日曜劇場『日本沈没 希望のひと』平均視聴率15.8%高水準!?原作・キャスト・あらすじは?

日曜劇場『日本沈没 希望のひと』平均視聴率15.8%高水準!?原作・キャスト・あらすじは?国内ドラマ
出典元:Paravi

2021年10月から放送された日曜劇場「日本沈没 希望のひとについての解説です。

原作は日本を代表するSF小説「日本沈没」を基にしています。
放送直後から視聴率15%台をキープしていますが、人気の秘密は何なのでしょうか。

気になるあらすじ、キャスト、ネット上の感想について調査してみました。

『日本沈没 希望のひと』あらすじ

舞台は2023年。
環境を重視する若き内閣総理大臣の東山栄一は、各省庁から優秀な若手を集めた「日本未来推進会議」を設立します。

そのメンバーで環境省の天海啓示は、親友で経済産業省の常盤紘一と共に総理が推進した海底の資源を採掘する巨大事業「海底資源採掘事業COMS(コムス)」を実現させたエリート官僚です。

総理からの信頼も厚く、若手メンバーの期待のホープでした。

そんな天海はある日、コムスが引き起こす関東沈没の反対デモを目にします。
そこで関東が沈むと主張している怪しげな研究者の田所雄介の元へ出向きます。
田所は、海底プレートが地球内部へと沈み込む際に観測されるスロースリップ現象が見て取れ、伊豆沖で大きな地震が起こると言います。
その地震によって日々島が沈没すると警鐘を鳴らします。

田所の言葉が何か引っかかる天海に対して、サンデー毎朝の記者の椎名実梨から田所のある疑惑を聞きます。
椎名によると田所は、Dプランズ社が北海道の土地開発を高値で売買し、田所は広告塔として関東沈没の不安を煽って北海道へ移住を勧めるのだという。
その見返りとしてDプランズ社から多額の資金を得ていると椎名はみていました。

天海は、田所を関東沈没の説明会と称して講演会を開かせ、疑惑を突きつけて関東沈没の説をつぶそうと計画します。
しかし、田所が予言していた伊豆沖で震度が起こります。
さらに、田所は沈みと予言していた日々島の海底に潜った天海は、突如発生した海底の割れ目に飲み込まれそうになってしまいます。

ますます田所の言葉が引っかかってしまう天海。
しかし、総理と親しい世良教授は田所の説を真っ向から否定します。

会議では田所の意見に誰も耳を傾けませんが、その時テレビから日々島が沈んだニュースが速報されます。
果たして、関東沈没説は本当なのでしょうか。
天海たちは日本を救うことができるのでしょうか。

『日本沈没 希望のひと』のキャスト

ドラマ『日本沈没 希望のひと』のキャストについてみていきましょう。

天海啓示役 小栗旬

天海を演じるのは、俳優の小栗旬です。

1994年から芸能界入りをし、1998年に放送されたドラマ「GTO」で俳優デビューをします。
その後は2002年から放送されたドラマ「ごくせん」、2005年に放送されたドラマ「花より男子」シリーズに出演をしてブレイクをします。

2021年に公開のハリウッド映画「ゴジラvsコング」でハリウッドデビューも果たしています。
数多くのドラマ、映画、CMに出演をして日本を代表する名俳優と言えますね。

椎名実梨役 杏

椎名を演じるのは、女優のです。

ファッション誌「non-no」の専属モデルとして芸能界入りをします。
2007年にドラマ「天国と地獄」で女優デビューを果たしました。

その後、2009年の「華麗なるスパイ」で連続ドラマ初出演をして、2011年の「名前をなくした女神」で初主演を務めました。

2014年には「花咲舞が黙っていない」で第52回ギャラクシー賞テレビ部門個人賞を受賞します。

代表作としては、2012年に公開の「映画 妖怪人間ベム」や2015年に放送の「デート〜恋とはどんなものかしら〜」などを挙げることができます。

田所雄介役 香川照之

田所を演じるのは、俳優の香川照之です。

俳優としては、1989年にドラマ「春日局」で俳優デビューをしました。

ブレイクのきっかけは、2002年に放送の「利家とまつ〜加賀百万石物語〜」に出演をしたことでした。
そして、2011年には九代目市川中車を襲名して歌舞伎俳優として活動をします。

2013年に「半沢直樹」で主人公のライバル役を演じたことで幅広い年代から支持を集めました。
このドラマで第78回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演男優賞を受賞しています。

コミカルからシリアスな演技まで幅広く演じられるカメレオン俳優として有名ですね。

常盤紘一役 松山ケンイチ

常盤を演じるのは、俳優の松山ケンイチです。

2001年にホリプロオークション「New Style Auditio」でブランプリを受賞して芸能界入りを果たしました。

翌年に放送されたドラマ「ごくせん」で俳優デビューをします。
2003年には映画「アカルイミライ」でスクリーンデビューも果たし、数多くの映画やドラマに出演をします。

