※本ページはプロモーションが含まれています

韓国ドラマ『私を愛したスパイ』相関図、あらすじ、キャストを調査!

韓国ドラマ『私を愛したスパイ』相関図、あらすじ、キャストを調査! 韓国ドラマ
©︎https://program.imbc.com/

2020年10月21日にKNTVで放送されたドラマ『私を愛したスパイについての解説です。

日本では、U-NEXTで独占配信されています。
元夫と今夫の二人のスパイに翻弄される危険な三角関係を描くシークレットラブコメディです。

ドラマの相関図、あらすじ、キャスト、ネット上の感想について調査してみました。

私を愛したスパイ
独占見放題配信中!
↓ 日本語字幕動画を今すぐチェック ↓

>> U-NEXTで作品をチェック

『私を愛したスパイ』あらすじ

ドレスデザイナーのアルムは、ウェディングドレスの商談に訪れた先で事件に巻き込まれてしまいます。
そこで、旅行作家のジフンに出会い二人は結婚をします。

結婚後、ジフンの秘密だらけの結婚生活に嫌気がさして、1年半でスピード離婚をします。

それから5年後、アルムの親友のソフィーのドレスを納品するために訪れた先でジフンと再会を果たします。
しかし、アルムは外交官のデリックと再婚をしていました。

そんなある日、なんと親友のソフィーが何者かに殺害をされたのです。
アルムはソフィーに近い存在として護衛が付きます。
その護衛として就いたのがジフンだったのです。
ジフンはインターポールの凄腕スパイで、アルムを守るために別れを告げたのでした。
アルムがジフンと会っているのを知り、警戒をするデリック。

実は、デリックはジフンと敵対するスパイ組織のヘルメスの一員だったのです。
二人のスパイの恋の行方と事件の真相は一体何なのでしょうか。

『私を愛したスパイ』相関図

『私を愛したスパイ』相関図

©︎Twitter@FtGtKD

ドラマ『私を愛したスパイ』の相関図についてみていきましょう。

『私を愛したスパイ』のキャスト

ドラマ『私を愛したスパイ』のキャストについてみていきましょう。

カン・アルム役 ユ・インナ

カン・アルム役 ユ・インナ

©︎https://www.vogue.co.kr/

アルムを演じるのは、女優のユ・インナです。

2009年頃から芸能界入りを果たし、ドラマ「明日に向かってハイキック」で女優デビューをしました。

2011年に放送されたドラマ「最高の愛」で百想芸術大賞で新人演技賞を受賞しました。

代表作としては2013年に放送されたドラマ「星から来たあなた」や2016年に放送されたドラマ「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」などを挙げることができます。

チョン・ジフン役 エリック

チョン・ジフン役 エリック

©︎http://www.sisaweek.com/

ジフンを演じるのは、アイドルグループ『神話』のメンバーのエリックです。

1998年にアイドルグループ『神話』のメンバーとして芸能界入りをします。
リーダーとしてメンバーをけん引しています。

俳優としては、2003年に放送の『僕は走る』でデビューを果たしました。
その後、2004年に放送の『火の鳥』では初主演を務めます。

代表作としては、2008年に放送の『必殺! 最強チル』や2016年に放送の『また!?オ・ヘヨン 〜僕が愛した未来〜』などが挙げられます。

デリック・ヒョン役 イム・ジュファン

デリック・ヒョン役 イム・ジュファン

©︎https://m.newsen.com/

デリックを演じるのは、俳優のイム・ジュファンです。

2004年に放送の『マジック』で俳優デビューを果たしました。
その後、2009年には『花より男子〜Boys Over Flowers』に出演をして注目を集めます。

