映画『アイリス -THE LAST-』ドラマの総集編と言われている理由は?【ネタバレあり】

映画『アイリス -THE LAST-』ドラマの総集編と言われている理由は?【ネタバレあり】韓国ドラマ
出典元:U-NEXT

2010年に公開された映画「アイリス -THE LAST-」についての解説です。

最高視聴率50.2%を記録した大ヒットドラマが原作です。
ドラマをベースとして制作をされていますが総集編と言われているのはなぜでしょうか。

映画のあらすじ、キャスト、ネット上の感想を調査してみました。

\ U-NEXTにて見放題で独占配信中 /
アイリス -THE LAST-

> U-NEXTで作品をチェック

『アイリス -THE LAST-』あらすじ

韓国国家安全局(NSS)で最精鋭特殊要員として活躍をしていたキム・ヒョンジュン
ある日、上司のペク・サン副局長にハンガリーでの単独任務を任されます。
しかし、任務途中に負傷をしてしまうのです。
ペク・サン副局長に助けを求めますが、あろうとことが暗殺の命令が下されたのです。

刺客として送られてのは、親友のチン・サウだったのです。
その日からヒョンジュンは、何者かの陰謀により命を狙われることとなりました。
誰も信じることができないヒョンジュンの果たして運命はどうなるのでしょうか。

『アイリス -THE LAST-』のキャスト

映画「アイリス -THE LAST-」のキャストについてみていきましょう。

キム・ヒョンジュン役 イ・ビョンホン

ヒョンジュンを演じるのは、俳優のイ・ビョンホンです。

1991年頃から芸能界入りを果たし、翌年から放送されたドラマ「明日は愛」で俳優デビューをします。

その後、1995年に公開された映画「誰が俺を狂わせるのか」「ラン・アウェイ」でスクリーンデビューをしてその年の新人賞を受賞します。

2000年には映画「JSA」で主演男優賞にノミネートされ一躍有名になりました。
イ・ビョンホンはアジアだけではなく世界でも人気で、フランス政府から文化芸術勲章を授与しています。

2009年に公開された映画「G.I.ジョー」でハイウッドデビューも果たしています。
まさに韓国を代表する国民的スターと言えますね。

チェ・スンヒ役 キム・テヒ

スンヒを演じるのは、女優のキム・テヒです。

2000年にCMに出演したことがきっかけで芸能界入りをします。
翌年に映画「ラスト・プレゼント」で女優デビューをします。

2003年に放送されたドラマ「天国の階段」で主人公の義理の妹やくを演じて注目を集めました。
2004年に放送されたドラマ「九尾狐外伝」では最優秀新人賞を受賞します。

2006年に公開された「中天」で初主演を務め高い評価を受けました。
2009年に放送された「アイリス」で一躍有名になりました。

チン・サウ役 チョン・ジュノ

サウを演じるのは、俳優のチョン・ジュノです。

モデルとしてスカウトされ芸能界入りをします。
1995年に放送されたドラマ「同期間」で俳優デビューをします。

その後、2008年に放送されたドラマ「ラスト・スキャンダル」では最優秀主演男優賞とベストカップル賞を受賞してブレイクを果たしました。

代表作としては、2001年に放送されたドラマ「マイ・ボス マイ・ヒーロー」シリーズやドラマ「大変な結婚」などを挙げることができます。

キム・ソンファ役 キム・ソヨン

ソンファを演じるのは、女優のキム・ソヨンです。

1994年に「恐竜先生」で女優デビューをします。

ブレイクのきっかけは、2009年に放送されたドラマ「アイリス」でした。このドラマでKBS演技大賞人気賞を受賞をしています。

その後、2016年に放送されたドラマ「ハッピー・レストラン~家和萬事成~」で第5回APAN Star AwardsのTV長編ドラマ女性最優勝賞を受賞しました。

代表作としては、2020年に放送されたドラマ「ペントハウス」シリーズで主演を務めています。

ヴィック役 T.O.P

ヴィックを演じるのは、人気アイドル「BIGBANG」のラッパー担当のT.O.Pです。

2006年に韓国でデビューをします。
2009年には日本でもメジャーデビューをします。海外アーティストでは史上初となる5年連続のJAPANドームツアーを記録しています。

2010年6月ソロデビューシングル「TURN IT UP」をリリースしています。

俳優としては、2007年に公開された「アイ・アム・セム」で俳優デビューをします。
その後、アイリスの出演を機に俳優としても精力的に活動をしています。

代表作としては、2011年に公開の「戦火の中へ」や2015年に放送されたドラマ「シークレット・メッセージ」などを挙げることができます。

『アイリス -THE LAST-』の注目ポイント

映画「アイリス -THE LAST-」の注目ポイントやネット上の感想についてみていきましょう。

映画の内容がドラマとまったく同じ!?

映画「アイリス -THE LAST-」は、ドラマのシーンを編集していたのです。
そのためネット上では、続編ではなく「総集編」だったと落胆した意見が多く挙がっていました。

70分20話の超大作を2時間に凝縮した映画と言えます。
ドラマを見ていない人が観ると展開が早すぎて内容的にも薄い印象を受けてしまうという意見も。
しかし初見の人向けに過去の出来事が解説をされているので、ドラマを見ていない人でもスパイ映画としては楽しめますね。

また秋田県でのロケも有名で、韓国人の人気観光スポットとして来日をしたというエピソードもあります。
ドラマの続編として観るのではなく、ドラマの総集編として観ることをおすすめする作品です。

ラストが映画版として新たに追加された!(ネタバレ)

ドラマの総集編という位置付けですが、ラストは新しく追加されています。

映画のライトで灯台の下でプロポーズを待つスンヒと、そこへ向かうヒョンジュンが途中で、狙撃され灯台を見ながら死んでしまうという衝撃のラストでした。

その狙撃犯が、キム・ソンファだったのです!

キム・ソンファの中には、いつもヒョンジュンがいて大切に思っていた人物です。
ヒョンジュンのために身を挺して庇って撃たれたこともありました。
そんな、誰よりも真っすぐだったソンファが犯人だったというのは、驚きでもありショックでもありました。

実は、ラストシーンでも賛否両論が起こっているのです。
ドラマの総集編という位置付けで製作をしたのであれば、ラストをもう少し違った内容にしても良かったと個人的には思います。

映画の冒頭で、キム・ソンファに単独任務が通達されるシーンがあるのですがそこで伏線を張ったのですが、それが逆に犯人フラグが立ってしまいましたね。
ドラマの総集編ならラストはハッピーエンドを期待していたファンは少なくないと思います。

ネット上の感想

ネット上の感想についてみていきましょう。

結末はどうであれイビョンホンの演技力や美しさを堪能できる映画には間違いですね!

まとめ

2010年に公開された映画「アイリス -THE LAST-」のあらすじ、キャストについて調査してみました。

本作は、最高視聴率50.2%を記録した大ヒットドラマが映画化されました。
ドラマをベースとして製作されていることからネット上では「ドラマの総集編」と言われています。
ドラマとは別に衝撃のラストが追加され、ヒョンジュンを狙撃した犯人が分かります。

ヒョンジュンにずっと片思いをしていたソンファが狙撃犯だったのです。
このラストにはドラマファンからは賛否両論が挙がっていました。

初見の人向けに過去の出来事が解説をされているので、ドラマを見ていない人でもスパイ映画としては楽しめますね。

\ U-NEXTにて見放題で独占配信中 /
アイリス -THE LAST-

> U-NEXTで作品をチェック