映画『流浪の月』横浜流星の魂の演技!あらすじ、キャスト、感想を調査

映画『流浪の月』横浜流星の魂の演技!あらすじ、キャスト、感想を調査洋画
©︎Twitter@rurounotsuki

2022年5月13日に公開の流浪の月についての解説です。

主演は広瀬すず松坂桃李のW主演です。
孤独な青年・文が少女・更紗と2か月間の共同生活をしたことで世間からは女児誘拐事件として処理されます。15年後に偶然再会を果たした二人の運命を描いた作品です。

劇中で更紗の恋人役をした横浜流星の演技がすごいと話題を呼んでいました。

映画の横浜流星の役柄とあらすじ、キャスト、感想を調査してみました。

『流浪の月』あらすじ

9歳の更紗は、両親の離婚後に祖母の家に預けられ孤独な日々を過ごしていました。
ある日家に帰りたくない更紗は、公園で一人ブランコを漕いでいました。

その視線の先には、ベンチに座り一人で読書をしている謎の男と目が合います。
公園には更紗と謎の男が孤独に繋がっていきます。

謎の男・19歳のは一人雨に濡れていた更紗に傘を差し出し『家にくる?』と尋ね、更紗は文の家にいきます。

それから2か月間、文の家で暮らしていた更紗は幸せな日々を過ごしていました。

お互いに心が通じ合った二人でしたが、19歳の文は未成年者誘拐の犯人として逮捕されてしまいます。

それから15年後、大人になった更紗は偶然にも文と再会を果たします。
再会を果たしたことで二人の運命が大きく動き出したのです。

『流浪の月』の監督・キャスト

映画『流浪の月』の監督・キャストについてみていきましょう。

監督・脚本:李相日

監督と脚本を務めるのは、李相日です。

1999年に公開の『青〜chong〜』で監督デビューをしました。

その後、2006年に公開の『フラガール』で第80回キネマ旬報ベストテン・邦画第1位、第30回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞しました。

代表作としては、2010年に公開の『悪人』や2016年に公開の『怒り』などが挙げられます。

家内更紗役 広瀬すず


更紗を演じるのは、女優の広瀬すずです。

2012年に開催された『Seventeen』でグランプリを受賞して芸能入りをします。

その後、2013年に放送の『幽かな彼女』で女優デビューを果たしました。
同年には映画『謝罪の王様』でスクリーンデビューをします。

ブレイクのきっかけは、2016年に公開の『ちはやふる』に出演をしたことでした。
代表作としては、2017年に公開の『チア☆ダン』や2020年に公開の『一度死んでみた』などが挙げられます。

佐伯文役 松坂桃李

 

この投稿をInstagramで見る

 

松坂桃李(@__tooooori)がシェアした投稿

文を演じるのは、松坂桃李です。

2008年に「チャレンジFBモデル2008オーディション」でグランプリを受賞して芸能界入りを果たします。
2009年にドラマ「侍戦隊シンケンジャー」で俳優デビューをします。

2011年には映画「アントキノイノチ」や「僕たちは世界を変えることができない。」に出演をして第85回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞、第33回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞して一躍有名になりました。

翌年には、NHKドラマ「梅ちゃん先生」や映画「ツナグ」に出演して、、第36回日本アカデミー賞の新人俳優賞など数多くの賞を受賞しました。
日本を代表する売れっ子俳優と言えますね。

中瀬亮役 横浜流星

亮を演じるのは、俳優の横浜流星です。

2009年にモデルとして芸能界入りをします。

2012年に放送の『仮面ライダーフォーゼ』で俳優デビューをしました。
ブレイクのきっかけは、2019年に放送のドラマ『初めて恋をした日に読む話』に出演をしたことでした。
このドラマで、東京ドラマアウォード2019助演男優賞や第100回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演男優賞などを受賞します。

代表作としては、2019年に放送の『あなたの番です -反撃編-』や2019年に公開の『チア男子!!』などを挙げることができます。

谷あゆみ役 多部未華子


あゆみを演じるのは、女優の多部未華子です。

2002年に芸能入りをします。

ブレイクのきっかけは、2003年に公開の『HINOKIO』に出演をしたことでした。
この映画で2005年の第48回ブルーリボン賞新人賞を受賞します。

その後、2009年に放送の『つばさ』で主演を務めます。
代表作としては、2015年に公開の『ピース オブ ケイク』や2020年に放送の『私の家政夫ナギサさん』などが挙げられます。