ブレイクのきっかけは、2013年に放送の『おバカちゃん注意報』に出演をしたことでした。

代表作としては、2015年に放送の『ああ、私の幽霊さま』や2017年に放送の『ハベクの新婦』などが挙げられます。

ソフィー役 ユン・ソヒ

ソフィー役 ユン・ソヒ

©︎https://www.hellokpop.com/

ソフィーを演じるのは、女優のユン・ソヒです。

2013年に放送の『ゴハン行こうよ』で女優デビューを果たしました。

ブレイクのきっかけは、2016年に放送のウェブドラマ『ラブ・コントロール~恋すると死んでしまう彼女ボンスン~』に出演をしたことでした。

代表作としては、2018年に放送の『魔女の愛~チョホンは恋愛中~』や2021年に放送の『ペン』などが挙げられます。

ピーター役 チョン・スンビン

ピーター役 チョン・スンビン

©︎https://www.hani.co.kr/

ピーターを演じるのは、俳優のチョン・スンビンです。

2006年に舞台俳優として芸能界入りをします。

2009年に放送の『千秋太后』でテレビドラマデビューをしました。
その後、2012年に放送の『大王の夢』や2014年に放送の『一途なタンポポちゃん』などの人気ドラマに出演を果たして頭角を現します。

代表作としては、2019年に放送の『悪い愛』や2021年に放送の『紳士とお嬢さん』などが挙げられます。

『私を愛したスパイ』の注目ポイント

ドラマ『私を愛したスパイ』の注目ポイントやネット上の感想についてみていきましょう。

元夫も再婚相手もスパイ

元夫も再婚相手もスパイ

©︎https://program.imbc.com/

ドラマ『私を愛したスパイ』の見どころは、元夫も再婚相手もどちらもスパイという点です。

性格は正反対の二人の掛け合いにも注目できます。
二人の夫のやり取りがコメディタッチで描かれている点も見やすいと言えます。

言葉足らずで不器用な性格の元夫のジフンと愛妻家のデリック。
アルムのことを愛しているから別れを選んだ元夫のジフンと、そういう生き方しかできない今夫のデリックのどちらにも感情移入ができ切ない気持ちになります。

またネット上では、元夫派と今夫派に分かれていました。
自分だったらどっちの夫がタイプなのか考えながら観るとより面白いですよ。

『私を愛したスパイ』ラストが微妙?

ドラマ『私を愛したスパイ』のラストに関して賛否両論が挙がっていました。
それは「ラストを駆け足でまとめた感がある」からです。

詳しく書くとネタバレになりますが、アルムが元夫のジフンか今夫のデリックの間で揺れています。

アルムの感情の動きを丁寧に描いておれば、ラストの結末に対しても納得がいきますが、「これでいいんでしょ?」と言わんばかりのはめ込み感があり、少し雑な印象を受けます。

スパイ風のラブコメディ

設定はスパイですが、007のような本格的なスパイではなく、公務員的で詐欺師的なスパイのため親近感を沸きます。
スパイを彷彿をさせるOSTもドラマの雰囲気に合っていてより、ドラマに引き込まれます。

ただのラブコメディではなく、アルムの親友であるソフィーの死が起きることでサスペンス要素も加わりさらに作品に深みを増してくれています。
ただ、スパイ設定にしているためアクションシーンをもう少し取り入れれるとさらに刺激的だと感じました。

007が好きなスタッフが韓国風にアレンジしたスパイ風のラブコメディ作品としておすすめです。

ネット上の感想

ネット上の感想についてみていきましょう。

内容はもちろんのこと、アルムを演じたユ・インナが美しいと高評価を得ていました。

まとめ

2020年10月21日にKNTVで放送されたドラマ『私を愛したスパイ』のあらすじ、キャストについて調査してみました。

日本ではU-NEXTで独占配信されています。
ユ・インナ演じるドレスデザイナーのアルムが元夫のジフンと今夫のデリックの二人のスパイの危険な三角関係を描いたシークレットラブコメディです。

二人の元夫と今夫のやり取りがコメディタッチで面白く、物語の途中からアルムの親友であるソフィーの死が起きることでサスペンス要素も加わりさらに作品に深みを増してくれています。

007が好きなスタッフが韓国風にアレンジしたスパイ風のラブコメディ作品としておすすめです。
また、アルムを演じたユ・インナの美しさにも注目できますよ!

私を愛したスパイ
独占見放題配信中!
↓ 日本語字幕動画を今すぐチェック ↓

>> U-NEXTで作品をチェック

この記事を書いた人

映画・ゲーム・食べることが好き。
お風呂と小動物が癒し。

にほんブログ村 映画ブログへ
韓国ドラマ
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /