役 イ・ジヌク

ファルを演じるのは、俳優のイ・ジヌクです。

2003年に芸能界入りを果たします。

翌年のドラマ『不良少女』で俳優デビューをしました。

ブレイクのきっかけは2012年に放送の『ロマンスが必要』に出演をしたことでした。
その後、2018年に放送の『リターン〜真相〜』や『ボイス2』などに出演をしています。

ミン・サンウン役 クォン・ナラ

ミン・サンウンを演じるのは、女優のクォン・ナラです。

2012年に放送の『お願い、キャプテン』で女優デビューをしました。

その後アイドルグループ『HELLOVENUS』のメンバーとしても活動をしていました。

ブレイクのきっかけは、2017年に放送の『あやしいパートナー』に出演をしたことでした。
このドラマでSBS演技大賞新人女優賞を受賞しています。

代表作品として、2020年に放送の『梨泰院クラス』や『暗行御史:朝鮮秘密捜査団』などを挙げることができます。

オク・ウルテ役 イ・ジュン

オク・ウルテを演じるのは、俳優のイ・ジュンです。

2009年にアイドルグループ『MBLAQ』のメンバーとして活動を始めます。

俳優としては、2009年に公開の映画『닌자 어쌔신(ニンジャ・アサシン)』でハリウッドデビューをしました。
2014年に解散後は、俳優として本格的に活動をしています。

代表作品として、2016年に放送の『ヴァンパイア探偵』や映画『LUCK-KEY ラッキー』などを挙げることができます。

タン・ソル/ミン・シホ役 コン・スンヨン

タン・ソルとミン・シホを演じるのは、女優のコン・スンヨンです。

2012年にドラマ『I LOVE イ・テリ』で女優デビューをしました。

ブレイクのきっかけは、2015年に放送の『六龍が飛ぶ』に出演をしたことでした。
このドラマでSBS演技大賞ニュースター賞を受賞しました。

代表作品として、2018年に放送の『キミはロボット』や2019年に放送の『コッパダン ~恋する仲人~』などを挙げることができます。

ナム・ドユン役 キム・ウソク

ナム・ドユンを演じるのは、アイドルグループ『UP10TION』のメンバーのキム・ウソクです。

2015年に『UP10TION』のメンバーとして芸能界入りをします。

2019年から2020年までは『X1』メンバーとして活動をしていました。
2020年5月からはソロとして活動をしています。

俳優としては、2020年に放送の『TWENTY×TWENTY〜ハタチの恋〜』で俳優デビューをしました。

『不可殺ー永遠を生きる者ー』の注目ポイント

ドラマ『不可殺』の注目ポイントやネット上の評価についてみていきましょう。

子役の演技が凄い!

ドラマ『不可殺ー永遠を生きる者ー』では、600年(高麗時代)と50年前と現代と転生を繰り返しています。
そのため多くの子役が登場しているのです。

今後、絶対に注目される子役たちを紹介します。

600年前:ファルの幼少期 イ・ジュウォン

600年前のファルの幼少時代を演じるのは、子役のイ・ジュウォン君です。

生年月日は、2011年5月3日です。
出身はソウル特別市です。
現在ヨンヒ小学校に通っています。

2017年に放送の『花を咲かせろ!ダルスン』で子役デビューを果たしました。
その後、アイドルグループ『Wanna One』のPVに出演した注目を集めました。

代表作品は、2018年に放送の『ボイス2』や2021年に放送の『袖先赤いクットン』などが挙げられます。

600年前:アチャン パク・ジュファン

 

この投稿をInstagramで見る

 

박주환(@minam_joohwan)がシェアした投稿

ファルとソルの長男として生まれたアチャンは、目に傷を持っていました。
パク・ジュファン君は、演技をするにあたり「目が見えない演技は生まれて初めてで緊張をしたけど、コン・スンヨンが本当のお母さんのようで安心して演技ができた」と明かしていました。

