【運命の選択】ニコラス・ケイジ主演「天使のくれた時間」が放つ余韻に迫る

洋画
出典元:http://quotetoremember.blogspot.com/

「あの時、もし違う選択をしていたら人生はどうなっていたのか?」

誰もが考える人生の選択肢。

重要な局面、戻らない時間。

ニコラス・ケイジ主演「天使のくれた時間」では、二つの人生を画面上から味わえる。

どちらの人生を幸福とするのか

視聴者は二つの人生を対比しながら、鑑賞後は余韻に浸りつつも、自分の人生を見直すことが可能だ。

テンポが良く、全体的に見やすいストーリーとなっている。

あらすじ

ビジネスで成功を収め、豪華な暮らしを手に入れたジャック(ニコラス・ケイジ)。

今ではウォール街に轟く成功者だが、かつて、恋人のケイト(ティア・レオーニ)を振り払うようにして、仕事の道に突き進んでいった過去がある。人生で最大の転機だった。

あの時、もし、ケイトと一緒になっていたら?

ある日、目覚めるとジャックは見知らぬこぢんまりした部屋にいた。ベッドで寝ていたようだ。

横を見ると、別れたはずのケイトが寝ており、二児のパパになっている。

家は格段に質素になり、職もしがないタイヤセールスマンだ。しかし生活は、愛に溢れていた。

ジャックは現状を飲み込めない。

 

どうやら天使らしき人物と遭遇したのが、原因らしい。

ジャックは当初、成功者だった自分に戻りたいと考え、あらゆる策を試行錯誤していくが……?

本作の見所【運命の選択】

出典元:http://onthesetofnewyork.com/

二つの人生が、混在する本作。

ジャックは13年前に、恋人のケイトに別れを告げている。

場所は空港。理由は仕事でのロンドン研修だった。

一方で、もう一つの世界線が存在する。

空港でケイトに別れを告げず、結婚していた世界だ。

しがないセールスマンになり、家庭を支えるジャック。

金銭面だけ見れば、前者の方が圧倒的に幸せである。

出典元:http://onthesetofnewyork.com/

ただし子供二人に恵まれ、人としての幸せを手にしているジャックの方が、人生の勝ち組であるかもしれない。

金か家庭か。

まさに、運命の選択。

あなたなら、どちらを選ぶだろうか。

加えて、本作の世界線を変更できるトリガーとなる天使の存在も、非常にユニークだ。

「天使のくれた時間」が見放題の動画配信サービスは?

動画配信サイト公式HP『天使のくれた時間』配信状況無料体験期間
U-NEXT配信中31日
TSUTAYA TV配信中30日
dTV配信中31日
Netflix配信中なし
prime video配信中30日
2020年7/16による調査結果のため、配信停止されている場合があります。

キャストの紹介

本作では、二人の恋愛模様が軸となり、人生の道を描いている。

夫婦役のキャストを紹介していく。

ケイト・レイノルズ(ティア・レオーニ)

出典元:https://www.newsday.com/

ジャックが社長の時は、やり手弁護士

ジャックと結婚した場合は、二人の子供を育てる良き母となっている。

ジャック・キャンベル(ニコラス・ケイジ)

出典元:https://www.somerset-life.co.uk/

ニューヨークのウォール街で、社長として成功したはずの男。

もう一つの人生では、ケイトの夫であり二児の父だ。

タイヤセールスマンの職に就いている。

ニコラスケイジの経歴

出典元:https://www.denofgeek.com/

本作の主演を務めたニコラス・ケイジは、1964年1月7日生まれ。

サンフランシスコ州立大学の学部長の父に、元バレエ・ダンサーの母を持つ。

高校中退がニコラス・ケイジの人生最大の転機であり、その頃から舞台経験を積み始めている。

1982年「初体験リッジモント・ハイ」でスクリーンデビュー。

 

初期には芸術性の高い作品に出演することが多かったが、「リービング・ラスベガス」で

アカデミー賞主演男優賞を受賞すると、「ザ・ロック」「コン・エアー」「60セカンズ」など立て続けに

ハリウッド作品に登場するようになっていく。以降、数多くの作品で出演を果たした。

ニコラスケイジの幅広い演技が見られる「天使のくれた時間」は、2000年の作品である。

天使のくれた時間が残す余韻

感想では「心に染みる」や「今まで観た中でNo.1」といった好意的なコメントが目立つ。

「天使のくれた時間」は鑑賞後に、残す余韻が凄まじい。

映画を通じて、人生やキャリアを改めて見つめ直す機会を与えてくれるからかもしれない。

人生で最も大事な軸とは何か。信念を選定する材料として、本作を鑑賞してみても面白いだろう。

人それぞれ幸せは異なるものであり、ジャックが歩んだどちらの人生もまた、正解であるはずだ。

まとめ

「天使のくれた時間」は人生を深く見つめ直す機会を与えてくれる作品だ。

ニコラス・ケイジの演技が良い。作品は全体を通じて人生が物語られており、鑑賞後は深い余韻を味わえる。

どちらの選択肢が正解など深く考えずに、鑑賞して感じた想い心に留めておくと良いだろう。

いつか、人生の糧となるはずだ。

天使はいつもどこかで、あなたの生活を見守っている。