映画『アンチャーテッド』ゲーム版の前日譚!あらすじ、キャストは?

映画『アンチャーテッド』ゲーム版の前日譚!あらすじ、キャストは?洋画
https://thenewsengine.com/

2022年2月18日に公開の映画『アンチャーテッドについての解説です。

本作は、世界中で人気のゲームUNCHARTEDを実写化しています。
物語はゲームの前日譚と言われています。
映画のあらすじ、キャスト、見どころやネット上の感想を調査してみました。

『アンチャーテッド』あらすじ

ネイサン・ドレイク(通称:ネイト)は海洋冒険家のフランシス・ドレイクの子孫でした。
幼い頃に、唯一の肉親である兄のサムと生き別れをしてしまいます。

ネイトはニューヨークでバーテンダーとして働いていました。
ネイトの類まれな身体能力を見込まれて、トレジャーハンターのビクター・サリバン(通称:サリー)から50億ドルの財宝を一緒に探さないか、とスカウトされます。

最初はサリーのことを疑っていましたが兄のことを知っていることから共にトレジャーハンターになることを決意します。

早速、ネイトとサリーはオークションに出品されるゴールドの十字架を手に入れるため会場に向かいます。この十字架は50億ドルもの財宝を探す鍵であり、サンディエゴ率いる組織も同じく十字架を狙っていました。

果たして、二人は50億ドルの財宝を手入れられるのでしょうか。
また、ネイトは兄のサムと再会はできるのでしょうか。

『アンチャーテッド』の監督・キャスト

映画『アンチャーテッド』の監督・キャストについてみていきましょう。

監督:ルーベン・フライシャー

監督は、ルーベン・フライシャーが務めています。

2001年に公開の短編映画『The Girls Guitar Club』で監督デビューをしました。
その後、2009年に公開の『ゾンビランド』で長編映画監督デビューをします。

代表作としては、2018年に公開『ヴェノム』や2019年に公開『ゾンビランド: ダブルタップ 』などを挙げることができます。

ネイサン・ドレイク役 トム・ホランド

ネイトを演じるのは、俳優のトム・ホランドです。

2012年に公開された「インポッシブル」で本格的に俳優デビューをしました。
2106年に公開の「シビル・ウォー」でスパイダーマンとし て起用され一躍有名になりました。

最近では、2021年に公開の「カオス・ウォーキング」や2019年に放送された「ザ・シェフ・ショー 〜だから料理は楽しい!〜」などに出演をしています。

サリー役  マーク・ウォールバーグ

サリーを演じるのは、俳優のマーク・ウォールバーグです。

1994年に公開の『勇気あるもの』で本格的に俳優デビューをしました。
ブレイクのきっかけは、1997年に公開の『ブキーナイツ』で主演を務めたことでした、

その後、2006年には『ディパーテッド』で第79回アカデミー賞助演男優賞やゴールデングローブ賞助演男優賞にノミネートされました。

代表作としては、2010年に公開の『ザ・ファイター』や2014年に公開の『トランスフォーマー』シリーズを挙げることができます。

サンティアゴ役 アントニオ・バンデラス

サンディエゴを演じるのは、俳優のアントニオ・バンデラスです。

1982年に芸能界入りを果たします。
同年に公開の『セクシリア』で俳優デビューをしました。

その後、1992年に公開の『マンボ・キングス/わが心のマリア』でハリウッドデビューを果たします。
最近では2019年に『ペイン・アンド・グローリー』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされました。

代表作としては、1998年に公開の『マスク・オブ・ゾロ』や2001年に公開の『スパイキッズ』シリーズを挙げることができます。

クロエ・フレイザー役 ソフィア・アリ

クロエを演じるのは、女優のソフィア・アリです。

2003年に放送のドラマ『K Street』で女優デビューをしました。

ブレイクのきっかけは、2017年に放送の『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』に出演をしたことでした。

代表作としては、2016年に放送の『フェイキング・イット ~噂のカップル !?~』や2020年に放送の『ザ・ワイルズ 〜孤島に残された少女たち〜』などを挙げることができます。

ジョー・ブラドック役 タティ・ガブリエル

ジョーを演じるのは、女優のタティ・ガブリエルです。

2014年に公開の短編映画「剣にとどまる」で女優デビューをします。

2017年にはドラマ「100」に出演をします。
ブレイクのきっかけは、2018年に放送のドラマ「サブリナ:ダーク・アドベンチャー」にプルーデンス・ナイト役を演じたことでした。

