「新解釈・三國志」のあらすじ、キャストは?笑える時代劇エンターテインメント!

「新解釈・三國志」のあらすじ、キャストは?笑える時代劇エンターテインメント!邦画
出典元;U-NEXT

2020年12月11日に公開された映画「新解釈・三國志」が笑って泣ける最高のエンターテインメントだと話題を呼んでいます。

メガホンを撮るのは、これまでさまざまコメディドラマを手掛ける福田雄一です。
これまでにない、新しい解釈の三國志のあらすじ、キャスト、ネット上の感想について調査してみました。

あらすじ

今から1800年前。
中華統一を巡り「魏・蜀・呉」が争っていました。
蜀の将軍である劉備が、中華統一、民の平和のために立ち上がります。

それを迎え撃つのは、曹操率いる魏軍。その数80万です。
対する蜀は3万

誰もが負け戦だと思っていた「赤壁の戦い」へと突入していくのです。

三國志は、誰もが知る物語です。
それゆえ、さまざまな諸説があります。
もしかすると、本作で描かれているリアルな人間味溢れる武将たちだったのかもしれません。

「新解釈・三國志」の監督・キャスト

映画「新解釈・三國志」の監督・キャストについてみていきましょう。

監督・脚本:福田雄一

監督・脚本は、福田雄一です。

放送作家として「笑っていいとも!」や「SMAP×SMAP」などを手掛けます。
2005年に放送されたドラマ「THE3名様」で監督を果たし、2009年に公開された映画「大洗にも星はふるなり」で映画監督デビューをしました。

代表作品としては、2017年に放送されたドラマ「勇者ヨシヒコシリーズ」や2018年に放送されたドラマ「今日から俺は!!」映画では2013年に公開された映画「HK変態仮面」2017年に公開された映画「銀魂」シリーズなどを挙げることができます。

本作でも、福田組が数多く出演をしています。

劉備役 大泉洋

劉備は、義兄弟の関羽と張飛と共に義勇軍を立ち上げた人物で恐れを知らず、人望が厚いとして知られていますが…
本作では、その真逆で戦い嫌いで小心者。さらに、戦いの前になると腹痛を訴えて仮病を使うというカリスマの欠片もない人物です。
しかし、酔うと勇猛果敢で手が付けられないほどの強さを発揮します。義兄弟の関羽や張飛からは酔った姿こそ「真の武士」だと言われています。

劉備を演じるのは、俳優の大泉洋です。

1995年に芸能界入りを果たし、2004年に本格的に東京へ進出をしました。
2005年に放送されたドラマ「救命病棟24時」で連ドラ初出演をしました。その後、2007年に放送されたドラマ「ハケンの品格」で一躍有名になります。

代表作品としては、2012年に公開された映画「探偵はBARにいる」や2014年に公開された映画「青天の霹靂」などを挙げることができます。

周瑜役 賀来賢人

呉の最高司令官の周瑜は、容姿端麗で知略に優れた武将として有名ですが…
しかし、実際には嫉妬深く嫁の小喬を溺愛しています。
また、騙されやすい性格で孔明に騙されたことを根に持っています。

周瑜を演じるのは、俳優の賀来賢人です。

俳優の2007年に芸能界入りを果たし、2009年に公開された映画「銀色の雨」で俳優デビューを果たします。
2014年に放送されたNHKドラマ「花子とアン」でブレイクをしました。

2019年には映画「ライオンキング」の吹き替え声優を演じ、2020年には将来有望な若手俳優としてエランドール賞新人賞を受賞しました。
2018年に放送されたドラマ「今日から俺は!!」では、第99回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞を受賞しています。

プライベートでも女優の榮倉奈々と結婚をして2児の父親としても有名ですね。

孫権役 岡田健史

呉の君主で兄の孫策は早くに亡くなったため、若くして呉の君主となった人物です。真面目で英明な人物として知られていますが…
実際には、優柔不断で気が弱い小心者。孔明からは「誰の言うことも聞くバカ」となじられています。

そんな、孫権を演じるのは俳優の岡田健史です。

2018年に放送されたドラマ「中学聖日記」で芸能界入りを果たし、いきなり主役に大抜擢されます。
2019年に放送されたドラマ「博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?」で初主演を演じました。

2021年に放送された大河ドラマ「青天を衝け」にも出演をしています。

孔明役 ムロツヨシ

カリスマ軍師として知られ、劉備が「三顧の礼」を尽くして共に戦うことになりました。「赤壁の戦い」では誰も予想だにしていない戦略をしていましたが…
実際には、軽いノリで戦略も全て嫁の黄夫人に頼り切り鬼嫁である黄夫人の尻に敷かれている凡人です。

そんな、孔明を演じているのは俳優のムロツヨシです。

大学を中退して劇団に入り下積みをしました。
2005年に公開された映画「サマータイムマシン・ブルース」で俳優デビューをします。
その後、大ヒット映画「踊る大捜査線」シリーズに出演をして一躍有名になりました。

