チュ・ジフンの狂気がSNSでも話題!韓国映画『暗数殺人』ネタバレあり

暗殺殺人の表紙韓流・アジア
出典元:m.post.naver.com

韓国興行収入第1位の「暗数殺人あんすうさつじん」を映画館で観た。

ソーシャルディスタンスを守りながらも、劇場はほぼ満席。SNSの口コミでは、連日高評価なコメントが並んでいる。

今回は、あらすじとキャストのほか、実際に「暗数殺人」を鑑賞して感じた、感想や考察をお届けする。

コロナ渦の映画館を満席にする話題の韓国映画を徹底レビュー!

暗数殺人
U-NEXTにて独占配信中!今すぐチェック

>> 配信数20万本突破のU-NEXT

※当記事はネタバレを含みます。

暗数殺人のあらすじとキャスト

暗数殺人は、2018年に公開されたキム・テギュン監督の韓国映画。

日本で公開すると同時に、「梨泰院イテウォンクラス」のチュ・ジフンの狂気の演技が話題となった。

名優たちの演技はもちろん、細かな心理戦をスリリングに描いたストーリーから目が離せない。

ここでは、あらすじとキャストを紹介する。

あらすじ

殺人現場

キム・ヒョンミン刑事(キム・ユンソク)は、恋人を殺害して逮捕されたカン・テオ(チュ・ジフン)から「他に7人殺した」と衝撃の告白を受ける。

テオは殺人の内容を具体的に暗記しており、ヒョンミンは直感的にテオの告白が真実だと見抜いた。

警察上層部の反対を押し切り捜査を進めていると、テオが自白した場所から白骨死体が発見される。
しかしテオは「死体を運んだだけ」と供述をひるがえしてしまう。

テオの目的は何なのか?
知能指数の高いテオの言葉に翻弄されながらも、ヒョンミンは真実に近づいてゆく…!

キャスト

映画「暗数殺人」はNetflixのオリジナルドラマ「梨泰院クラス」で、パク・セロイ役を演じたチュ・ジフンが登場。
狂気の演技がヤバイとSNSでじわじわ噂になっています。

韓国映画「チェイサー」などの作品で知られるキム・ユンソクにも注目です。

キム・ヒョンミン (キム・ユンソク)

キム・ユンソク

元麻薬捜査官。
麻薬の捜査でカン・テオと出会い、「他に7人殺した」と独白をされる。

冷静沈着で粘り強い捜査が得意。

カン・テオ (チュ・ジフン)

チェ・ジフン

高いIQを持つ殺人鬼。
小さな理由で簡単に人を殺めてしまうサイコパス。

巧みな話術と抜群の暗記力で、ヒョンミンを巧みに翻弄する。

チョ刑事役(チン・ソンギュ)

チン・ソンギュ

自分のキャリアをかえりみず、ヒョンミンの捜査に協力した若手刑事。

愛嬌があり、人懐っこい性格。ヒョンミンと力を合わせてテオを追い詰めていく。

「梨泰院クラス」ファンも背筋が凍る?チュ・ジフンの狂気の演技が話題

「暗数殺人」の感想と考察

久しぶりに映画館で映画を観たが、「暗数殺人」が最初で本当によかった…!

今でもテオの白目演技やドロっとした視線が頭から離れない。
ここでは、映画を観て感じた感想と考察を紹介する。

「暗数殺人」の“暗数”とは?

暗数とは、「警察が把握している事件の数と、何らかの原因で警察が把握していない事件の差」のことを指す。

刑事のヒョンミンは、テオが自白した「別の7人の殺人=暗数殺人」の捜査を開始した。

物語では、テオにタクシーで無残に轢き殺された少女が登場。

ヒョンミンはこの事実を知り、自分のキャリアを捨てても事件を捜査し続けることを決心した。

念仏に閻魔大王?知能指数の高さを「仏教」で表現

異常な記憶力と狂気を持つテオ。

拘置所のシーンではヒョンミンの揺さぶりを受け、イライラと念仏を唱えるシーンがあった。

テオの記憶力の良さを「念仏を丸暗記し唱えさせる」ことで見事に表現している。

他にも死者の生前の罪を暴く神「閻魔大王」を殴り書きするシーンなどもあり、テオの狂気を不気味に描き切った。

劇中では日本語で「ありがとう」とヒョンミンに皮肉を言うシーンもある。

映画が上映禁止処分に…「暗数殺人」は実話がモチーフ

暗数殺人は、釜山で実際に起こった事件をモチーフに制作された作品だ。

しかし、「遺族に同意を得る過程で不十分な点があった」として上映禁止処分を受けてしまう。

しかし、被害者遺族の息子と名乗る人物がSNSに「世の中に出るべき映画だ」と投稿。

韓国では10月に公開され、興行収入第1位を獲得した。

まとめ

実話で無期懲役となった犯人は、刑務所内で死亡。
だが、今も担当刑事は捜査を続けているのだそうだ。

なぜヒョンミンは捜査にこだわったのか?

実は、ヒョンミンは妻をひき逃げで亡くしている。しかし、劇中ではあまり触れられることはなかった。

  • 「今も担当刑事は捜査を続けていること」
  • 「妻をひき逃げで亡くしたこと」
  • 「轢き殺された少女の存在」

この3つを繋ぐと、もしかしたら「ヒョンミンの妻をひき逃げしたのはテオだったのではないか…?」と考察できる。

ラストシーンでは、ヒョンミンが轢き殺された少女を回想するシーンで幕を閉じている。

暗数殺人
U-NEXTにて独占配信中!今すぐチェック

>> 配信数20万本突破のU-NEXT

©︎2018 SHOWBOX, FILM295 AND BLOSSOM PICTURES ALL RIGHTS RESERVED