旨辛チキンを片手に爆笑『エクストリーム・ジョブ』続編は?シークレット・ジョブって?

旨辛チキンを片手に爆笑『エクストリーム・ジョブ』続編は?シークレット・ジョブって?韓国ドラマ
https://www.ytn.co.kr/

片手にビールなんかもって、くだらない映画を見たい週末の夜。
そんな夜にぴったりなのが『エクストリーム・ジョブ』

ひょんなことから、チキン店を営むことになった麻薬捜査官たちを見ると、思わずチキンが食べたくなる!
是非、ジャンキーな旨辛チキンを片手に、見てみてくださいね!

ちなみに監督は、『美しき日々』や『G.I.ジョー』で日本でも有名となった、イ・ビョンホンさんではなく、『SUNNY 永遠の仲間たち』『今日の恋愛』で監督を務めた、イ・ビョンホンさんです!

『エクストリーム・ジョブ』あらすじ


5人で麻薬捜査班として働いていた彼らだったが、なかなか検挙することが出来ず、いつも後輩たちに手柄を取られていく。
ある日、大きな犯罪組織のアジト前を張り込むことになり、目の前にあったチキン店を買い取る
営業していないと不思議がられる、と彼らはチキン店をやりだすが、絶対味覚を持った刑事の勘が当たり、チキン店は大繁盛。
チキン店の営業にドタバタする彼らの前に、ある日目の前の犯罪組織から配達の注文が入る。
接触だけでなく、彼らのアジトに潜入できる、またとない機会に、彼らの期待が高まる!
果たして彼らは、犯罪組織を検挙することができるのか?

『エクストリーム・ジョブ』キャスト

今回は、麻薬捜査班の班長と、チキン屋が繁盛したことで捜査に集中しないメンバーに、いらいらする捜査官をご紹介します。

コ班長役 リュ・スンリョン

コ班長役 リュ・スンリョン

https://news.kbs.co.kr/

1970年11月29日 / 韓国出身

2004年から映画界に出演し、韓国映画をメインに出演。
2013年に公開された『7番房の奇跡』韓国のアカデミー賞と言われる大鐘賞で男優主演賞を受賞
その後『バトル・オーシャン 海上決戦』で安土桃山時代の武将・来島通総を演じるなど、日本と関係する役も演じている。

代表作『7番房の奇跡』『僕の妻のすべて』『バトル・オーシャン 海上決戦』

本作では、運が悪くなかなか評価されない班長を演じている。

キム・ヨンホ役 イ・ドンフィ

キム・ヨンホ役 イ・ドンフィ

https://www.chosun.com/

1985年7月22日 / 韓国出身

2013年ごろから端役で映画やドラマに出演をしだす。
最初のころは、役に名前がついていない、エキストラのような役が多かったが、2015年に公開された『ビューティー・インサイド』で複雑な事情を抱える主人公に寄り添う親友を演じた。
親しみのある演技が評価され、そこから多くのドラマや映画に出演するようになる。
特に、2019年に公開された『幼い依頼人』では、実話をもとにしたクライムサスペンス映画で主演を演じている。

代表作『ビューティー・インサイド』『幼い依頼人』

本作では、ひとり捜査を続けるが、チキン店に集中しているほかの捜査官たちに、飽き飽きしている様子が、ほかの捜査官との熱量の違いで笑いを誘った。

続編はあるの?動物園が舞台の『シークレット・ジョブ』って?

大ヒットした『エクストリーム・ジョブ』ですが、今のところ続編は発表されていません。

しかしアメリカでのリメイク版が製作される、ということは発表されています。
チキンじゃなくて、ハンバーガー店とかになるのかな?

小ネタが多くて笑える『エクストリーム・ジョブ』の続編を期待していましたが、実は同じ制作会社から似た作品が公開されています。

その名も『シークレット・ジョブ』!

ポスターを見ると、エクストリーム・ジョブと似ていて、何と舞台は動物園?!

経営危機となった動物園を再建するため、飼育員たちが着ぐるみをかぶって、動物に成りすます、というストーリーだそうですが、ここまで聞いただけでも、だいぶ無理がある(笑)

きっとエクストリーム・ジョブよりも、くだらないストーリーになりそうですが、週末の夜に見るには、こちらもぴったりな作品になりそうですね!

『エクストリーム・ジョブ』まとめ

『エクストリーム・ジョブ』まとめ

https://www.mk.co.kr/

見た方の多くが、「チキン食べたくなる!」と言っています(笑)
韓国の人気食で、おいしさはもちろん、少し辛いのがチキンの特徴だそうです。

スパイスで、というよりかは、コチュジャンなどの旨辛調味料でぎっとぎとになっているのが、食べたくなりますね!

私も最初はチキン無しで見たんですが、見終わった後に、
「チキンを用意して、近日中に2回目を見よう」
と決意した作品になりました(笑)

テンポがいいのと、1人1人の個性がしっかり立っているので、見ていて飽きない作品です!
是非週末の夜に、チキンとビール片手にご覧ください。