最近では、2年かけて撮影に挑んた映画「BLUE/ブルー」が話題を呼んでいます。

東山栄一役 仲村トオル

東山を演じるのは、俳優の仲村トオルです。

1985年に公開の映画「ビー・バップ・ハイスクール」で主演を演じて芸能界入りを果たします。

ブレイクのきっかけは、1986年に放送の「あぶない刑事」シリーズに出演をしたことでした。

代表作としては、2008年に放送の「チーム・バチスタ」シリーズや2017年に公開の「22年目の告白 -私が殺人犯です-」などを挙げることができます。

里城弦役 石橋蓮司

里城を演じるのは、俳優の石橋蓮司です。

舞台俳優として芸能界入りをします。
1974年にドラマ「勝海舟」でテレビドラマデビューをしました。

代表作としては、1974年に公開の「竜馬暗殺」や1985年に公開の「ビニールの城」などを挙げることができます。
最近では、2020年に公開の「一度も撃ってません」や2021年に公開の「西成ゴローの四億円」などに出演をしています。

世良徹役 國村隼

世良を演じるのは、俳優の國村隼です。

1981年に公開された映画「ガキ帝国」で俳優デビューを果たします。
その後、1989年に公開された「ブラック・レイン」でブレイクをします。

代表作品としては、2016年に公開された映画「哭声/コクソン」や「アウトレイジ」「半落ち」などを挙げることができます。

『日本沈没 希望のひと』の注目ポイント

ドラマ『日本沈没 希望のひと』の注目ポイントやネット上の感想についてみていきましょう。

原作は?

原作は、1973年に刊行された小松左京の「日本沈没 希望のひと」が基になっています。

「日本沈没」は1973年と2006年に映画化され、1974年にテレビドラマ化されました。
その他にも1970年代と2000年代に漫画化、2020年にWEBアニメ化されるなどこれまで数多くの映像化がされてきました。

さらに、1976年にはアメリカでも出版をされているのです。
2006年に公開された映画では、主演を草彅剛が演じており、興行収入は54億円を突破するほどの大ヒットとなりました。

その都度内容や時代背景も異なり、見比べて観るのも面白いですよ。

平均視聴率15%台をキープの理由は?

ドラマ『日本沈没 希望のひと』は平均視聴率15%をキープするほどの人気です。
その理由として、豪華俳優陣に加えて現実味を帯びた内容だからだと言えます。

始めは「関東沈没」という東日本大震災を彷彿をさせる内容にあの時の恐怖を思い起こさせられます。
さらに、日本沈没というこれまで経験したことがない地震の恐怖を描いています。
演じる豪華俳優陣の白熱した演技にも注目ができます。

特に、キーマンとなる田所博士を演じている香川照之の演技は見どころ満載です。
最初は変人扱いをされていましたが、それでも関東沈没や日本沈没を訴える姿には心を打たれます。
パンチのあるテーマと実力派俳優たちの結集で高視聴率をマークしていると言えますね!

日本はどうなる?(ネタバレあり)

ドラマ『日本沈没 希望のひと』の見どころは日本沈没が迫る中、中国への移民がどうなるのか?という点です。
関東地震が起こり、第二波が起こらないと安心していた矢先に起きた日本沈没の危機。

頼れるのはアメリカか中国か。
政府は国益よりもどれだけの移民を打切れてくれるかで、日本の大手企業を売り渡すことを決定します。まさに、身を斬る思いです。
中国は、日本の5台企業を買収に掛かります。足元を見る中国との駆け引きは見どころのひとつ。

さらに、中国との交渉の架け橋となる中国の元国家主席との対談も感動的です。
それまで副総理の里城は対立をしていましたが、日本の未来のために人肌を脱ぐ姿はカッコイイです!

中国への移民が決定した直後に、テロ事件が勃発して世界から受け入れを拒否されてしまい振り出しに戻ってしまった日本。
果たして日本の将来はどうなるのでしょうか。
最終回まで二転三転する展開に目が離せません!

ネット上の感想

ネット上の感想についてみていきましょう。

現代風にリメイクされた内容に賛否の意見が挙がっていますが、「これはこれで面白い」という見方も挙がっていました。

まとめ

2021年10月から放送された日曜劇場「日本沈没 希望のひと」のあらすじ、キャストについて調査してみました。

本作は日本を代表するSF小説で1973年に刊行された小松左京の「日本沈没」を基にしています。
平均視聴率は15%台をキープしています。人気の理由は、豪華キャストと日本沈没というて現実味を帯びた内容だからだと言えます。

さらに、二転三転する展開に最後まで目が離せません。
ネット上では、原作とは異なる舞台背景や設定に賛否両論が挙がっていましたが、ドラマ単体として観ると面白い!という意見が多くありました。