映画『愛がなんだ』片思いに悩む人必見!成田凌、岸井ゆきの出演

映画「愛がなんだ」邦画
出典元:https://www.video.unext.jp/

角田光代の同名恋愛小説が原作、映画「愛がなんだ」

角田光代原作の同名小説が映画化されたのが本作「愛がなんだ」です。
主人公のテルコを演じるのは、新作映画「ホムンクルス」への起用が話題の岸井ゆきの。
彼女が一途に思い続ける男性、”マモちゃん”(マモル)を演じるのは、朝ドラ「おちょやん」映画「窮鼠はチーズの夢を見る」といった人気作の出演が相次ぐ、成田凌。

恋愛のグレーゾーンに入り込んだ2人の展開を見守りつつ、全ての片思いに悩む人にも観てほしい作品です。
今回は、そんな等身大の恋愛映画の傑作ともいえる「愛がなんだ」について書きたいと思います。

『愛がなんだ』を無料で見れるサービスは?

U-NEXT愛がなんだ

出典元:U-NEXT

映画「愛がなんだ」が配信されている動画配信サービスはU-NEXTだけとなっています。
(2021年1月時点)

数多い動画配信サービスの中で、唯一、配信されているのは、U-NEXTのみということで、無料トライアル期間もあって作品ラインナップを確認したうえで利用を決められる点も、うれしい限り。

新規会員特典のポイントを利用すれば、無料視聴も可能となり、この映画の原作小説もラインナップに含まれています。外出自粛期間の今こそ、映画三昧な日々も悪くないでしょう。

『愛はなんだ』を視聴する

映画「愛がなんだ」あらすじ


偶然、結婚式の二次会に居合わせたテルコ(岸井ゆきの)とマモル(成田凌)。
その日から、マモルのことが頭を離れない日々を送ることになるテルコ。

ついには彼の行動パターンまで把握し、マモルに呼び出されると仕事を放り出してでも会いにいってしまう。
そんな彼女を冷ややかな目で見る友人の葉子(深川麻衣)の制止を振り切るうちに、気づけば、ある日、突然、テルコは仕事先をクビになってしまう。

職探しの日々を送るテルコに突如、マモルから電話が入り、たどり着いた先で彼女は、ある衝撃の光景を目にしてしまうのだが…。

若手実力派女優、岸井ゆきの

ピュアで一途な28歳の派遣社員、山田テルコを演じるのは、岸井ゆきの。
朝ドラ「まんぷく」で14歳の登場人物を当時26歳ながら、見事に演じ切って、いちやく、脚光を浴びた、注目の若手実力派女優です。

高校時代、電車でのスカウトを機に芸能界入りし、近年はドラマ、映画、舞台と幅広い活躍を見せ
ていて、確実に知名度を上げています。新作映画「ホムンクルス」(清水崇監督、山本英夫原作)の漫画の映画化では、劇中で謎の女として登場することが決定しています。こうした動向も含め、今後の更なる飛躍ぶりに期待が集まる若手女優の一人です。

本作では、「アデルの恋の物語」のイザベル・アジャー二を彷彿とさせる強烈なヒロインとしての存在感と熱演ぶりで、第43回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞しました。

今、話題の人気俳優、成田凌

 

この投稿をInstagramで見る

 

成田凌(@_ryonarita_)がシェアした投稿

テルコに思わせぶり?な態度を取りつつ、謎の多い行動をするマモルを演じるのは成田凌。

近年は俳優としての活動を中心に、本作や「さよなら、くちびる」などの映画での印象的な演技が評判を呼び、第93回キネマ旬報ベストテンをはじめとして、数々の助演男優賞を受賞しました。

もともとは美容師志望であったところから、雑誌『MEN`S NON-NO』専属モデルを経て、俳優としての活動では、話題作「カツベン」「窮鼠はチーズの夢を見る」といった作品で着実に女性ファンを増やし続けています。

朝ドラ「おちょやん」ではヒロインの相手役を務め、新作の「ホムンクルス」でも、本作で共演した岸井ゆきのと同じく、出演が決まっています。

見所1.乙女心をくすぐるマモルの笑顔&仕草に胸キュン!


