結婚式が延期に!?スカーレット・ヨハンソンの出演映画などを紹介

Scarlett Johansson海外俳優・女優
出典元:https://www.nbcnews.com/
本名スカーレット・I・ヨハンソン
身長160cm
誕生日1984年11月22日
出身アメリカ合衆国/ニューヨーク

子供の頃から舞台や映画に出演し、「アベンジャーズ」シリーズをはじめとするマーベル作品などでのアクションから、社会派映画など、幅広いジャンルで活躍するスカーレット・ヨハンソン

この記事では、そんなスカーレット・ヨハンソンの経歴やインスタグラム、おすすめの出演映画。そして気になる彼女の名前の話や結婚事情の最新の情報をご紹介します。

スカーレット・ヨハンソンの経歴は?

8歳の頃から舞台で活躍し、1994年に「ノース ちいさな旅人」で10歳にして映画デビューを果たしたスカーレット・ヨハンソン。

その後1996年に出演した「のら猫の日記」が初主演となりました。

そして、2010年にナターシャ/ブラック・ウィドウ役で「アイアンマン2」に出演して以来、数多くのMCU作品で華麗なアクションを披露しました。

マーベル映画以外にも、「LUCY ルーシー」(2014)他、多くのアクション映画に主演しています。

そのほか、アクション映画に限らず幅広いジャンルの映画に出演しており、昨年のアカデミー賞では「マリッジ・ストーリー」主演女優賞に、そして「ジョジョ・ラビット」助演女優賞ダブルノミネートされるなど、その演技力で一層活躍の幅を広げています。

今秋には、スカーレット・ヨハンソンが約10年に渡り演じてきた、ナターシャ/ブラックウィドウの単独映画「ブラック・ウィドウ」の公開も控えています。

スカーレット・ヨハンソンのインスタは?

スカーレット・ヨハンソンのインスタグラムは、本人が利用している公式アカウントは見つけられませんでした。

代わりに、スカーレット・ヨハンソンの素敵な写真を投稿しているファンアカウントを2つご紹介します。

View this post on Instagram

Sweetie🍒💝 #ScarlettJohansson

A post shared by Scarlett Johansson (@scarlett.johensson) on

View this post on Instagram

Blonde

A post shared by Scarlett Johanson 🔵 (@scarlettjohanson_official) on

もっとも稼ぐセレブ女優界として上位に君臨していたスカーレット・ヨハンソン。
セレーナ・ゴメスが一投稿につき6,000万円とSNSビジネスが加速する一方、スカジョ様は利用されていない模様。

どちらもファンページですがフォロワーは驚異の7桁。
POSTはスカーレット・ヨハンソンの華やかな衣装姿や抜群のスタイルが拝めます。

スカーレット・ヨハンソンの名前の正しい発音は?

Yahoo!知恵袋に質問があったり、不思議におっ持っている方が多そうな、スカーレット・ヨハンソンの名前について。

日本国内での表記としては「スカーレット・ヨハンソン」として浸透している彼女の名前。ヨハンソンは英語ではJohansonと表記し、英語読みでは「ジョハンソン」と発音されています。英語圏では「スカジョ」と略されているのはそのためです。

ちなみに日本のファンの間では「スカヨハ」と呼ばれることも多いスカーレット・ヨハンソンですが、実はグラマー誌のインテビューで、「スカジョ」と呼ばれることを好まないと打ち明けています。その理由は、チープなポップスターのようで侮辱されているように感じるからだそう。

スカーレット・ヨハンソンの結婚が延期に?

婚約した二人

出典元:https://www.wdbj7.com/

昨年5月にアメリカのコメディアン、コリス・ジョスト婚約したスカーレット・ヨハンソン。

二人は近々挙式を検討していたそうですが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、結婚式の予定を再検討していると、コリスがラジオで明かしました。

2008年、当時23歳という若さでライアン・レイノルズと最初の結婚をし、2011年に離婚。
2017年には2人目の配偶者、ロマン・デュリアックとも離婚しているスカーレット・ヨハンソン。

残念ながら結婚式は延期になってしまいそうですが、今度こそ素敵な家庭を気づけるといいですね!

スカーレット・ヨハンソン出演のオススメ映画を紹介

最後に、ここまで紹介してきたスカーレット・ヨハンソンが出演した映画の中から、筆者のおすすめ作品を3作ご紹介します。

「アベンジャーズ」シリーズ

ScarlettJohanssonasBlackWidow

出典元:indlugexpress.com

「アベンジャーズ」シリーズは、スカーレット・ヨハンソンがナターシャ/ブラック・ウィドウ役で出演しているマーベルの映画シリーズの一部の作品です。

それぞれの映画だけでも十分に楽しめるクオリティの作品ばかりですが、シリーズ通してみると感動できるシーンもより多くなりますので、今秋公開予定の「ブラック・ウィドウ」鑑賞前に、ぜひおすすめしたいシリーズです。

「her/世界で一つの彼女」(2013)

ホアキン・フェニックスとの2ショット

出典元:reuters.com

ホアキン・フェニックス主演のちょっと変わった恋愛映画「her/世界で一つの彼女」で、スカーレット・ヨハンソンが演じたのは、主人公の恋人サマンサ。

スカーレット・ヨハンソンは声のみの出演なのですが、本業の声優さんに引け劣らない声での繊細な演技が魅力です。

「ジョジョラビット」(2019)

出典元:geektylant.con

Cinema Gossip の記事でも以前ご紹介した「ジョジョラビットは、第二次世界大戦下のドイツに暮らす少年ジョジョ目線で描かれた戦争映画。

スカーレット・ヨハンソンはジョジョの母親を演じ、アカデミー助演女優賞にノミネートされました。

スカーレット・ヨハンソンの出演映画の中でも、特におすすめしたい一作です。

映画『ジョジョ・ラビット』のタイトルに隠されたメッセージとは?
第92回アカデミー賞の脚色賞を受賞したジョジョ・ラビット。映画の舞台は第二次世界大戦下のナチスドイツ。それがまさかのコメディ映画!?脳内に潜むヒトラー少年が、ひょんなことからユダヤ人少女をかくまうことことになるストー...

スカーレット・ヨハンソンの今後に期待!


以上、この記事ではスカーレット・ヨハンソンの経歴やインスタ、出演映画、そして名前についてをご紹介しました。

今秋には「ブラック・ウィドウ」の公開も控えているスカーレット・ヨハンソン、今後のさらなる活躍が楽しみですね!

この記事を書いた人
Ruby

映画サークルに所属する、(アン・ハサウェイへの愛を除けば)ごく普通のどこにでもいそうな大学生。
授業がオンラインになってしまったのは悲しいけれど、通学時間や図書館で潰していた空きコマの時間がなくなり、映画を見る時間が増えてラッキーと思っている。

にほんブログ村 映画ブログへ
海外俳優・女優
\ この記事をシェアする /
Cinema Gossip