幼い少女から逃げられない『エスター』前日譚を描く続編はいつ公開?タイトルは?

幼い少女から逃げられない『エスター』前日譚を描く続編はいつ公開?タイトルは?洋画
出典元:U-NEXT

ホラー映画でおすすめを聞かれると、必ず紹介するのが「エスター」
どこか気味の悪い少女の周りで繰り広げられる、家族の不幸の始まりに、鳥肌が立ちまくり!

特に男性よりも、女性の方が、この映画を怖く感じるのではないでしょうか。
エスターのもつ秘密と、実話があるというから驚き…!
ホラー映画に分類されているけど、見終わった後「これはサイコパス映画だな…」って思うかも。

また2020年には、本作のエスタ―のそれまでを描いた前日譚が製作開始!と発表も。
果たしてエスターはケイトの家に来るまで、どんな生活を送ってきたのか、今から楽しみです!

配信サービス『エスター』配信状況初回無料期間と月額
U-NEXT

見放題
字幕・吹替

31日間無料
2,189円
600P付与
視聴する >

『エスタ―』あらすじ

第三子を死産してしまったケイトは、悲しみのあまり、何度も悪夢を見てしまい、見かねた夫のジョンが養子を設けることを提案します。
孤児院で出会った少女・エスターに心奪われた2人は、3人目の子供としてエスターを迎え入れることにしました。
しかし、9歳のエスターは、歯医者に行くことを極端に嫌い、お風呂にはかならず鍵をかけ、どこか怪しい雰囲気を少しずつ見せはじめます。
エスターを取り巻く家族たちに、少しずつ忍び寄る不穏な空気
果たしてエスターは何者なのか。
そして、エスターの抱える過去と秘密とは。

『エスター』キャスト

今回は不気味な少女エスターと、彼女に翻弄されるケイトをご紹介します。
続編でも、エスター役の少女は、特殊メイクを駆使して、続投するそうですよ。

エスター役 イザベル・ファーマン

エスター役 イザベル・ファーマン

https://www.slashfilm.com/

1997年2月25日 / アメリカ出身

7歳で、子供向けテレビ番組カートゥーン・ネットワークに出演すると、ドラマ『ゴースト~天国からのささやき』で知名度を上げる。
翌年に本作に出演すると、その不気味な少女役が話題となる。
本作での役の印象が強く、その後『ハンガー・ゲーム』に出演時にも、残忍な手口で殺人をする役を演じた。

代表作『エスター』『ハンガー・ゲーム』

ケイト役 ヴェラ・ファーミガ

ケイト役 ヴェラ・ファーミガ

https://vocal.media/

1973年8月6日 / アメリカ出身

大学で演劇を学んだことがきっかけで、『テイキング・サイド』の代役でブロードウェイデビュー。
その後は舞台で活躍していたが、2006年に公開された『ディパーテッド』のヒロイン役を勝ち取ると、映画に出演するようになる。
『マイレージ、マイライフ』では、アカデミー助演女優賞にノミネートされるなど、演技力が評価される女優のひとり。

代表作『ディパーテッド』『ミッション:8ミニッツ』『マイレージ、マイライフ』

本作では、3人目の子供を流産した、元アルコール依存の母を演じている。
その後エスターの不気味さを肌で感じ、夫に訴えかけるも理解してもらえない妻を演じた。

エスターの続編はいつ公開?邦題は?

2020年に、エスターの続編が製作されることが発表されました!
ストーリーは、エスターがケイトの家を訪れるまでの物語。
エスターはケイトの家に来るまで、養護施設を挟み、本当は精神病棟にいたとされています。

1作目のタイトルはもともと「Orphan(孤児)」でしたが、邦題で「エスター」となりました。
しかし今回発表された、続編(前日譚)は「Orphan: First Kill」になることが発表されました。

日本で公開されるときは、再び「エスター」というタイトルを使い、「エスター ファーストキル」にするのでしょうか?
でもそうすると、なんか陳腐なタイトルになった感じがしますね…。
「エスター はじめての殺人」…?
ありきたりすぎて面白くないですね…。

日本ではすでに「エスター」というタイトルで知られているので、邦題としても、「エスター」という言葉は必ずいれてくると思います。

それにしても、日本で公開されるときに、センスがないタイトルになってしまうのはやめてほしいです…。

そして、撮影自体は2020年12月にすべて終了しているそう。
ここから編集作業などもありますが、エスター役を演じたイザベルは、今回CGなどはあまり使わず、メイクや遠近法を使って、幼く見えるように撮影したそうです。

そのため、編集作業自体にCGなど時間のかかりそうな作業は、あまり多くはないでしょう。
予告などまだ公開されていないところを見ると、2022年に公開になりそうですね。

『エスター』まとめ

この映画、もちろんエスターの不気味さもあって、ホラー映画なんですが、それ以上に、エスターの不気味さに気がつかない夫・ジョンもホラーなんですよね。

話を聞こうとしなかったり、「養子だからケイトは可愛がれない」と思っているジョンの受け止め方にも、鳥肌〜!
なので、異性と一緒に見てみると、怖さを感じる部分が異なって、見終わった後に話がはずむのでオススメです。
それにしても、このエスターのポスター、不気味さが伝わってきて、一生忘れられないパッケージですよね。