映画『キングスマン』怪人ラスプーチンは誰!?あらすじ、キャストを調査

映画『キングスマン』怪人ラスプーチンは誰!?あらすじ、キャストを調査洋画
https://www.avclub.com/

2021年12月24日に公開のキングスマン:ファースト・エージェントについての解説です。

今作は、キングスマンシリーズの三作目で、キングスマンの前日譚として描かれています。
実在する怪人のラスプーチンがはまり役だと話題を呼んでいました。
ラスプーチンの人物像やあらすじ、キャストについて調査してみました。

『キングスマン』あらすじ

1914年。
第一次世界大戦を操る謎の狂団に、英国貴族のオックスフォード公と息子のコンラッドが立ち向かいます。

世界大戦を終結することはできるのでしょうか。
また、アメリカが長く参戦をしなかった驚くべき秘密は一体何なのでしょうか。

キングスマンの誕生秘話が明かされます!

『キングスマン:ファースト・エージェント』の監督・キャスト

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』の監督・キャストについてみていきましょう。

監督:マシュー・ボーン

監督はマシュー・ボーンが務めています。

2004年に映画『レイヤー・ケーキ』で監督デビューをします。

その後、2011年に公開の『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』で注目を集めます。
2014年に公開の『X-MEN:フューチャー&パスト』でも製作と原案を担当しました。

2015年から『キングスマン』の監督を務めています。

オックスフォード公役 レイフ・ファインズ

オックスフォード公を演じるのは、俳優のレイフ・ファインズです。

1985年に芸能界入りを果たします。

1993年に公開の『シンドラーのリスト』でアカデミー助演男優賞にノミネートされ注目を集めました。

ブレイクのきっかけは、2007年に公開の『ハリーポッター』でヴォルデモートを演じたことでした。

代表作としては、2012年に公開の『007』シリーズや2014年に公開の『グランド・ブダペスト・ホテル』などを挙げることができます。

コンラッド役 ハリス・ディキンソン

コンラッドを演じるのは、俳優のハリス・ディキンソンです。

2013年に芸能界入りを果たします。
同年に公開の短編映画『Who Cares』で俳優デビューをしました。

ブレイクのきっかけは、2019年に公開の『マレフィセント2』でフィリップ王子役を務めたことでした。

代表作としては、2018年に放送の『TRUST/トラスト ゲティ家のスキャンダル』や2019年に公開の『マティアス&マキシム』などを挙げることができます。

ショーラ役 ジャイモン・フンスー

ショーラを演じるには、俳優のジャイモン・フンスーです。

1986年に芸能界入りを果たします。

1990年に公開の『Without You I’m Nothing』で俳優デビューをします。
ブレイクのきっかけは、1997年に公開の『アミスタッド』に出演をしたことでした。この映画でゴールデングローブ賞にノミネートされました。

代表作としては、2014年に公開の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』や2015年に公開の『ワイルド・スピード SKY MISSION』などを挙げることができます。

ポリー役 ジェマ・アータートン

ポリーを演じるのは、女優のジェマ・アータートンです。

2007年に映画『Capturing Mary』で女優デビューをしました。

ブレイクのきっかけは、2008年に公開の『007 慰めの報酬』でボンドガールを演じたことでした。

代表作としては、2010年に公開の『タイタンの戦い』や2012年に公開の『ヘンゼル & グレーテル』などを挙げることができます。

ラスプーチン役 リス・エヴァンス

ラスプーチンを演じるのは、俳優デビューのリス・エヴァンスです。

1991年に芸能界入りを果たします。

1996年に公開の『August』で俳優デビューをしました。
2013年に放送のドラマ『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』に出演をして注目を集めました。

代表作としては、2007年に公開の『ハンニバル・ライジング』や2012年に公開の『アメイジング・スパイダーマン』などを挙げることができます。

『キングスマン:ファースト・エージェント』の注目ポイント

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』の注目ポイントやネット上の評価についてみていきましょう。