生年月日は2010年生まれです。
出演作品は、2020年に放送の『半分の半分』などを挙げることができます。

600年前:タン・ソルの少女時代/15年前:ミン・シホの幼少期 イ・アラ

600年前は、ダンソル将軍が引き取りました。転生後は、サンウンの妹として生きています。

イ・アラちゃんの生年月日は2012年12月24日です。
2018年に放送の『最後まで愛』で子役デビューをしました。

その後、2018年に放送の『悪い刑事』や2019年に放送の『花道だけ歩きましょう』などに出演をしています。

50年前:ヘソクの幼少期 オク・イェリン

 

この投稿をInstagramで見る

 

⭐ 옥예린(@ockyerin)がシェアした投稿

50年前に転生した巫女のヘソクを演じています。
一家焼死事件に居合わせ、ファルに助けられました。

ヘソクを演じたオク・イェリンちゃんは、2011年12月14日生まれです。
出身はソウル特別市です。
2017年に放送の『ブラック〜恋する死神〜』で子役デビューをしました。

代表作品は、2018年に放送の『私が愛したテリウス』や2019年に放送の『サバイバー:60日間の大統領』などを挙げることができます。
最近では、2020年に放送の『梨泰院クラス』や『誰も知らない』にも出演をしています。

50年前:クォン・ホヨルの幼少期 パク・スンジュン

 

この投稿をInstagramで見る

 

@seungjun.7788がシェアした投稿

パク・スンジュン君は、2009年生まれです。
2019年に放送の『愛の不時着』に出演して注目を集めました。

同年に公開の映画『鳳梧洞の戦い』にも出演をしました。
最近では、2021年に公開の『夏時間』にも出演をしています。

50年前:クォン・ソヒ アン・ソヨン

ホヨルの妹のソヒを演じています。

ソヒを演じたのは、子役のアン・ソヨンちゃんです。
2014年5月26日生まれです。

2019年に放送の『私の国』で子役デビューをしました。
その後、2020年に放送の『一度行ってきました』や『浮気したら死ぬ』などに出演をしています。

YouTubeチャンネルも開設しています。

今後の活躍が期待される子役ですね。

15年前:サンウンとサンヨンの少女時代 ハン・ソジン

 

転生した2006年に、サンヨンとサンウンの双子の姉妹として生きていました。
本作で一人二役を見事に演じたハン・ソジンちゃん。
演技するうえで「表情、声、トーン、呼吸、目つきなどに気を使った」と明かしていました。
また、監督や作家から演技指導もあり助けになったそうですよ。

ハン・ソジンちゃんは、2008年11月1日生まれです。
2012年に放送の『世界のどこにもいない優しい男』で子役デビューをしました。

その後、2017年に放送の『トッケビ』でウンタクの少女時代を演じて話題を呼びましたね。
当時から美少女として注目を集めていました。

最近では、2018年に放送の『パンドラ小さな神の子どもたち』や2020年に放送の『私は遺品整理士です』などに出演しています。

ネット上の評価

ネット上の評価についてみていきましょう。

難しいストーリーですが、イッキ見をしたという意見が多く挙がっていました。

まとめ

2021年12月18日にtvNで放送されたドラマ『不可殺ー永遠を生きる者ー』のあらすじ、キャストについて調査してみました。

本作は、NETFLIXでも配信をされています。
子役の演技が凄いとネット上でも話題を呼んでおり、サンヨンとサンウンの双子の姉妹を演じた子役のハン・ソジンちゃんは一人二役を演じています。

ネット上では、難しいストーリーですが、イッキ見をしたという意見が多く挙がっていました。
今後の活躍が期待できる子役がたくさん出演をしているので、ぜひチェックして見てください。

この記事を書いた人

映画・ゲーム・食べることが好き。
お風呂と小動物が癒し。

にほんブログ村 映画ブログへ
韓国ドラマ
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
[ad]
Cinema Gossip