韓国『ドアロック』一人暮らしの女性は閲覧注意!あらすじ、キャストは?

ドアロック韓国ドラマ
https://asianwiki.com/

2018年12月5日に公開された映画「ドアロックが怖いとネット上で話題を呼んでいます。

ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭スリラー部門で最優秀作品賞を受賞した話題作でもある「ドアロック」のあらすじキャスト、ネット上の感想について調査してみました。

Amazon.co.jp: ドアロック(字幕版)を観る | Prime Video
わたしの部屋に、狂気が潜んでいる都心の古びたマンション、女性の一人暮らし見知らぬ誰かが、部屋のドアロックを操作する帰宅後に見つける不審な痕跡、朝起きた時の誰かがいた気配歪んだ愛は、やがて暴走の時を迎える-Copyrights ©2018, MegaboxJoongAng PLUS M & Studio Pieona, ...

あらすじ

都会の古びれたマンションに一人暮らしの銀行員に勤務するチョ・ギョンミン
ギョンミンが住むマンションは、セキュリティ対策が万全で管理人は昼と夜の24時間体制で、ドアにはカードキーとセキュリティ番号でロックをしています。

ギョンミンは、最近頭痛に悩まされておりその日も、朝から頭痛を抱えながら通勤をしました。

帰宅すると扉のドアロックに見覚えのない白い粉が付いていたのです。
違和感を覚えたギョンミンは、ドアロックのナンバーを変更しました。

するとその夜、ドアノブをガチャガチャと回す音がするのです。
ギョンミンは怖くなりドアスコープを覗き込みますが誰もいません。外にはたばこの吸い殻が落ちているだけでした。

ギョンミンは翌日警察へ捜査願いを出しますが警察は「事件性が低い」と相手にしてくれません。

しかし、その日からギョンミンの部屋に誰かが侵入した痕跡を次々と発見するのです。
怖くなったギョンミンは同僚のヒョジョに相談します。
ヒョジョは、職場の課長であるキム・ソンホがギョンミンに好意を持っているようだから結婚すればいいと冗談ぽく言うのです。

ギョンミンは、ソンホが犯人ではないかと疑いを持ちます。
しかし、ソンホが死亡したことでギョンミンは容疑者になってしまったのです。
犯人は一体誰なのでしょうか。
セキュリティ対策が万全なはずのマンションをどうやって侵入をしているのでしょうか。

『ドアロック』の監督・キャスト

映画「ドアロック」の監督・キャストについてみていきましょう。

監督:イ・グォン

監督は、イ・グォンが勤めています。
2002年に公開された映画「臆病な悪意のある」で監督デビューを果たしました。
代表作品としては、2007年に放送されたドラマ「イケメン連続ボム事件」などを挙げることができます。

チョ・ギョンミン

主人公のギョンミンを演じるのは、女優のコン・ヒョジンです。

生年月日は、1980年4月4日で年齢は(2021年現在)41歳です。
出身は、韓国のソウルです。

モデルとして芸能界入りを果たし、1999年に公開された映画「少女たちの遺言」で女優デビューをしました。

その後、2000年に放送されたドラマ「家門の栄光」でブレイクをします。
これまでにMBC演技大賞の女性最優秀賞や第48回百想芸術大賞テレビ部門で女性最優秀演技賞など数多くの賞を受賞する演技は女優と言えますね。

ヒョジョ

ギョンミンの同僚で親友のヒョジョを演じるのは、女優のキム・イェウォンです。

生年月日は、1987年12月11日で年齢は(2021年現在)34歳です。

2008年頃から芸能界入り果たし、2009年に放送されたドラマ「伝説の故郷 吸血鬼のキス」で女優デビューをします。

代表作品としては、2017年に放送されたドラマ「あやしいパートナー」や2019年に放送されたドラマ「ワイキキ2へようこそ」などを挙げることができます。

イ刑事

事件を共に捜査するイ刑事を演じるのは、俳優のキム・ソンオです。

生年月日は、1978年9月15日で年齢は(2021年現在)43歳です。

2000年頃から芸能界入り果たし、2002年に公開された映画「緊急法19」で俳優デビューを果たしています。
その後、2010年に公開された映画「どこからか来た男」や2017年に放送されたドラマ「サム、マイウェイ」や「花遊記」などを挙げることができます。

ソンホ課長

ギョンミンが勤務する銀行の課長であるソンホを演じるのは、俳優のイ・チョニです。

生年月日は、1979年2月19日で年齢は(2021年現在)42歳です。

2003年頃から芸能界入り果たし、2005年に公開された映画「アグレッシブ」で一躍有名になります。
その後も数多くのドラマ、映画に出演をしています。

『ドアロック』の注目ポイント

映画「ドアロック」の注目ポイントについてみていきましょう。

一人暮らしの女性は閲覧注意!

韓国では一人暮らしが560万世帯もあるそうです。映画「ドアロック」はそんな一人暮らしの女性が恐ろしいストーカーに狙われるというサスペンスドラマと言えます。

犯人がギョンミンが寝ている部屋へ堂々と侵入し、ギョンミンの私物を使ったり、シャワーを浴びたり、挙句の果てに全裸で添い寝したりとやりたい放題。
本当に恐怖を覚えます。
鍵だけではなく暗証番号でセキュリティ対策が万全と思っているギョンミンに対して恐ろしい方法で侵入してくる犯人にも驚きます。

一人暮らしの女性が見ると夜が本当に怖くなってしまうと感じました。
個人的にも布団よりもベット派なので共感できるものが多々ありました。

ネット上の感想

ネット上の感想についてみていきましょう。

ネット上でも高評価を得ていました。

まとめ

2018年12月5日に公開された映画「ドアロック」がネット上で話題を呼んでいます。
韓国で初登場1位に輝いたサスペンスドラマで、一人暮らしの女性の部屋に何者かが侵入するという恐怖を描いています。

鍵だけではなく管理人が24時間体制のマンションで扉にはドアロックもあるのに犯人が侵入した痕跡があるのです。果たして犯人は誰なのでしょうか。
また、犯人の目的とは何なのでしょうか。

一人暮らしの女性は見終わった後に必ずベットの下をのぞき込んでしまいます。