キングスマンとは

老舗高級テーラーの裏の顔は、どの国にも属さない秘密機関『キングスマン』でした。
主人公のエグジーは、かつて父が所属していた当時の親友のハリーに誘われ英国紳士スパイになります。
1作目の『キングスマン』は不良だった主人公のエグジーはいかに英国紳士スパイになるかを描いています。

2作目の『キングスマン:ゴールデン・サークル』は、英国紳士スパイになったエグジーのミッションを描いています。
英国紳士「キングスマン」に対抗したアメリカのスパイ組織「ステイツマン」が登場しています。
キングスマンは007を彷彿をさせる「防弾傘」「香水爆弾」などが登場しますが、「ステイツマン」はアメリカをイメージした「カウボーイ」や野球手榴弾などが登場します。

今作『キングスマン:ファースト・エージェント』では、いかにキングスマンが結成されたのかが描かれています。

今作は、キングスマンの誕生秘話のためこれまでのシリーズを知らない人でも楽しめる作品です。

歴史フィクション

舞台は第一次世界大戦の直後です。
主人公は、国王の手下で貴族のオックスフォード公と息子のコンラッドです。
現実に起きた第一次世界大戦を舞台にして、戦争の裏で操る悪の組織がいたという歴史フィクションも斬新といえます。

監督のマシュー・ヴォーンは、2011年に公開の『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』でも実際に起こったキューバ危機を舞台にした歴史フィクション作品を製作していました。
『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』でもX-MENが誕生する前日譚として描かれています。

第一次世界大戦のおさらい

映画をさらに楽しむには、第一次世界大戦前後の歴史を知っておくとより分かりやすいです。

第一次世界大戦の発端は、オーストラリアの皇太子夫妻が1914年にサラエボを訪れた時に暗殺をされました。
これが「サラエボ事件」です。

実行犯は、セルビア人青年のプリンツィプという人物です。
サラエボ事件が起こりハンガリー帝国はセルビア王国に宣戦布告して、オーストラリア側にドイツとオスマン帝国がつきます。
一方、セルビア側にはロシア、イギリス、フランスがつきます。

戦争の終結のきっかけはアメリカのウィルソン大統領は中立の立場でしたが1917年にドイツに宣戦布告をして参戦します。
これが決定打となり戦争は終わりました。

映画では、第一次世界大戦の火種を作った闇の狂団とキングスマンが戦うという設定です。
このように第一次世界大戦の大筋を知っておくと映画をさらに楽しめますよ!

実在する人物を再現

第一次世界大戦で実在した連合国であるイギリス、フランス、ロシアのそれぞれの国王はいとこ同士だったのです。
そのため映画では、トム・ホランダが一人三役を演じているのです。

また、グリゴリー・ラスプーチンは帝政ロシアの末期に皇帝に関わった怪人物です。
彼にはたくさんの寓話があります。
ラスプーチンは、修道院になり皇帝から信頼を得ると、貴婦人や貴族の娘らと次々と関係をもち強い性欲の持ち主として有名になります。
さらには、ラスプーチンを暗殺しようと青酸カリが混入された食べ物を食べても生きており、暗殺者から銃弾を撃たれてもまだ生きていたと言われています。

そんな怪人を演じたリス・エヴァンスの完全再現が凄いです。

 

アクションシーンも見応えがあり、怪人ラスプーチンを完全に再現していると言えます!

ネット上の評価

ネット上の評価についてみていきましょう。

歴史の大まかな流れを知っておくと一段とキングスマンの世界観を楽しめますよ!

まとめ

2021年12月24日に公開の『キングスマン:ファースト・エージェント』のあらすじ、キャストについて調査してみました。

今作は、キングスマンシリーズの三作目で、キングスマンの前日譚で第一次世界大戦の前後を舞台にした歴史フィクション映画となっています。

第一次世界大戦に実在する怪人のラスプーチンを演じるリス・エヴァンスの怪演にも注目できます。
映画を観る前に世界大戦の背景を知っておくとさらに楽しめますよ!

この記事を書いた人

映画・ゲーム・食べることが好き。
お風呂と小動物が癒し。

にほんブログ村 映画ブログへ
洋画
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
[ad]
Cinema Gossip