『アンチャーテッド』の注目ポイント

映画『アンチャーテッド』の注目ポイントやネット上の感想についてみていきましょう。

原作は人気ゲーム

映画『アンチャーテッド』の原作はソニー製作の人気ゲーム『UNCHARTED』です。

ゲームの主人公であるネイサン・ドレイクは映画よりも年上です。
トレジャーハンターで愛称は「ネイト」と言い、考古学の知識と優れた洞察力を持ち、謎解きを得意としています。
どんなピンチの時にも軽口を言う余裕は失わないのです。
これは、映画でもジョット機から積み荷ごと外に放り出されたシーンがありましたね。

そして、超人的な身体能力があり危機的状況を打破します。

また、原作でのサリーはもっと年配です。
ベテランのトレジャーハンターで、ネイトのパートナーであり師匠でもあります。
映画ではマーク・ウォールバーグが演じており、二人のタッグが見どころと言えますね。

映画の設定ではゲームの前日譚という設定です。
そのためネイトもサリーも若いので納得ができます。

事故企画がついに映画化!

『UNCHARTED』を実写化するという話は今回が初めてではありません。

実は、2009年から実写化の企画は挙がっていたのです。
当時はプロデュースはアヴィ・アラッドやチャールズ・ローヴェンが担当をして、監督は映画『世界に一つだけのプレイブック』で有名なデヴィッド・O・ラッセルがメガホンを取る予定でした。
何と、主演はマーク・ウォールバーグが務める予定だったのです。

しかし、脚本が原作の世界観から大きく離れたことにスタジオが難色を示して、ラッセルが降板をして白紙になってしまいました。

その後も、実写化を諦めらずにニール・バーガーやセス・ゴードンやショーン・レヴィなどの監督候補が挙がっていました。
企画が挙がっては消えてしまうことから映画ファンの間では「事故企画」と言われていたのですね。

今回、マーク・ウォールバーグがネイト役ではなくサリー役として起用されたこともファンとしては嬉しいサプライズと言えます。

トム・ホランドの成長

MCU版のスパイダーマンを演じたトム・ホランドが今回主演を務めています。
映画『スパイダーマン』シリーズからは想像もできないほど、成長した姿が観れます。
特に、鍛え上げられた筋肉は凄い!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Uncharted(@unchartedmovie)がシェアした投稿

童顔からは想像も付かない筋肉美に胸キュンしてしまいます。
また、映画冒頭ではバーテンダーとして働く姿も見どころです。

ワイスピ×トレジャー

映画『アンチャーテッド』ではトレジャーハンター映画です。

トレジャーハンターと聞くとジャングルの奥地を想像しますが、本作では映画『ダヴィンチ・コード』のような高度な謎解きが多いです。

しかし、ゲームを知らなくても純粋に楽しめる内容で物語の展開も早く観ていて飽きることがありません。
映画『ワイルドスピード』シリーズのようなド派手なアクションシーンもあり、それでいて『インディージョーンズ』シリーズのような王道の謎解きもあったりと楽しめる要素がもろだくさんです

トム・ホランドはスタントマンを使わず、自分でアクションシーンもこなしており、トム・クルーズを彷彿させる存在感があります。

ぜひ、家族で観たい映画ですね!

続編の可能性は?

気になるのが今後の続編があるのか?ということです。
ゲーム『UNCHARTED』では、シリーズがたくさんあります。

エル・ドラドの秘宝
黄金刀と消えた船団
砂漠に眠るアトランティス
海賊王と最後の秘宝
古代神の秘宝
地図なき冒険の始まり
海賊王と最後の秘宝
スピンオフ作品『古代神の秘宝』

今後、続編がある製作される可能性もあると思います。

ネット上の感想

ネット上の感想についてみていきましょう。

大人から子どもまで楽しめる映画として高評価を得ていました。

『アンチャーテッド』まとめ

2022年2月18日に公開の映画『アンチャーテッド』のあらすじ、キャストについて調査してみました。

本作は、世界中で人気のゲーム『UNCHARTED』を実写化しており、主演はスパイダーマンシリーズで一躍有名になったトム・ホランドが務めています。
ネイトのパートナーのサリーを演じたマーク・ウォールバーグは、2009年に最初に映画化の企画が挙がった時は主演にキャスティングされてました。
今回、サリー役で実現したことはファンにはたまらない演出と言えます。

ゲームを知らなくても楽しめるアドベンチャー映画で、トム・ホランドのアクションシーンにも目が離せません。
ネット上でも大人から子どもまで楽しめる映画として高評価を得ていました。

ぜひ、家族で観てはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

映画・ゲーム・食べることが好き。
お風呂と小動物が癒し。

にほんブログ村 映画ブログへ
洋画
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
[ad]
Cinema Gossip