【各界から絶賛の声】新鋭キム・ボラ監督が描く韓国の青春映画「はちどり」

韓流・アジア
出典元:(C) 2018 EPIPHANY FILMS. All Rights Reserved.

はちどり」は、ベルリン国際映画祭 のほか、全国の映画祭で50冠を超える賞を受賞している映画。

今回は、渋谷ユーロスペースで映画「はちどり」を観た。

あらすじとキャストのほか、「はちどり」と考察と解説を紹介する。

「はちどり」のあらすじとキャスト

はちどり」は、韓国の新進気鋭の女性監督キム・ボラの作品。

初めて手がけた長編映画で数々の賞を受賞し、韓国で注目されている映画監督のひとりだ。

ここでは、「はちどり」のあらすじとキャストを紹介する。

あらすじ

ウニ、14歳。

喧嘩ばかりの両親と、家を抜け出して遊びまわる姉。

エリートだけれど、たまに暴力を振るう兄と暮らしている。

ある日、塾で不思議な魅力を持った女性教師ヨンジと出会う。

家族ともうまくいかず、友達とも喧嘩してしまったウニは、自分の悩みを聞いてくれるヨンジ先生に惹かれていく。

耳の後ろに違和感を感じたウニは、病院を訪れる。

診断の結果、ウニは大きな手術をすることになってしまった。

家族が、友人が、大好きなヨンジ先生が。

不穏な空気が漂い始めた韓国で、ウニの運命が大きく動き出す……。

キャスト

主人公の少女の透明感がすごい…。

ここでは、「はちどり」に登場したキャストを紹介する。

ウニ (パク・ジフ)

14歳の少女。

問題だらけの家族と暮らす中学2年生。

耳の後ろに違和感を感じ、大きな手術をすることになる。

ヨンジ (キム・セビョク)

エリート校に通う大学生だが、休学をしている。

漢文塾で講師のアルバイト中。

ウニの良き理解者。

Twitterでも絶賛の嵐!苦悩し羽ばたくウニの姿は「はちどり」?

渋谷ユーロスペースが満席!話題の韓国映画「はちどり」を解説

新型コロナウイルス対策で、席数を半分にしている「渋谷ユーロスペース」。

すでに私が観る会は満席で、映画「はちどり」の人気ぶりが目立った。

ここでは、「はちどり」を考察&解説する。

「パラサイト」と肩を並べる名作?

映画「はちどり」は、ベルリン国際映画祭のほか、50冠もの賞を受賞した。

アカデミー賞を受賞した「パラサイト 半地下の家族」と肩を並べる名作と言われている。

パラサイトと同じく、はちどりも世界で問題となっている「格差」を描いた作品だ。

映画『パラサイト 半地下の家族』の考察!タイトルの真の意味とは?
カンヌ国際映画祭 のパルムドール(最高賞)を受賞した、大ヒット公開中の映画『パラサイト 半地下の家族』。そんな何残る映画を一度見たあなたにも、「なるほど」と思わせるような考察を用意しましたので、ぜひご覧ください。『パラサイト』 ...

「ソンス大橋崩落事故」は実話?

ソンス大橋は、ソウル市と江南区のあいだを流れる漢江にかけられた橋だ。

ソンス大橋崩落事故」は、実際に起こった事故で、死者32名、負傷者17名を出した。

通勤、通学時間帯に起こり、ウニの姉が巻き込まれたのではないかと、店に泣きながら電話をするシーンが描かれている。

姉は助かったが、思わぬ悲劇がウニを襲う…?

「ヨンジ先生」はどこに消えた?

ウニが退院すると、ヨンジ先生は塾を辞めてしまっていた。

荷物を取りに来る日にも会えず、どこかに消えてしまう。

ある日、手術前にヨンジ先生に貸した本が郵送で届く。

住所を頼りに会いにいくと、ウニを待ち構えていた衝撃の結末が待っていた……!

まとめ

金日成主席の死亡、ソンス大橋の大事故。

「はちどり」は、不穏な空気が漂う韓国を透明感のある映像で描ききった作品だ。

キム・ボラ監督は、1994年にウニと同じく中学生だった。監督の体験や心の動きも「はちどり」に大きく反映されているのだという。

渋谷のユーロスペースは満席。

現在もっとも注目されている映画「はちどり」は必見だ。