アン・ハサウェイのプロフィールやおすすめの出演映画5作を紹介!

アンハサウェイ海外俳優・女優
HOLLYWOOD, CALIFORNIA - MAY 09: Anne Hathaway is honored with star on the Hollywood Walk of Fame on May 09, 2019 in Hollywood, California. (Photo by Axelle/Bauer-Griffin/FilmMagic)
名前アン・ハサウェイ(本名:Anne Jacqueline Hathaway)
誕生日1982年11月12日(37歳)
身長173cm
血液型O型
出身アメリカ合衆国 ニューヨーク州
出身校ニューヨーク大学

法律家の父と女優の母Kate McCauley Hathawayの娘として生まれたアン・ハサウェイ。

幼少期から舞台に立ち、CMやテレビドラマで活躍の後、映画『プリティ・プリンセス』でスクリーンデビュー。

2012年に出演した『レ・ミゼラブル』での演技と歌唱が評価され、アカデミー賞助演女優賞を受賞。
その後2019年にはハリウッドの殿堂入りを果たし、ウォーク・オブ・フェイムに名前が刻まれました。

この記事では、そんなアン・ハサウェイのプロフィールインスタグラム出演作をまとめて紹介します!

アン・ハサウェイのインスタは?

アン・ハサウェイの公式SNSとしてInstagramが存在します。

2014年にアイスバケツチャレンジの動画を初投稿したアン・ハサウェイ。

以来、投稿の内容は、完全なプライベートのものは多くなく、主に仕事のプロモーション社会問題への警鐘のような内容をメインに使われています。

最近の投稿では、自粛期間の楽しみとして広がったをドレスのように着る#pillowchallengeに参加。

このサングラスにヘッドフォンという一見奇抜なスタイルは、自身のデビュー作『プリティ・プリンセス』のポスターの再現なんです。

”クイーンは遅刻しない。他のみんなが早すぎるのよ。(筆者意訳)”という作中のジュリー・アンドリュースのセリフとともに、ブームよりやや遅めに投稿された写真が話題を呼びました。

オススメの作品とともに、デビューから現在までを振り返る

日本でも絶大な人気を誇る女優アン・ハサウェイのデビューから現在までを、アン・ハサウェイ大ファンの筆者が、代表作5作品とともに紹介します。

プリティ・プリンセス

プリティ・プリンセス

disneyplus.com

2001年公開の『プリティ・プリンセス』で堂々のスクリーンデビューを果たしたアン・ハサウェイ。

ごく普通の内気な女子高生・ミアが、一国の王位を継承する立場であると告げられることからはじまるドタバタプリンセス修行。

内気な女子高生役からプリンセスへと大変身を遂げた可愛すぎるアンの魅力が満載です。

プラダを着た悪魔

プラダを着た悪魔

elle.com

2006年には、『プラダを着た悪魔』で、超有名ファッション誌ランウェイの編集長アシスタントとして奔走するアンディを演じ、再び注目を集めたアン・ハサウェイ。

総額1億円越えと言われる豪華な衣装が次々に登場する『プラダを着た悪魔』。

デビュー作に引き続き、アン・ハサウェイの華麗なる大変身も見どころです。

レ・ミゼラブル

アンハサウェイ(レミゼラブル)

foxinews.com

2012年には『レ・ミゼラブル』で、幼い娘を守る母ファンテーヌを熱演。

作中では ”I DREAMED A DREAM” などを歌い抜群の歌唱力も披露し、見事アカデミー賞助演女優賞に輝いたアン・ハサウェイ。

貧しいファンテーヌを演じるため、短期間で約11キロの減量を行い、作中の髪を売るシーンでは綺麗なロングヘアを本当に坊主にするなど、本気の役作りが話題を呼びました。

マイ・インターン

マイインターン

macouinc.org

2015年には『マイ・インターン』で、アパレル会社を経営する若手女社長の役ロバート・デニーロと共演。

シニアインターンとして採用したベンを直属の部下に迎え入れ、仕事と家庭の両立に奮闘する姿は多くの人を元気付ける作品です。

オーシャンズ8

オーシャンズ8

thesun.ie

2016年には、ジョージ・クルーニーが主演の『オーシャンズ11』シリーズの女性版スピンオフである、サンドラ・ブロック主演の『オーシャンズ8』。

アン・ハサウェイは、メットガラのホストを務める女優ダフネ・クルーガーを演じ、再び注目を集めました。

計画実行当日のシーンは、実際にNYのメトロポリタン美術館にて撮影されました。

アン・ハサウェイのこれからにも期待

以上、アン・ハサウェイの経歴と魅力を紹介しました。

デビュー以来、数々の作品の大ヒットに貢献してきたアン・ハサウェイ。

これからの活躍も楽しみですね!

この記事を書いた人
Ruby

映画サークルに所属する、(アン・ハサウェイへの愛を除けば)ごく普通のどこにでもいそうな大学生。
授業がオンラインになってしまったのは悲しいけれど、通学時間や図書館で潰していた空きコマの時間がなくなり、映画を見る時間が増えてラッキーと思っている。

にほんブログ村 映画ブログへ
海外俳優・女優
\ この記事をシェアする /
Cinema Gossip