韓国ドラマ『調査官ク・ギョンイ』低視聴率なのはなぜ?あらすじ・キャスト・口コミを調査!

韓国ドラマ『調査官ク・ギョンイ』低視聴率なのはなぜ?あらすじ・キャスト・口コミを調査!韓国ドラマ
https://www.whats-on-netflix.com/

2021年10月30日からJTBCで放送されたドラマ「調査官ク・ギョンイについての解説です。

主演を務めるのは、女優のイ・ヨンエです。
廃人役をするイ・ヨンエがネット上で話題を呼んでいました。
ドラマのあらすじ、キャスト、視聴率、口コミについて調査してみました。

『調査官ク・ギョンイ』あらすじ

エリート刑事として凶悪犯罪捜査課に勤務していたク・ギョンイでしたが、夫のチャン・ソンウが亡くなって以降、世間と遮断をして引きこもっていました。
部屋は荒れ放題、髪はボサボサ、ネットゲームとお酒に浸る廃人のような生活をしていました。

そんなある日、警察時代の後輩のナ・ジョヒが訪ねてきます。
保健調査官の仕事を依頼されるのです。

ク・ギョンイは、一見すると事故死に見えますが、凶悪犯罪時代の刑事の感を頼りに偽装された連続殺人事件だと分かります。
果たして、ク・ギョンイを待ち受ける凶悪犯の正体とは?
犯人の目的や亡くなった夫の死と何の関係があるのでしょうか。

『調査官ク・ギョンイ』のキャスト

ドラマ『調査官ク・ギョンイ』のキャストについてみていきましょう。

ク・ギョンイ役 イ・ヨンエ

ク・ギョンイを演じるのは、女優のイ・ヨンエです。

1990年にモデルとして芸能界入りをします。
1993年にドラマ「お宅の夫はいかがですか」で女優デビューを果たしました。
このドラマでSBS演技大賞で新人賞を受賞しました。

ブレイクのきっかけは、2003年に放送の「宮廷女官チャングムの誓い」に出演したことでした。
日本でも放送されると一躍有名になります。

今作は、2017年に放送の「師任堂、色の日記」から4年ぶりのドラマ出演となります。

ソン・イギョン(ケイ)役 キム・ヘジュン

ケイを演じるのは、女優のキム・ヘジュンです。

2015年にドラマ「ブームは百合」で女優デビューをしました。

2019年に映画「未成年」で第40回青龍映画賞で新人賞を受賞して注目を集めました。
ブレイクのきっかけは2019年に放送の「キングダム」に出演をしたことです。

最近では、2020年に放送の「十匙一飯」に出演をしています。

ヨンスク役 キム・ヘスク

ヨンスクを演じるのは、女優のキム・ヘスクです。

1975年にドラマ「第三教室」で女優デビューをします。
翌年には、映画「怒れる林檎」でスクリーンデビューをしました。

人気ドラマ「君の声が聞こえる」や「ピノキオ」などにも出演をしています。

代表作としては、2005年に放送の「拝啓、ご両親様」や2008年の「ファム・ファタール」などを挙げることができます。

ナ・ジョヒ役 クァク・ソニョン

ジョヒを演じるのは、女優のクァク・ソニョンです。

舞台「タルゴナ」で女優デビューをしました。
その後は舞台を中心に活動をしていました。

2018年にドラマ「親愛なる判事様」でドラマデビューをします。
翌年には「VIP」でメインキャストとして出演を果たしました。

最近では「賢い医師生活」にも出演をしています。

サンタ役 ペク・ソンチョル

サンタを演じるのは、モデルで俳優のペク・ソンチョルです。

2019年にモデルとして芸能界入りを果たします。
2021年にドラマ「まだ、慣れない30歳」で俳優デビューをしました。

新人俳優ながらネット上でも話題を呼んでいます。

『調査官ク・ギョンイ』の注目ポイント

ドラマ『調査官ク・ギョンイ』の注目ポイントやネット上の口コミについてみていきましょう。

視聴率低迷の理由は?

ドラマ『調査官ク・ギョンイ』の視聴率は、初回が2.6%と出だしからつまずき、2話でも2.6%、3話では1.9%まで低迷しています。
主演を務めるのは、大御所女優のイ・ヨンエ。
わき役固めるのは、キム・ヘジュン、ペク・ソンチョル、クァク・ソニョンなど決して無名の役者ではありません。

それにもかかわらずなぜ、視聴率が伸びないのでしょうか。

視聴率が低迷する理由として、「イ・ヨンエのギャップ」が挙げられます。

主演を務めるイ・ヨンエは、これまで清純派女優としてドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」や映画「親切なクムジャさん」などに出演をしていました。
しかし、今作では廃人のようにゲームにハマるだめ人間を演じています。
頭はボサボサ、お酒が大好きで活動エネルギーと公言しているのです。
そのため、あまりにもギャップがあり、視聴率の低迷に繋がったと言えます。

キム・ヘジュンのサイコっぷりが凄い!?

3話から登場する劇団俳優で裏では殺人鬼の「ケイ」を演じるキム・ヘジュンのサイコっぷりが凄いと話題を呼んでいました。

ネット上では、キム・ヘジュンはドラマ「キングダム」でも王妃役を演じており、「不気味で怖い女」というイメージが定着しています。
ただ、今作の殺人鬼は「サイコパスの型」に収まってしまっている印象はあります。

ストーリーが進むにつれて、キム・ヘジュンの怪演に注目できますね!

汚部屋住人でもシャーロックのような洞察力

主人公のク・ギョンイは、引きこもりでネットオタク、酒好きとまさに廃人ですが、ひとたび捜査となればシャーロックホームズのような洞察力と独特の語り口で事件を解決へと導きます。

その姿はさながら「金田一少年の事件簿」を彷彿させます。
さらに、OPとEDの映像がカッコイイと話題を呼んでいました。

一度観るとハマってしまうOPとEDのアニメーションにも注目できますね。

ネット上の口コミ

ネット上の口コミについてみていきましょう。

視聴率が低迷している一方で、ちょっとした仕掛けを忍ばせた軽快な語り口やグラフィックやデザインが新しいとして、「イカゲーム」よりも面白いという口コミも挙がっていました!

まとめ

2021年10月30日からJTBCで放送されたドラマ「調査官ク・ギョンイ」のあらすじ、キャスト、口コミについて調査してみました。

視聴率は、2.6%台と低迷をしています。
その理由としては、これまで清純派だったイ・ヨンエのギャップが原因として挙げられます。
その一方で、汚部屋の住人であるク・ギョンイがシャーロックホームズのような洞察力で事件を解決する姿がカッコイイという意見もありました。

また、ドラマのOPとEDのアニメーションも個性的だと高評価でした。
人気の「イカゲーム」よりもハマるという口コミもあり、これまでに見たことがないイ・ヨンエが観れるサスペンスドラマだと言えますね!