映画「初恋」のあらすじとキャストは?ベッキーの怪演が話題

邦画
出典元:©2020「初恋」製作委員会

「初恋」は、2020年の2月に公開された三池崇史監督、窪田正孝主演のラブストーリー。三池監督の完全オリジナル作品として、映画ファンの話題となった。

今回は、「初恋」のあらすじとキャストを紹介し、実際に映画を観た筆者が考察する。

「初恋」のあらすじとキャスト

三池崇史監督の初のオリジナル作品として話題になった「初恋」。第72回カンヌ国際映画祭2019にも選出され、大きな話題となった映画だ。

今回は、あらすじとキャストはもちろん、初恋についての考察やSNSに寄せられた感想を紹介する。

初恋のあらすじ

出典元:公式Twitter

天涯孤独のプロボクサー葛城レオ(窪田正孝)は、医者から余命宣告を受けてしまう。放心状態で歌舞伎町を歩いていると、薬漬けの風俗嬢モニカ(小西桜子)が悪徳刑事の大判(大森南朋)に追いかけられていた。いつもは素通りしていたはずの葛城だが、うっかりモニカを助けてしまう。

 

その一方、刑務所から出所したばかりの権藤(内野聖陽)はチャイニーズマフィアと一触即発の危機に陥っていた。それに目をつけた加瀬(染谷将太)は、刑事の大判と組みブツを奪って抗争を起こそうと企む。

出典元:公式Twitter

しかし、加瀬はブツを保管していたチンピラを殺してしまい、モニカを逃してしまう。チンピラの彼女ジュリ(ベッキー)は怒り狂い、逃げたモニカと加瀬を追いかける。

 

葛城とモニカが逃走の末逃げ込んだのは、ありとあらゆる武器が揃うホームセンター。ここにすべての登場人物が集まりクライマックスを迎える……。

初恋のキャスト

窪田正孝(葛城レオ)

天涯孤独な天才プロボクサー。しかし、ある日余命を宣告されてしまう。同じく孤独な謎の女性モニカと出会い、冷めきっていた心が変化してゆく。

小西桜子(モニカ)

父親の借金のカタにヤクザに身売りされてしまった女性。薬漬けにされながら、体を売って生活している。葛城に助けられ、人生が変わってゆく。

染谷将太(加瀬)

自分の頭脳で組を上手に渡り歩いている男。刑事の大伴と組み、組のヤクを横流しして組織を壊滅させようと目論む。

大森南朋(大伴)

裏で犯罪者と手を組む悪徳刑事。ヤクザの加瀬と手を組んで資金を奪おう計画に乗る。警察手帳を奪われ、葛城とモニカを追いかける。

ベッキー(ジュリ)

ヤクザの構成員だった最愛の恋人を殺され、復讐に燃える女。ピュアな性格だが非常にキレやすい。

内野聖陽(権藤)

刑務所から出社したばかりのヤクザ。喧嘩っ早くチャイニーズマフィアなど敵が多い。日本刀を片手に抗争に挑む。

村上淳(市川)

情に熱いタイプの古風なヤクザ。曲がった事が大嫌いで権藤を慕っている。

「初恋」の考察

ここでは、初恋を劇場でみた感想とともに、映画について解説をしていく。

三池崇史監督のオリジナルストーリー 

 

三池崇史監督は、「クローズ」「悪の教典」など数々のヒット作を生み出してきた日本を代表する映画監督だ。

 

そこでこの予告を見てほしい。

 

三池崇史監督×窪田正孝主演!映画『初恋』【超】特報映像

 

三池監督は、漫画や小説をベースに作られた作品で地位を確立。しかし、その多くが商業目線で作られており、「売れる映画」をひたすら作り続けてきた結果とも言える。

 

予告の「さらばバイオレンス」という言葉から、今までのスタイルと決別する三池監督の気合いを感じる。

 

完全オリジナル・初のラブストーリーである初恋は、三池監督が「本当に作りたかった映画」なのかもしれない。

 

ベッキーの「狂気の演技」が話題に

 

 

窪田正孝主演は10年前に決まっていた?

 

主演の窪田正孝は、三池崇史が監督を務めたテレビドラマ「ケータイ捜査官7」で共演を果たしていた。

 

この時、三池監督は「10年後に窪田を選んだ理由がわかる」と発言。

 

三池監督は日本を代表する映画監督となり、デビュー2年目だった窪田は人気俳優へと成長した。

 

10年前に窪田の起用が決まっていたのだとしたら、「初恋」は長い間三池監督が温め続けていた作品だったのかもしれない。