映画「MOTHER マザー」で長澤まさみが美脚を封印?あらすじとキャストを紹介

邦画

映画「MOTHER マザー」は、「まほろ駅前多田便利軒」「さよなら渓谷」などの作品で知られる「大森立嗣」監督による映画。

今回はあらすじとキャストのほか、ストーリーを元に映画「MOTHER マザー」を考察する。

映画「MOTHER マザー」のあらすじとキャストを紹介


映画「MOTHER マザー」は「コンフィデンスマンJP」「キングダム」に出演した長澤まさみ主演。

怪演が早くも話題となり、昔からのファンをざわつかせている。

ここでは、あらすじとキャストを紹介する。

あらすじ

なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか?

シングルマザーの秋子は、息子の周平とふたり暮らし。男にだらしなく、衝動的に行動してしまう厄介な性格の持ち主だ。そして、周平に対し異常なまでの執着を持っていた。

親に借りた金でゲームセンターで遊んでいると、ホストの遼と出会う。秋子は、周平をアパートに残したまま遼を追いかけて姿を消してしまった。

ある日、秋子はお腹に遼の子供を身篭ってしまう。それを知った遼は、秋子と周平を殴り姿を消した。

家族に絶縁され、社会に見放された秋子と周平は恐るべき計画を実行する……!

キャスト

長澤まさみのほか、新人で圧倒的な存在感を披露した「奥平大兼」ダメ男を演じた「阿部サダヲ」の演技も必見だ。

長澤まさみ(秋子)

金遣いが荒く、男にだらしないシングルマザー。

衝動的に行動し、行き当たりばったりの生活を送っている。

奥平大兼(周平)

母親の命令に忠実に従う息子。

学校に行ってはいないが、頭がいい。

心優しい性格。

阿部サダヲ(遼)

ホスト。秋子と恋人同士になり、妊娠させてしまう。

子供に会いに戻ってくるが、借金取りに追われ、再び姿を消す。

「長澤まさみ」の凄まじい役作りとは?

卑屈に曲がった猫背。

だらんとしたお腹。

演技も衝撃だったが、長澤まさみの役作りにおける「体型」にも注目してほしい。

映画は長澤まさみの水着シーンからはじまる。

しかし、そこに世の女性が憧れる美脚はない。

秋子の役作りから、演技に対するすさまじい気迫を感じる。

実際に起こった「祖父母殺害事件」

映画では、周平が秋子の祖父母を殺害するシーンが描かれている。

この「祖父母殺害事件」は、実際に起こった事件だ。

映画には、現代社会の闇と複雑化した家族の繋がりが描かれている。

原因は共依存?なぜ祖父母を殺害したのか

共依存とは、「親と子、または男と女が過剰に依存し合っている状態」をいう。

ラストシーンでは、殺人を犯してもなお母親をかばい続ける周平の姿が描かれた。

「共依存」という社会問題とも言える言葉にこの映画の真実がすべて詰まっている。

【厳選】長澤まさみの美脚を堪能できる映画を紹介

 

この投稿をInstagramで見る

 

長澤まさみ(@masami_nagasawa)がシェアした投稿


長澤まさみといえば、美しい美脚が魅力だ。

ここのコーナーでは、あの美脚を堪能できる作品を厳選して紹介する。

キングダム

大ヒット映画「キングダム」では、山の民の将軍「楊端和」を演じた。大胆な衣装で戦う様子はファン絶賛。「太ももがセクシー」と各メディアで話題になった。

海街diary

ベッドで裸で寝ている長澤まさみのシーンからはじまる映画。

自由奔放な正確な次女の設定のせいか、露出高めの服装が多い。

長澤まさみが食べた「コオロギラーメン」って何?

長澤まさみがフジテレビ「スカッとジャパン」で「コオロギラーメンが好き」と発言。

通販はもちろん、レストラン「ANTCICADA」では完全予約制でできたてのラーメンが食べられる。

まとめ

映画「Mother」は、俳優達に注目してほしい。

大女優として地位を確立した長澤まさみ。未経験にもかかわらず、圧倒的な存在感のある奥平大兼。

絶望的なストーリーでありながら、透き通るような純粋さを感じる映画だ。

©︎2020「MOTHER」製作委員会