『スパイダーマン ノーウェイホーム』ファン待望のラストとは?【ネタバレ】あらすじ、キャスト

『スパイダーマン ノーウェイホーム』ファン待望のラストとは?【ネタバレ】あらすじ、キャスト洋画
https://www.byas.no/

2022年1月7日に公開の映画スパイダーマン ノーウェイホームについての解説です。
今作はMCU版スパイダーマンの3作目で、前作でスパイダーマンの正体が暴露された後の物語となっています。

ファン待望のラストだったと話題を呼んでいました。
気になる映画のあらすじ、キャスト、ネット上の評価についてネタバレありで探ってみました。

『スパイダーマン ノーウェイホーム』あらすじ

前作の『ファーフロムホーム』で起きたミステリオのスパイダーマン暴露によって、ピーターは世間から追われる身となります。

スパイダーマンの正体が晒されたことで、MJやネッドの大学進学も失敗してしまいます。
そこで、自分がスパイダーマンである記憶を世界から消すために、ドクター・ストレンジの魔法の力に頼ることになります。
しかし、魔法の途中で「MJやマット、メイおばさんの記憶はそのままで」などと追加で要求をしてしまったため、呪文が複雑になりドクター・ストレンジは失敗してしまいます。

その結果、スパイダーマンの正体を知っている過去の敵を逆に呼び寄せてしまったのです。
自分たちの世界にドクター・オクトパス、グリーン・ゴブリン、エレクトロ、サンドマン、リザードといった強敵ヴィランがピーターに現れます。

彼らが当時に同じ世界に存在することにストレンジはピーター、MJ、ネッドらにヴィランをもとの世界に戻そうと試みますが、次々と襲い掛かてくる強敵ヴィランにピーターの大切な人たちが危険に晒されることになります。

果たして、ピーターは強敵ヴィランを元の世界へ帰して、町を守ることはできるのでしょうか。

『スパイダーマン ノーウェイホーム』の監督・キャスト

映画『スパイダーマン ノーウェイホーム』の監督・キャストについてみていきましょう。

監督:ジョン・ワッツ

監督を務めるのは、ジョン・ワッツです。

2014年に公開された「クラウン Clown」で監督デビューをしました。
その後、「COP CAR/コップ・カー」を経て、スパイダーマンシリーズを手掛けています。

ピーター・パーカー役 トム・ホランド

ピーターを演じるのは、俳優のトム・ホランドです。

2012年に公開された「インポッシブル」で本格的に俳優デビューをしました。
2106年に公開の「シビル・ウォー」でスパイダーマンとし て起用され一躍有名になりました。

最近では、2021年に公開の「カオス・ウォーキング」や2019年に放送された「ザ・シェフ・ショー 〜だから料理は楽しい!〜」などに出演をしています。

MJ役 ゼンデイヤ

MJを演じるのは、女優のゼンデイヤです。

2009年にコメディドラマ「シェキラ!」でロッキー・ブルーを演じて注目を集めました。

その後、2012年にディズニーオリジナル映画「フレネミーズ」で主演を務めます。2015年からはコメディドラマ「ティーン・スパイ K.C.を演じました。

「バラエティ」誌で影響力のある10代の女優の中で3位にランクインしています。

ネッド役 ジェイコブ・バタロン

親友のネッドを演じるのは、俳優のジェイコブ・バタロンです。 

2016年に公開された「North Woods」で俳優デビューをしました。
その後、本作でピーターの親友のネッドを演じて一躍有名になりました。

2018年にはヤング・アダルト映画「エブリデイ」に出演をしています。

ドクター・ストレンジ役 ベネディクト・カンバーバッチ

ドクター・ストレンジを演じたのは、俳優のベネディクト・カンバーバッチです。

2000年に芸能界入りを果たします。
舞台俳優として活躍後に、2003年の映画『クロムウェル〜英国王への挑戦〜』からスクリーンデビューを果たしました。

ブレイクのきっかけは、2004年に公開の『ホーキング』に出演をしたことでした。
その後は、2010年に放送の『SHERLOCK(シャーロック)』でエミー賞の主演男優賞を受賞しています。