マモルの何気ない動作の一つ一つが胸キュンポイント満載なのが見所の一つ。

台所で料理をするテルコの肩に、そっとアゴをのせたり、出来立てのおかずを、つまみ食いした後、ケチャップを指に塗ってテルコに食べさせてあげたり等など…

女性なら勘違いしそうにもなるマモルの仕草には、無邪気な笑顔まで、もれなく付いてきます。
どれも女心をぐっと掴むための演出なのかと思いきや、劇中ではマモル役の成田凌のアドリブが、かなりの割合で含まれているといいます。
こんな事をされたら、ときめかないはずがない…と突っ込みどころを探してみるのも楽しそうです。

見所2.個性的な登場人物それぞれの恋愛観

「人を好きになるのに理由なんてある?」というテルコと、その様子を皮肉るように「人の好みと過去を捏造してる」と余裕たっぷりにテルコを批判する友人の葉子。こんな少し毒気があって、グサリと突き刺さるようなセリフの応酬。それぞれの登場人物の恋愛観が、何気にないセリフの一つ一つに集約されています。
そんな癖のある登場人物たちの恋愛観やセリフが、観ている私たちの過去の恋愛に当てはめやすいのも本作の魅力です。
主導権争いや、相手を振り回して楽しむ主人公とは対照的な親友、葉子の孤独感に共感する人、その葉子に振り回される夢多き青年のナカハラ君の切ない心情に納得する人…様々な切り口から「愛って、なんだろう?」と観た人同士で、さらに掘り下げた恋愛トークを繰り広げられること必至の内容になっています。

公開時は連日満席、立ち見が続いた話題作。単独トークイベントも?!

公開当時、劇場であったメイン上映館は連日満席、立ち見が続出しました。
異例のロングランヒットとなった「この世界の片隅に」に並びたてる記録的な観客動員数で、その年の話題をさらいました。10代から30代女性を中心に、あるいはカップルで劇場が埋め尽くされたのを受け、単独でトークイベントが開催される運びとなったといいます。

こうした上映館の拡大やリピーター客も現れるほどの超話題作だった、本作が動画配信で見られるのは、はたして、どこなのでしょうか?

それなら、今、どこで見られるのか?配信ならU-NEXTだけ!
>> U-NEXTで『愛がなんだ』の作品をチェック

現時点で(2021年1月現在)、『愛がなんだ』が見られる動画配信サービスは、やはりU-NEXTだけでした。
この映画の原作小説である角田光代の「愛がなんだ」も、ここでは同時に楽しめるのは、一度で二度おいしいでしょう。
初回登録なら特典で付与されるポイントを利用すれば、無料で視聴またはダウンロードすることもできます!
片想いに悩んでいるなら映画に救いを求めるのも、原作を読んで、更にその世界観に染まってみるのもオススメです。

『愛がなんだ』のまとめ

愛の形は、みな人それぞれ。どれが正しくて、間違ってるかも、また異なるもの。
『愛がなんだ』の登場人物が抱える、それぞれの背景や、感情を追体験できるのも、今を生きる私たちだからこその醍醐味でもあるのです。

本当に、愛って何なのだろうか?と、思い悩む人はあなた一人ではないのだということ。

その瞬間も含めて、恋だということを、観ているうちに、この映画から教えてもらったような気がしてきます。
『愛がなんだ』公開当初、twitter上では多くの女性たち(または男性たち等)からの反響が相次ぎました。ここでその一部を紹介しましょう。

映画『愛がなんだ』は、原作小説にはなかったような、独自のニュアンスも映画版ならではの味わいになっています。
比較のために、映画版・原作ともに楽しめるのがU-NEXTのみだということもお忘れなく。
この機会に、それ以外の作品も併せて、本作の世界観を楽しんでほしいと思います。

『愛はなんだ』を視聴する

最後に、本作で監督を務めた今泉力哉は、「答えのない恋愛映画」の名手でもあります。
映画『愛がなんだ』が公開以降、この作品のファンに向けて、今泉監督自身がtwitter内の@_nekozeにおいて、オススメの作品リストを掲載していたので、その作品をここで紹介します。

今泉力哉監督のオススメ作品リスト

・山下敦弘「どんでん生活」
・犬童一心「ジョゼと虎と魚たち」
・井口奈己「人のセックスを笑うな」
・トッド・ヘインズ「キャロル」
・ヴィンセント・ギャロ「バッファロー66’」(2021年1月29日より渋谷シネクイントにて再上映)
・ソフィア・コッポラ「SOMEWHERE」
・黒沢清「CURE」
・今泉力哉「サッドティー」