『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』ジョニー・デップが降板した理由は?キャスト、あらすじを調査

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』ジョニー・デップが降板した理由は?キャスト、あらすじを調査邦画
©︎https://lipstiq.com/

2022年4月8日に公開のファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密についての解説です。

本作は、ハリーポッターのシリーズ最新作で製作されたファンタビのシリーズ第3作目です。

前作でグリンデルバルドを演じていたジョニーデップが本作では登場をしません。
ジョニーデップが不参加の理由や映画のあらすじ、キャスト、ネット上の感想について調査してみました。

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』あらすじ

闇の魔法使いグリンデルバルドは魔法界を支配して人間たちへ全面戦争を仕掛けようと企てています。

このグリンデルバルドを止めるために、ダンブルドアは魔法動物学者のニュート、その兄、その助手、親友の人間ジェイコブ、呪文学の先生、グリンデルバルドに恨みを持つ魔法使いらのデコボコチームを結成します。

果たして、ニュートらはグリンデルバルドの野望を止めることはできるのでしょうか。

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』の監督・キャスト

映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』の監督・キャストについてみていきましょう。

監督:デヴィッド・イェーツ

監督を務めるのは、デヴィッド・イェーツです。

2000年に放送の『The Sins』で監督デビューをしました。

2007年から公開の『ハリーポッター』シリーズの『不死鳥の騎士団』『謎のプリンス』『死の秘宝PART1』『死の秘宝PART2』も手掛けています。

ファンタビでは『魔法使いの旅』と『黒い魔法使いの誕生』の監督も務めています。

ニュート役 エディ・レッドメイン

ニュートを演じるのは、俳優のエディ・レッドメインです。

2002年に舞台『十二夜』で俳優デビューをしました。
2009年には舞台『Red』でトニー賞を受賞しました。

ブレイクのきっかけは、2014年に公開の『博士と彼女のセオリー』に出演したことでした。
この映画で第72回ゴールデングローブ賞で主演男優賞、第87回アカデミー賞で主演男優を受賞しました。

代表作としては、2015年に公開の『リリーのすべて』や2020年に公開の『シカゴ7裁判』などを挙げることができます。

ダンブルドア役 ジュード・ロウ

ダンブルドアを演じるのは、俳優のジュード・ロウです。

1994年に公開の『ショッピング』で俳優デビューをしました。

ブレイクのきっかけは、1999年に公開の『リプリー』に出演をしたことでした。
この映画で、イギリスのアカデミー賞で助演男優賞を受賞し、アカデミー賞で助演男優賞にノミネートされました。

代表作としては、2003年に公開の『コールド マウンテン』や2011年に公開の『シャーロックホームズ』シリーズなどを挙げることができます。

ティナ役 キャサリン・ウォーターストン

ティナを演じるのは、女優のキャサリン・ウォーターストンです。

2000年に放送の『Deadline』で女優デビューを果たしました。
その後、2007年に公開の『フィクサー』でスクリーンデビューをします。

ブレイクのきっかけは、2014年に公開の『インヒアレント・ヴァイス』に出演したことでした。

代表作としては、2015年に公開の『スティーブ・ジョブズ』や2017年に公開の『エイリアン: コヴェナント』などを挙げることができます。

ジェイコブ役 ダン・フォグラー

ジェイコブを演じるのは、俳優のダン・フォグラーです。

1999年に公開の『Brooklyn Thrill Killers(原題)』で俳優デビューをしました。

2007年に公開の『燃えよ!ピンポン』で注目を集めました。

代表作としては、2009年に公開の『わすれた恋のはじめかた』や2018年に放送の『ウォーキング・デッド』などを挙げることができます。

クイニー役 アリソン・スドル

クイニーを演じるのは、女優のアリソン・スドルです。

2007年に放送の『CSI:ニューヨーク』で女優デビューを果たしました。
また、歌手としてもデビューをします。

2016年に公開の『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』でスクリーンデビューをしました。

代表作としては、2019年に公開の『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』などを挙げることができます。

テセウス役 カラム・ターナー

テセウス役を演じるのは、俳優のカムラ・ターナーです。

2014年に公開の『クィーン アンド カントリー』で本格的に俳優デビューをしました。

ブレイクのきっかけは、2017年に公開の『さよなら、僕のマンハッタン』で主演を務めたことでした。
代表作としては、2020年に公開の『EMMA エマ』や2014年に放送の『Glue』などを挙げることができます。

