邦画サスペンスの傑作!『見えない目撃者』R指定の理由は?

邦画サスペンスの傑作!『見えない目撃者』R指定の理由は?邦画
Twitter@mmokugekisha

韓国映画のリメイクながら、出来栄えの良さで、「邦画リメイクのなかでも大成功では?」という声も名高い『見えない目撃者』

主演の吉岡里穂さんは、視覚障害のある元警察官という難しい役どころを演じ、今までにない表情を見せたことで、彼女の演技力の高さにも注目が集まった作品です。

ストーリーもテンポよく、スリリングな展開で、手に汗握る映画となっています。
視覚以外の感覚を研ぎ澄ませて、真実に近づいていく様子に、目が離せなくなる作品です!

『見えない目撃者』あらすじ


警察学校を卒業した夜、交通事故にあってしまい、弟を亡くし、自身も失明してしまったなつめ。
ある日、盲導犬と共に夜道を歩いていると、車との接触事件が起きる。

その時、車の中から、女性の声が聞こえたなつめは、到着した警察官にそのことを伝えるが、視覚障害があることを理由に、まともに取り扱ってもらえない。

しかし、その事件、もう一人の目撃者・スケボーに乗っていた春馬がいた。
彼は接触事件には気が付いたものの、女性が乗っていたことには気が付かなかった。
なつめは、洞察力と推理力で、春馬を探し出すと、自分の目となり犯行車両を見つけ出す手伝いをしてほしい、と頼む。

事件を追うにつれ、それは女子高生連続猟奇事件の始まりだったことに、なつめたちは気が付いた。
果たして2人は、猟奇殺人犯を見つけ出し、女の子たちを助け出すことが出来るのか?

『見えない目撃者』キャスト

今回は視覚障害を持つ主人公と、彼女と共に事件を追うことになった少年をご紹介します。

なつめ / 吉岡里帆

 

この投稿をInstagramで見る

 

吉岡里帆(@riho_yoshioka)がシェアした投稿

1993年1月15日 / 京都府出身

高校時代にエキストラとして映画「天地明察」に出演したのをきっかけに、芸能界入りを目的とし、俳優養成所に通い始める。
養成所に通うも、大勢の中に埋もれてしまう、という危機感を持ち、事務所の社長に直談判し、事務所に所属。
オーディションをするもなかなか芽が出なかったところに、グラビアの仕事が舞い込み、グラビアアイドルとして人気となる。
それをきっかけに映画やドラマに呼んでもらうこともふえ、連続テレビ小説「あさが来た」でヒロインの親友役を獲得。
さらに「ゆとりですがなにか」「カルテット」など人気作品に続々と出演。
女優として着実に1歩ずつ力をつけているひとりである。

代表作「レンアイ漫画家」「カルテット」「あさが来る」

本作では視覚障害を持つ、事件の目撃者という難しい役柄を演じた。

春馬 / 高杉 真宙

1996年7月4日 / 福岡県出身

地元で行われた花火大会で、スカウトされたのがきっかけで芸能界に入る。
しかしその時は、女の子に間違えられてスカウトされていた。
舞台俳優を経て、映画に出演し、2013年に「仮面ライダー鎧武」で仮面ライダー役を務める。
毎年立て続けに映画やドラマに出演しており、「ぼんとリンちゃん」ではヨコハマ映画祭最優秀新人賞、「散歩する侵略者」で毎日映画コンクール新人賞など、実力も認められる次世代を担う俳優のひとり。

代表作「仮面ライダー鎧武」「セトウツミ」「ホメられたい僕の妄想ごはん」「カルテット!」

本作では事故現場に居合せ、その後、なつめの相棒として、事件の解決を手助けする少年を演じた。

『見えない目撃者』なんでR15なの?グロい?

本作はR15指定がついており、原作が韓国映画ということもあり、バイオレンスシーンが強烈なのか?エロいシーンがあるのか?と噂されています。
女性が行方不明になる話から始まりますが、エロいシーンはなく、グロ寄りです。

とはいっても、うまく隠されている部分が多いので、直接的な物は映りません。
切断中の動きや、切り取られた部分などの写真はあり、生々しい表現があります。
その場面にはもちろん、血も付着していたりするので、15歳以下はもちろん、グロいのが苦手な方にはオススメしません。

ですが、それらのグロいシーンを含めても、原作を忠実に再現しており、リメイク作品としてはもちろん、邦画としても非常に完成度が高い作品です。

『見えない目撃者』まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

吉岡里帆(@riho_yoshioka)がシェアした投稿

当初あまり期待していなかったんですが、レビュー評価が高かったので見てみたら、大当たり!
間延びしない展開と、ハラハラする場面の絶妙なカメラワーク、そして主人公が視覚障害があるという設定が、より見ている側を引き込みます。

猟奇殺人犯に立ち向かうなつめと春馬のコンビ、2人ともに芯の強さを感じられて、手に汗握る展開になっていますよ。
邦画のサスペンス系に、あまり期待をしていない、という人にもぜひオススメ。

どんぎつねさんのイメージだった吉岡さんが、がらっとイメージの変わった作品でもあります。
最近だとラブコメドラマに出ていたりしましたが、またぜひこういった作風の作品に挑戦してほしいです!