人生に迷ったときに見たい名作『フォレスト・ガンプ』生き方を学ぶ名言

人生に迷ったときに見たい名作『フォレスト・ガンプ』生き方を学ぶ名言洋画
出典元:U-NEXT

人生に悩んだとき、何を選択すれば正解なのか、と考えることってありますよね。
そんな時にお勧めしたい映画がこちら『フォレスト・ガンプ』

名作と言われており、何度も何度も繰り返し見たい作品です。
この映画に出てくる主人公を見たら、きっとあなたも周りにある小さな幸せに気付いてしまうかもしれません。

『フォレスト・ガンプ』あらすじ

知能の発達に遅れがあるフォレストは、背骨の発達が悪く、足に器具をつけて生活していた。
フォレストの母はそのことについて悩んでいたが、「普通の子と同じように」という気持ちで、公立の学校へ入学させる。
しかし、同級生たちは彼を拒絶し、スクールバスでも席に座らせようとはしない。
だが唯一、ジェニーという女の子だけが、フォレストのために席を開けて、いつもフォレストを隣に座らせてくれた。
ジェニーは父から性的虐待を受けており、ジェニーを助けるために、フォレストは俊足を発揮し、彼女を助け出す。
それから、フォレストは数々の壁を、自慢の足で、うち破っていくようなる。

『フォレスト・ガンプ』キャスト

今回は、主演の2人をご紹介します。

フォレスト・ガンプ役 トム・ハンクス

フォレスト・ガンプ役 トム・ハンクス

https://www.mediaplaynews.com/

1956年7月9日 / アメリカ出身

コメディアンとして活躍していたが、「血ぬられた花嫁」で俳優デビュー。
それからいくつか作品に出演するが、今作と、「フィラデルフィア」で、演技力の高さが認められ、名俳優として名を連ねるようになる。
コメディだけでなく、「ターミナル」「ハドソン川の奇跡」「グリーンマイル」など名作に出演。
2016年には、最高位勲章「大統領自由勲章」を受賞するなど、アメリカの名俳優として名を馳せる。

代表作「グリーン・マイル」「ターミナル」「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」

今作では、大切なジェニーのために、愛を貫き、約束を守り、自分の足で人生を切り開いていくまじめな主人公を演じた。

ジェニー役 ロビン・ライト

ジェニー役 ロビン・ライト

https://thecinemaholic.com/

1966年4月8日 / アメリカ出身

モデルとして活躍後、女優を志す。
映画「プリンセス・プライド・ストーリー」で映画デビュー後、今作で注目を浴び、ゴールデングローブ賞助演女優賞にノミネート。
その後、テレビドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」で女優賞を受賞。

代表作「ドラゴン・タトゥーの女」「ワンダーウーマン」「ブレードランナー2049」

今作では、フォレストを支え、フォレストに支えられた少女・ジェニーを演じた。

『フォレスト・ガンプ』から”生き方”を学ぶ名言集

『フォレスト・ガンプ』は、ストーリーはもちろん散りばめられたセリフが、名言揃いだということでも知られています。

自分の人生の格言として、この映画のセリフを挙げる人もいるのではないでしょうか。
そんな名言をまとめてみました。

『俺の背中に寄っかかれ。俺もお前に寄っかかるからよ。 そうすりゃ泥に頭突っ込んで寝ることはねぇだろ。』by バッパ

バッパ

https://forrestgumpcinemastudies.weebly.com/

ベトナム戦争に行ったフォレストが、そこで知り合った親友・バッパと雨に打たれながら背中を合わせるシーンです。
このセリフの後に、バッパは実家のエビ漁業を、フォレストに誘います。
降り続く雨の中、お互いの力を借りながら、背中を合わせることで、どんな困難でも乗り越えていけるような一言。
何気ないセリフですが、自分の力だけではなく、誰かと支えあいながら生きることの大切さを教えてくれます。

『人生はチョコレートの箱のようなもの。 開けてみないと分からない』 by フォレストの母

フォレストの母

https://imgflip.com/

足に障害があり、知能も低いフォレストに対して、死に際の母が言った言葉です。
チョコレートの箱は開けてみるまで、中身はわからないけれど、どれを選んでもわくわくするもの。
人生も同じように挑戦してみるまで分からないけれど、どれを選んでも、きっと楽しい人生が待っている、と思わせてくれる言葉です。
出来ない理由を探すのではなく、何を選んでも楽しかったといえるよう、自分の力で最前の選択にしていきたいですよね。

『僕は賢くないけど、愛することがどんなことかはわかる』 byフォレスト

フォレスト

https://www.indiewire.com/

フォレストが、ジェニーにプロポーズするときのセリフです。

小さなころからジェニーを支えに生きてきたフォレストは、ジェニーの環境が変わろうとも、一途にジェニーを愛してきました。

フォレストの知っている「愛すること」というのは、ジェニーそのもの。
人を愛することの大切さ、それをすることで自分自身の生きる糧になるかのような誠実さに、胸を打たれるセリフです。

『フォレスト・ガンプ』まとめ

自分の人生を振り返ったときに、フォレストのように素直に生きることが、いかに大切なことなのか、染みる作品です。

ジェニーへの想いを一途に、そして何が起きても、ただ進むことだけでなく、逃げることも大事なのだと感じます。
知能の高さではなく、人を疑わない清らかな心を持つことの大切さを、フォレストを通して教えられるような名作です。

まだ見たことがない、という人は、ぜひご覧くださいね。
きっとチョコレートとエビが食べたくなりますよ。