グリンデルバルド役 マッツ・ミケルセン

グリンデルバルドを演じるのは、俳優のマッツ・ミケルセルです。

1996年に公開の『プッシャー』で俳優デビューをしました。
2004年には『プッシャー』の続編に出演して、ボディル賞主演男優賞、ズールー賞主演男優賞、ロバート・フェスティバル賞主演男優賞を受賞してブレイクを果たします。

代表作としては、2006年に公開の『007/カジノ・ロワイヤル』や2016年に公開の『ドクター・ストレンジ』などを挙げることができます。

クリーデンス役 エズラ・ミラー

クリーデンスを演じるのは、俳優のエズラ・ミラーです。

2008年に公開の『アフタースクール』で俳優デビューをしました。

ブレイクのきっかけは、2011年に公開の『少年は残酷な弓を射る』に出演したことでした。

代表作としては、2012年に公開の『ウォールフラワー』や2017年に公開の『ジャスティス・リーグ』などを挙げることができます。

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』の注目ポイント

映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』の注目ポイントやネット上の感想についてみていきましょう。

グリンデルバルド役 ジョニー・デップの降板

前作までのグリンデルバルドを演じたジョニー・デップは、本作からは登場をしません。

その理由は、元妻のアンバーハードへのDV疑惑が浮上したからです。

元妻のアンバーとは、2017年に離婚をしました。
翌年にアンバーが署名入りで『私はDV被害者』とワシントンポストへ激白したことがきっかけです。

ジョニー・デップは名誉毀損でアンバーを訴えており、現在も裁判は継続されています。

さらに、ジョニー・デップへのDV疑惑は波紋を呼び、イギリスのダブロイド紙が『DV夫』と報じたのです。
2020年11月にジョニー・デップの訴えは敗訴しました。

それが引き金となり本作で降板が発表されました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Johnny Depp(@johnnydepp)がシェアした投稿

ジョニー・デップは自身のインスタでファンタビの製作側から降板するように求められたことを明かしつつ『イギリスの法廷が下した理解し難い奇妙な判決が、真実を告げるという僕の闘いを変えることはない。控訴する計画がある。』として抗議していく姿勢を示しました。

ネット上では、突然ジョニー・デップからマッツ・ミケルセンへ変更になったことへ戸惑うファンも少なくありませんでした。

人間と魔法使いの恋

そもそもファンタビとは、ハリーポッターで登場する魔法学校内で使用されている教科書から派生したスピンオフ作品なのです。

ハリーポッターでの教科書の著者が主人公のため時系列はハリーポッターよりも前になります。

魔法界では、魔法使いと非魔法使いは結婚ができないという法律がありました。
ニュートはその法律は時代遅れだと主張をしています。

非魔法使いのジェイコブと魔法使いのクイニーの恋は、時代の変化を現しています。
二人が結婚まで至った時にダンブルドアは『歴史的な瞬間』だと言いました。

ハリーポッターで、混血のハリーやマグル(人間)のハーマイオニーが魔法学校で学べるようになったのは、ジェイコブとクイニーの頑張りがあったからだと言えます。

ダンブルドアはかつてはグリンデルバルドと同じ思想を持っていましたが、ニュートたちに出会ったことで変わったのですね。
ダンブルドアがハリーに対して愛の重要さを語る背景には、ジェイコブとクイニーの恋模様があったからと思うと深いです。

ネット上の感想

ネット上の感想についてみていきましょう。

ファンタビと併せてハリーポッターも観るとより世界観を楽しめますよ。

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』まとめ

2022年4月8日に公開の『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』のあらすじ、キャストについて調査してみました。

本作は、ハリーポッターのシリーズ最新作で製作されたファンタビのシリーズ第3作目です。
前作でグリンデルバルドを演じていたジョニーデップが元妻のアンバーへのDV疑惑で降板をしています。
本作からはマッツ・ミケルセルが演じており、高い評価を受けています。

ネット上では、ハリーポッターと併せて観ると作品の世界観をより楽しめるという意見が挙がっていました。
全5作品ということで、次の公開が今から待ち遠しいですね。

この記事を書いた人

映画・ゲーム・食べることが好き。
お風呂と小動物が癒し。

にほんブログ村 映画ブログへ
邦画
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
[ad]
Cinema Gossip