『名も無き世界のエンドロール』ラスト20分ですべてが変わる?切なすぎる伏線一部紹介

映画『名も無き世界のエンドロール』邦画

2021年1月29日に公開された映画「名も無き世界のエンドロール」が切ない過ぎるサスペンス・エンタテインメント映画として話題を呼んでいました。

予告でも「ラスト20分ですべてが変わる」と言われていましたが、劇中に張り巡らされた伏線はどのようなものがあるのでしょうか?
また、あらすじキャスト原作主題歌についても徹底追及していきたいと思います。

>> 映画『名も無き世界のエンドロール』を見た人はdTVオリジナルドラマをチェック

Re:名も無き世界のエンドロール オリジナルドラマ

出典元:dTV

あらすじ

ドッキリを仕掛けることが大好きなマコトといつもドッキリを仕掛けられているキダは、幼馴染で親友でした。
ある日転校生のヨッチが加わり、3人はいつも一緒にいて家族同然の存在だったのです。

20歳になったキダとマコトは、自動車修理工場に勤務をします。
そこへ、大物政治家の娘であるリサが車の修理を依頼してきました。
マコトは、リサを食事に誘いますが相手にされません。キダは「住む世界が違うからやめとけ」と説得しますが、その日を境にマコトは姿を消すのです。

2年後、キダも自動車修理工場を辞め、裏社会の「交渉屋」として生活をしていました。
そこへマコトからある依頼がくるのです。
再会をしたマコトは、会社経営者になりリサと交際をしていたのです。

マコトは、キダに「プロポーズ大作戦」をクリスマス・イブに決行しようとしているので協力をして欲しいと頼みます。
しかし、それは二人が計画をしたとんでもない「サプライズ」だったのです。
果たして、マコトは「プロポーズ大作戦」は成功をするのでしょうか。

原作は?

この映画の原作は、2012年に「名も無き世界のエンドロール」で第25回小説すばる新人賞を受賞した小説家・行成薫がもとになっています。

代表作品としては、「バイバイ・バディ」「ヒーローの選択」「ストロング・スタイル」などを挙げることができます。

『名も無き世界のエンドロール』の主題歌は?

主題歌を担当しているのは、シンガーソングライターの須田景凪の「ゆるる」です。

生年月日は、1993年1月20日で年齢は(2021年現在)29歳です。
2013年からボカロP「バルーン」としてアーティスト活動を開始しました。
2016年には「シャルル」で大ブレイクをしました。

2017年には、須田景凪として活動を開始をし、若者を中心に人気を集めています。

「ゆるる」は映画の世界観を表現をしており、リンクしていますね。

『名も無き世界のエンドロール』のキャスト

ここで、映画「名も無き世界のエンドロール」のキャストについてみていきましょう。

キダ役 岩田剛典

キダ役 岩田剛典

幼いころに両親が離婚をして、同じ境遇のマコトとヨッチを家族同然のように思っています。
マコトが突然失踪したことで、「交渉屋」という仕事をし裏社会に通じて、マコトを追っていました。

学生時代は、いつもマコトのドッキリに掛かっていました。

キダを演じるのは、俳優で三代目 J SOUL BROTHERSのメンバーである岩田剛典です。

生年月日は、1989年3月6日で年齢は(2021年現在)32歳です。
出身は、愛知県で血液型は、B型です。
学歴は、慶應義塾大学法学部を卒業しています。

2010年に三代目J Soul Brothersのメンバーとしてデビューをしました。
2016年に公開された映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」で俳優デビューをしました。
代表作品としては、2016年、2017年「HiGH&LOW」や2020年に公開された映画「AI崩壊」などを挙げることができます。

マコト役 新田真剣佑

マコト役 新田真剣佑

キダと幼馴染で、学生時代からドッキリを仕掛けるのが大好きなお調子者です。
リサに相手にされなかったことで、死に物狂いで成り上がり会社経営をして成功をさせました。
「プロポーズ大作戦」と題して、ある計画を実行しようと試みたのです。

マコトを演じるのは、俳優の新田真剣佑です。

生年月日は、1996年11月16日で年齢は(2021年現在)25歳です。
出身は、アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルスです。
身長は、176㎝でB型です。

父親は、千葉真一、弟は眞栄田郷敦と芸能界一家の長男として生まれました。
2014年頃から日本での芸能活動を開始して、2017年に公開された映画「ちはやふる」で大ブレイクを果たしました。
「ちはやふる」では、第40回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞をするなど高い演技力が評価をされていますね。

ヨッチ役 山田杏奈

ヨッチ役 山田杏奈

キダとマコトと家族同然の仲だったヨッチは、転校前の学校でいじめを受けていました。
そのため、引っ込み思案でしたがキダとマコトの存在で生きる気力を見出したのです。

ヨッチを演じるのは、女優の山田杏奈です。

生年月日は、2001年1月8日で年齢は(2021年現在)21歳です。
出身は、埼玉県で身長は159㎝と小柄ですね。
血液型は、A型です。

芸能界入りのきっかけは、2011年に「ちゃおガール☆2011オーディション」にグランプリを受賞したことでした。
2013年に放送をされたドラマ「刑事のまなざし」で女優デビューを果たしました。

2018年に公開された映画「ミスミソウ」で初主演を演じ壮絶ないじめを受ける生徒役を熱演して話題を呼びましたね。
その後も、テレビドラマ、映画、CMと引っ張りだこの若手女優と言えます。

リサ役 中村アン

リサ役 中村アン

大物政治家の娘で、自己中心的で自惚れの性格です。
モデルとして活動をしており、マコトと交際をしています。

リサを演じたのは、女優の中村アンです。

生年月日は、1987年9月17日で年齢は(2021年現在)34歳です。
出身は、東京都で血液型は、AB型です。
身長は、161㎝です。

2009年頃から芸能活動を開始し、2015年に放送をされたドラマ「ほんとにあった怖い話」で女優デビューを果たしました。
その後は、タレントとしても活動をしバラエティー番組にも引っ張りだことなっています。

リサの父親・安藤役 石丸謙二郎

リサの父親・安藤役 石丸謙二郎

リサの父親で大物政治家を演じるのは、石丸謙二郎です。

生年月日は、1953年11月1日で年齢は(2021年現在)68歳です。
出身は、大分県で身長は173㎝です。
血液型は、A型です。

1977年に舞台「いつも心に太陽を」で俳優デビューを果たしました。
その後は、「世界の車窓から」のナレーションを務めています。

ドラマや映画にも数多く出演をしており、大物俳優と言えますね。

宮澤社長役 大友康平

宮澤社長役 大友康平

キダとマコトが勤務していた自動車修理工場の社長の宮澤を演じるのは、俳優で「HOUND DOG」のボーカルの大友康平です。

生年月日は、1956年1月1日で年齢は(2021年現在)66歳です。
出身は、宮城県で身長は170㎝です。
血液型は、A型です。

1976年に「HOUND DOG」を結成し、長年ロック界をけん引しています。
俳優としては、1990年に公開された映画「ゴールドラッシュ」で俳優デビューを果たしました。

映画では、キダが裏社会に入るきっかけを作った人物です。

川畑役 柄本明

キダが裏社会に入った際に、「交渉屋」の仕事を手ほどきをした人物です。
言葉使いはとても穏やかですが、放たれるオーラは恐ろしいですね。

川畑を演じるのは、俳優の柄本明です。

生年月日は、1948年11月3日で年齢は(2021年現在)73歳です。
出身は、東京都で身長は175㎝です。
血液型は、B型です。

1976年に劇団「劇団東京乾電池」を結成し芸能界入りをしました。
1998年に公開された映画「カンゾー先生」で第22回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞し注目を集めます。
代表作品としては、2003年に公開された映画「座頭市」2018年に公開された映画「万引き家族」などを挙げることができます。

息子には、俳優の柄本時生、柄本佑がいます。

『名も無き世界のエンドロール』の注目ポイント・見どころ

映画「名も無き世界のエンドロール」の注目ポイント・見どころはどういったところなのでしょうか。
またネット上の感想についても探っていきたいと思います。

劇中の伏線の一部を紹介!

この映画には、数多くの 伏線が張り巡らされています。
ここで、その一部をご紹介します。

・コーラ…劇中では、度々コーラが登場します。コーラはキダとマコトとヨッチの中でのエピソードと深い関係があります。
・手品…マコトは、リサと初めて出会った時も、「プロポーズ大作戦」の時も華麗な手品を披露しています。なぜ手品にこだわるのでしょうか。
・ナポリタン…マコトは経営者として成功をした後もコンビニのナポリタンを食べています。なぜ、ナポリタンが好きなのでしょうか。
・犬…リサが車で轢いてしまったという犬。
・花火…マコトが計画するリサへの「プロポーズ大作戦」と花火が深い関係があるのです。
・ヨッチの怖いもの…ヨッチは転校前の学校でいじめを受けていたこともあり、一番怖いのは「自分の存在が消されてしまうこと」だと言います。

これらの伏線に注意しながら映画を観るとより、面白いと言えますね。

ネット上の感想

ネット上の感想についてもみていきましょう。

ラストのどんでん返しに驚くファンが続出をしていました。

まとめ

2021年1月29日に公開された映画「名も無き世界のエンドロール」が切なすぎるサスペンス・エンターテインメントと話題を呼んでいました。

映画の原作は、2012年に出版された行成薫の「名も無き世界のエンドロール」がもとになっています。

主題歌は、シンガーソングライターの須田景凪の「ゆるる」です。

この映画では、数多くの伏線が張り巡らされておりそれらに注意を払うことでラスト20分に起こる伏線回収で騙されますよ。Re:名も無き世界のエンドロール オリジナルドラマ

©️行政薫 / 集英社  
©️映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会