安西佳菜子役 趣里


佳菜子を演じるのは、女優の趣里です。

2011年に放送の『3年B組金八先生ファイナル〜「最後の贈る言葉」4時間SP』で女優デビューを果たしました。

ブレイクのきっかけは、2016年に放送の『とと姉ちゃん』に出演をしたことでした。

代表作としては、2018年に公開の『生きているだけで、愛。』や2021年に放送の『レッドアイズ 監視捜査班』などが挙げられます。

湯村役 三浦貴大

湯村を演じるのは、俳優の三浦貴大です。

父親は、俳優の三浦友和で母親は元歌手の山口百恵で、兄はシンガーソングライターの三浦祐太朗という芸能一家に生まれました。

2010年に公開された映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」で俳優デビューをします。
第34回日本アカデミー賞新人俳優賞と第35回報知映画賞新人賞を受賞をしました。

翌年には映画「学校をつくろう」で初主演を務めました。
2015年には大河ドラマ「花燃ゆ」に出演をしました。

『流浪の月』の注目ポイント

映画『流浪の月』の注目ポイントやネット上の感想についてみていきましょう。

心の傷を共有できる二人

映画『流浪の月』では、文と更紗の二人だけが共有できる世界観があります。
当時、19歳の文が未成年だった更紗を家に招いて共同生活をした理由は小児性愛やストックホルム症候群の愛とは別の次元の孤独な魂同士の共鳴といえます。

文を演じた松坂桃李は、少しでも文の孤独に寄り添うために実際の撮影現場にしばらく住んでいたそうです。
すると、更紗が落ち着くような雰囲気を醸し出すことに成功をしました。

すごい役作りですよね。

横浜流星の魂の演技

映画『流浪の月』の見どころのひとつとして、更紗の恋人の亮を演じた横浜流星の演技力が魅力的です。
亮は、更紗を『かわいそうな子』というレッテルを貼り守っていかなくてはいけないと責任感が強い人物です。

亮が暗闇の中でスマホの逆光に照らされている顔はゾッとします。
更紗を苦しめるDV男というクズ役を演じており、これまでのイケメンで爽やかな印象から一転して、演技に深みを帯びています。
これまで見たことがない横浜流星の凄みに注目できますよ。

撮影監督がすごい

映画『流浪の月』で撮影監督を務めるのは、『哭声』や『バーニング』『パラサイト~半地下の家族~』などで有名なホン・ギョンピョです。

監督の李相日の2016年に公開の『怒り』をポン・ジュノ監督が好きだったそうで、ポン・ジュノ経由で撮影監督として紹介をされたとか。

劇中にはアンティーク店やレトロなレストラン、古いアパートなど昭和の雰囲気があります。
そこだけ時代から取り残されており、文と更紗の二人だけの世界を表現しています。
また、ホン・ギョンピョは世界観を大切にするために証明は自然光を中心に撮影をしたそうですよ。

さらに、更紗は終始、笑顔が印象的です。
その笑顔は作り笑いで幸せからくる笑みではありません。
更紗の『私は、かわいそうな子じゃあないよ』と亮に言っています。

更紗は未成年者誘拐事件の被害者として15年間孤独に苦しみ、世間からは『かわいそうな子』というレッテルを貼られていました。

ホン・ギョンピョは、そんな更紗の孤独を上手く映像に投影をしており世界観に引き込まれますよ。

原作小説に忠実

映画『流浪の月』は第17回本屋大賞受賞した 凪良ゆうの作品同名小説が原作です。
小説を映画化するうえで、どうしても原作とは別の設定や脚色した演出になってしまいます。
しかし、映画『流浪の月』では原作を忠実に映像化されているのです。

原作ファンなら絶対に映像化してほしいイベントはほぼすべて映像化されています。
原作のキャラクター設定を忠実に再現しており、更紗や文が読書好きで更紗が幼少期に読んでいた「赤毛のアン」が劇中にも登場しています。

ただ、150分という限られた時間内で映像化しているため、話の繋がりが唐突に感じるときもあります。
そのため、登場人物の心情や背景を理解するうえで、原作小説を読んでいるとさらに映画の世界観に浸れますよ

ネット上の感想

心に残る名作と高い評価を得ていました。

『流浪の月』まとめ

2022年5月13日に公開の『流浪の月』のあらすじ、キャストについて調査してみました。

本作は孤独な青年・文が少女・更紗と2か月間の共同生活をしたことで世間からは女児誘拐事件として処理されます。15年後に偶然再会を果たした二人の運命を描いた作品で主演は広瀬すずと松坂桃李のW主演となっています。

劇中で更紗の恋人役をした横浜流星がDV男で狂気を感じる演技が話題を呼んでいました。
原作小説に忠実に映像化されています。
登場人物の心情や背景を理解するうえで、原作小説を読んでおくとさらに映画の世界観に浸れますよ。

ネット上では、心に残る名作と高い評価を得ていました。

この記事を書いた人

映画・ゲーム・食べることが好き。
お風呂と小動物が癒し。

にほんブログ村 映画ブログへ
洋画
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
Cinema Gossip