福田雄一監督の作品にも数多く出演しており、福田組としても有名ですね。

董卓役 佐藤二朗

後漢時代の暴君として知られています。
幼い帝を擁することで国の実権を握り、残虐さと冷酷さを持っていると知られていますが…
軽い口調で威厳が無く、貂蝉に一目惚れをしてしまうほどの女好きです。

そんな、董卓を演じるのは、俳優の佐藤二朗です。

1996年に芸能界入りを果たし、1999年に放送されたドラマ「怖い日曜日」で俳優デビューをします。
その後、コミカルからシリアスな役柄まで幅広く演じています。

福田雄一監督の作品には2017年に放送されたドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」や「今日から俺は!!」映画「銀魂」などに出演をしています。

呂布役 城田優

三國志の中で不動の人気を誇る将軍が呂布です。1日に千里を走る馬の赤兎馬に乗り、方天画戟と呼ばれる武器を愛用しています。
しかし実際には、天然で惚れやすい性格です。貂蝉に一目惚れをしてしまい董卓と仲違いを起してしまうほど。

呂布を演じるのは、俳優の城田優です。

1999年に芸能界入りを果たし、17歳の時に舞台「美少女戦士セーラームーン」で俳優デビューをします。
その後も、「テニスの王子様」や「スウィーニー・トッド」などの舞台に出演を重ね、2006年に公開された映画「純ブライド」でスクリーンデビューをしました。

俳優以外にも歌手としても活動をしています。

曹操役 小栗旬

魏の王となった革命家の曹操は、将軍として優れた知恵を持っていると知られていますが…
実際には、女好きで争いを好んでいます。

そんな、曹操を演じるのは、俳優の小栗旬です。

1994年から芸能界入りをし、1998年に放送されたドラマ「GTO」で俳優デビューをします。
その後は2002年から放送されたドラマ「ごくせん」、2005年に放送されたドラマ「花より男子」シリーズに出演をしてブレイクをします。

数多くのドラマ、映画、CMに出演をして日本を代表する名俳優と言えますね。

福田雄一監督の作品として「銀魂」シリーズをに出演をしています。

黄巾役 山田孝之

トレードマークの黄色い頭巾を被り暴動を起こした反乱軍のリーダーです。三國志の誕生のきっかけになった「黄巾の乱」を起こしました。
しかし、実際には顔の黄金比にこだわり、話が長いです。さらに謎の黄色好き

黄巾を演じるのは、俳優の山田孝之です。

1999年から芸能界入りを果たし、ドラマ「サイコメトラーEIJI2」で俳優デビューをします。
2005年に公開された映画「電車男」で一躍有名になりました。
また、2004年に公開された映画「世界の中心で愛を叫ぶ」では第42回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演男優賞を受賞しました。

福田雄一監督の作品としては、「勇者ヨシヒコシリーズ」や映画「俺はまだ本気出してないだけ」や映画「50回目のファーストキス」などを挙げることができます。

「新解釈・三國志」の注目ポイント

映画「新解釈・三國志」の注目ポイントやネット上の感想についてみていきましょう。

笑いに命をかける!

なんと言っても、福田雄一ワールド全開ということです。
歴史上最も有名な三國志の人物たちが、人間味溢れる個性豊かなキャラクターとして登場をしています。

アドリブのように思いますが、実はセリフがちゃんとあるそうです。
さらに、監督自らが演技指導を行うので演じる役者はプレッシャーだったとか。

福田雄一は、大泉洋を主演にした三國志を作りたいという強い思いがあったそうで、5年越しに実現したそうですよ。確かに、劉備演じる小心者でヘタレなキャラクターは、大泉洋のはまり役だと言えます。

呂布と張飛のアクションシーンが凄い

笑いだけはなく力を入れているのは本格的なアクションシーンも見どころです。
城田優演じる、呂布と高橋努演じる、張飛の戦いは迫力があります。
呂布が方天画戟を振りかざすシーンは見どころですよ。

さらに、劉備の臣下となった武将の趙雲は、イケメンで戦闘能力に優れていますが、ナルシストな行動にイラっとしてしまいます。

趙雲を演じる俳優の岩田剛典もはまり役だなと感じました。

ネット上の感想

ネット上の感想についてみていきましょう。

また、映画の中で「流行りの伝染病」を怖がる劉備に対して、孔明が「大丈夫、マスクをしてれば!」というシーンも面白かったです。

まとめ

2020年12月11日に公開された映画「新解釈・三國志」のあらすじ、キャストについての調査してみました。

監督は、コメディドラマ、映画を多く輩出している福田雄一です。
福田組の豪華キャストが出演をしています。

福田雄一は、大泉洋を主演にした三國志を作りたいという強い思いがあったそうで、5年越しに実現しました。
劉備演じる小心者でヘタレなキャラクターは、大泉洋のはまり役だと言えます。