代表作としては、2016年に公開の『ドクター・ストレンジ』や2021年に公開の『パワー・オブ・ザ・ドッグ』などを挙げることができます。

メイ・パーカー役 マリサ・トメイ

メイおばさんを演じるのは、女優のマリサ・トメイです。

1984年に映画『フラミンゴキッド』で女優デビューをしました。
ブレイクのきっかけは、1992年に公開の『いとこのビニー』に出演をしたことでした。
この映画でアカデミー助演女優賞を受賞しました。

代表作としては、2001年に公開の『イン・ザ・ベッドルーム』や2008年に公開の『レスラー』などを挙げることができます。

『スパイダーマン ノーウェイホーム』の注目ポイント

映画『スパイダーマン ノーウェイホーム』の注目ポイントやネット上の評価についてみていきましょう。

悪役を倒いさず治療

ピーターは別のユニバースから来た悪役たちを倒さず更正させて元のユニバースへ帰したいと思います。
治療して元の人間にすることで元のユニバースで倒されずにすむとピーターは主張をします。
一方、ストレンジは、彼らは死ぬ運命から逃れられないとします。

「過去に失敗をした人もチャンスを与える」ことの大切さを伝えています。
大人になると割り切ってしまいますが、ピーターのような純粋さを思い出させてくれます。

デアデビルがMCUに登場!

前作でピーターの正体が暴露されたことで、殺人容疑が掛けられその弁護士として登場したのが、マット・マードックだったのです。

マット・マードックことデアデビルは、普段はも盲目の弁護士として活動をしており、夜はデアデビルとしてヒーロー活動をしています。
デアデビルが今作にカメオ出演するのは噂で浮上していましたが、実際に登場してファンとしては興奮が止まりません。

今後、MCUに登場したことでデアデビルとしてのストーリーにも期待できますね!

【ネタバレ】MCU版三部作の最高傑作

ここからは映画のラストのネタバレを含みます。

映画『スパイダーマンノーウェイホーム』は、コミカルなシーンも多く笑って泣ける青春映画と言えます。
MJとの学園コメディもあり、ピーター少年の成長を描いています。

衝撃的だったのは、メイおばさんが亡くなってしまうことです。
最後に「大いなる力には大いなる責任が伴う」というベンおじさんの言葉を語っていました。

最愛の家族だったメイおばさんを失ったピーターは悲しみのどん底に落ちます。
そんなピーターを救ったのは歴代のスパイダーマンだったのです。

このサプライズはファンにはたまらない演出でした。
歳を重ねたトビー版のスパイダーマンでは、MJと仲良くしていることが伺えました。
また「ピーター」と呼ばれると三人とも同時に振り向くのはお決まりでとても面白かったです。

孤独な中新しいスーツを着てヒーロー活動を続けているピーターのラストが感動的でした。

ネット上の評価

ネット上の評価についてみていきましょう。

歴代スパイダーマンの中で最高傑作と高評価を得ていました。

まとめ

2022年1月7日に公開の映画『スパイダーマン ノーウェイホーム』のあらすじ、キャストについて調査してみました。

今作はMCU版スパイダーマンの3作目で、前作でスパイダーマンの正体が暴露された後の物語となっています。
MCUにデアデビルもカメオ出演しており、今後の展開に期待が高まっています。
また、歴代スパイダーマンが登場してファンとしては興奮を抑えられません。

ネット上の評価も「歴代最高傑作!」「この作品のためにこれまでずっと追っかけてきたと思うほどの満足感!」として高い評価を得ていました。

スパイダーマンのファンはもちろんのこと、過去のスパイダーマンシリーズしか見ていない人にもおすすめの作品と言えます。